ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

若い人の出産と高齢出産にかかる費用の違いとは?高齢出産ならではの助成金があるって本当?

   

かつての日本では若年出産するのが当たり前で、専業主婦のママに育てられる子どもが圧倒的多数でした。

ですが、少子高齢化が進む現代、女性も貴重な労働力であり、男性同様に活躍できる場が広がっていることから、晩婚化が進んだことで、高齢出産が増え続けています。そして、若い人の出産と高齢出産では、出産にかかる費用が異なります

そこで今回は、若い人の出産と高齢出産にかかる費用の違いや、高齢出産ならではの助成金について、お話しします。

若年出産と高齢出産ではかかる費用が異なるって本当?

普通分娩で出産した場合の分娩費用については、若年出産でも高齢出産でも変わりはありません。ですが、自然妊娠率の高い20代のママに比べると、高齢出産に臨むママの多くは、不妊治療を行うケースが多いのです。

不妊検査や不妊治療は、健康保険適用外であることが多く、妊娠するまでに多額の費用がかかるご夫婦も少なくありません。また、妊娠後も、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などさまざまなリスクを抱えやすく、その治療のために費用がかかる側面もあります。そのため、トータルで考えると若年出産より高齢出産の方が、高額な費用がかかる確率が高いと考えられます

また、高齢出産は難産になりやすいので、吸引分娩や鉗子分娩などになり、費用がかさむこともあります。

高齢出産のママが受け取れる助成金とは?

一方で、高齢出産のママが受け取れる助成金もあります。

まず、「特定不妊治療費助成金」です。不妊治療開始時の年齢が43歳未満で、40歳未満は通算で6回、40~43歳未満は通算3回、特定不妊治療費助成金を受けることができます。ただし、夫婦の世帯年収が730万円未満で、助成限度額は1回15万円となっています。採卵ができなくて治療を中止した、あるいは採卵を伴わない凍結胚移植などは、1回7万5000円まで減額されます。

このほかにも、「妊婦健康診査助成」を利用できます。助成内容は、居住する地方自治体によって異なり、全額を無料で助成するところもあれば、所得によって助成割合を設定しているところもあります。

また、出産費用が用意できない場合は入院費を援助する「入院助産費用の援助」が、出産一時金の範囲内で無利子で出産費用を融資する「出産費融資制度」なども、利用することができます。

高齢出産のママが知っておきたい、助成金の申請方法

こうした助成金の窓口は、地方自治体になっています。そのため、居住する市区町村の役場の担当窓口に申請をすることになります。書式や受付期間も、地方自治体ごとに異なりますので、まずは役場に問い合わせてみましょう。

ただし、特定不妊治療助成金に限っては、指定された医療機関でなければ助成を受けられません。治療の証明がないと助成金はおりませんし、申請は治療後しかできません。そのため、不妊治療にかかる費用は、全額自己負担する必要があります。また、申請期間も治療後60日と短くなっているので、治療を始める前に必要書類を用意し、指定された医療機関で治療を行う段取りをしておかなければなりません。不妊治療をして高齢出産に臨む予定のママは、しっかり覚えておきましょう。

高齢出産にはデメリットもあることを理解しておこう

見た目がどんなに若くても、妊娠適齢期を過ぎ、高齢出産に臨むママの卵子は老化しています。そのため、妊娠しても染色体異常で化学流産する確率が高くなります。また、母体にかかる負担も大きく、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などを発症するリスクがあります。

仕事と育児を両立したいと思っていても、母子の健康を守るために、諦めざるをえないママも少なくありません。そうしたデメリットも理解したうえで、不妊治療をしても高齢出産に臨むのかどうか、夫婦でしっかり話し合っておく必要があります。

また、妊娠から出産までかかる費用も、若年出産より多くなることを念頭に置き、準備しておくことをおすすめします。

  関連記事

男性も知っておこう!女性の避妊手術とは?費用や方法、手術後の妊娠について

経済的にこれ以上妊娠はしたくないというママや、子宝に恵まれたのでもう十分と考えて …

卵胞刺激ホルモン(FSH)って妊娠にどう影響するの?対処法はある?

女性ホルモンにも様々な種類があり、脳下垂体から分泌されています。卵胞刺激ホルモン …

男性不妊の原因の1つ奇形精子症の診断のために行うクルーガーテストって何?

妊活に励んでも、なかなか赤ちゃんを授からないご夫婦がいます。晩婚化が進む日本では …

不妊原因の半数は男性にあり!「OAT症候群」という可能性を知ろう

「なかなか赤ちゃんを授かる事ができない…」という状態に立たされた時、その問題は女 …

乳がんのセルフチェックの方法は?どんな時に病院に行くべき?

乳がんは、中高年代の女性がかかることの多いがんで、日本人女性の20人に1人が発症 …

主治医から体外受精(IVF)をすすめられた!体外受精の方法やリスクがないのか教えて!

排卵誘発法やタイミング法などの一般不妊治療や、人工授精にトライしても妊娠に至らな …

ブライダルチェックって知っていますか?結婚が決まったら受けておこう!

大好きな彼にプロポーズされたときって、幸せの絶頂期ですよね。そこから結婚が決まる …

子宮には様々な病気が潜んでいる?気になる症状と原因、治療法とは?妊活に支障が出る?

妊娠や出産に必要不可欠な女性しか持っていない臓器が、子宮・卵巣です。しかし、近年 …

卵巣炎になると赤ちゃんが産めないの!?その原因と治療法は?

卵巣炎とは、細菌やウイルスに感染することで、卵巣が炎症を起こす病気のことをいいま …

男性が高齢だと男の子が生まれにくいって本当?

日本には「高齢出産」という言葉があり、35歳以上で出産する女性は、ここに分類され …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss