ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

性感染症である淋病の原因と症状は?その治療方法とも知りたい!

   

性感染症は、10代後半から20代前半の女性にも多くみられるようになりました。そして、性感染症が原因で不妊症を発症する女性も少なくありません。

中でも淋病は、感染者数が増加し続けている、厄介な性感染症の一つです。

そこで今回は、淋病とはどんな病気なのか、原因と感染経路、症状、治療方法について、お話しします。

淋病を含めて、性感染症はパートナーと一緒に治療しなければ意味がないので、症状がみられたら、早めに病院を受診するようにしてください。

淋病の原因と感染経路とは?

淋病とは、淋菌という細菌が性器や咽頭の粘膜に感染することで発症する病気のことで、正式名称を「淋菌感染症」といいます。主な感染経路は性行為で、性器や喉の粘膜に淋菌が直接触れることで感染します。

そもそも淋菌は乾燥や日光に弱く、空気に触れると死んでしまうものです。ですが、人間の粘膜から離れても感染力を数時間保つこともあり、淋病の人が使ったタオルを他の人が使用することで感染することもあるそうです。

淋病の感染率は約30%といわれており、同時にクラミジア感染症を患う人も少なくないといいます。1990年代以降は感染者が増加しており、自覚症状がないケースも多々あります。そして、淋菌は目や直腸に感染することもあるのだそうです。

淋病の症状は男女で出方が異なる

淋菌は感染すると、数日の潜伏期間を経てから発症します。淋病に感染してみられる症状は、男女で違いがあります

女性の場合は、症状が軽く、無症状のケースも少なくありません。症状のあらわれ方としては、子宮頚管や尿道炎の発症、外陰部のかゆみ、不正出血、悪臭を伴うおりもの、排尿痛などです。

一方の男性の場合は、排尿痛や性器から膿が出るなど、明確な自覚症状があらわれます。そのため、パートナーの男性に淋病の症状がみられたときには、女性もすぐに診察を受けることをおすすめします

女性が淋病を放置すると、子宮や卵巣、卵管など骨盤内の臓器に感染が広がり、「骨盤内炎症性疾患(PID)」を発症する可能性があります。これは、不妊症の原因となるので、早期治療が望ましいのです。

淋病の治療方法と治るまでにかかる期間は?

性感染症は、抗生物質を数日服用すると治る病気が多いです。ですが、淋病に限っては、抗生物質の服用だけでは完治しないケースが増えています

それまで効果があるとされていた、ペニシリンやテトラサイクリンといった抗生物質が効かず、淋病の特効薬といわれていたニューキノロンに対しても耐性をもつ淋菌が、約80%にのぼるといわれています。そのため、淋病の治療にあたっては、セフトリアキソンやセフォジジム、スペクチノマイシンといった薬を、注射あるいは点滴で投与することになります

大抵の場合は、これらの薬を1回投与することで治るとされていますが、すぐに淋菌が消失するわけではなく、治療が継続されることもあります。症状がなくなるまでに数週間から1カ月ほどかかり、淋菌の消失が確認されるまで、性行為は禁止されます。

パートナーと一緒に治療しよう

男女どちらかが淋病を発症した場合、そのパートナーも高い確率で感染しています。そして、どちらかが治療を行っても、もう一方が淋菌をもったままだと、ピンポン感染といって、お互いにうつしあって再発をくり返すことになります。そのため、自覚症状がある方がパートナーにその事実を伝え、一緒に治療するのが基本です。

きちんと淋病の治療を受けないと、将来、不妊症で苦しむ可能性が高いので、早めの対処が不可欠です。お医者さまに完治したといわれるまで、きちんと治療を続けてください。

  関連記事

内科検診から性病まで!妊娠前の検査で安心マタニティライフ

妊活を始めるなら予防接種や検査は済ませておこう! 妊娠中に病気が発覚しても、投薬 …

生理前にチクチクと子宮が痛くなるのはどうして?対処法も教えて!

生理前になると、子宮がチクチク痛むという女性がいます。痛みは強くなくても、毎月そ …

ゴナドトロピン(hMG-hCG)療法で妊娠率がアップ?気になる効果や副作用とは

不妊症の原因には様々なものがありますが、その原因の一つに排卵障害があげられます。 …

どうして排卵日が近づいてくるとおりものが伸びやすくなるの?排卵日前に性交をした時の妊娠する確率は?

妊娠を希望している方は、おりものの状態を日頃から観察している方も多いと思います。 …

生理が短くて楽!?でもそれ不妊につながることも「過短月経」かもしれません…。

毎月生理がくるたびに憂鬱になってしまう方も多いのではないでしょうか。特に生理特有 …

不妊治療していても、産み分けはできるの?

不妊治療をしているカップルの場合、高齢出産の年齢になっているケースも多く、時間的 …

生理痛や陣痛の原因「プロスタグランジン」とは?薬で痛みや症状を軽減できる?

毎月来る月経時に、つらい月経痛に悩まされる女性は少なくないと思います。月経時には …

若い女性にも発症例が多い!卵巣奇形腫について知っておこう

卵巣は、「沈黙の臓器」といわれるほど、炎症がおきても自覚症状に乏しい器官です。そ …

男性が高齢だと男の子が生まれにくいって本当?

日本には「高齢出産」という言葉があり、35歳以上で出産する女性は、ここに分類され …

セロフェンってどんな薬?排卵を助けて妊娠への一歩

現在不妊治療を受けているカップルは、5~6組に1組いるともいわれています。子ども …