ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠菌のジンクスって知ってますか!?妊娠にまつわるジンクスはいろいろ!その真相とは?

   

妊娠を希望する人であれば聞いたことがある「妊娠菌」という言葉。「菌」という名前の通り、妊娠を他の人にうつす、分けてあげるというような意味合いです。友人やママ友など、妊娠した人に「妊娠菌ちょうだい!」なんて言ったことがある人もいるかもしれませんね。

妊娠というのは簡単にはいかないものだから、こういうジンクスも信じたくなってしまうものです。

そこで今回は、妊娠を希望する人の多くが気になる「妊娠菌」の様々なジンクスとその真相についてまとめてみました。

妊婦さんのお腹に触ると妊娠菌伝染る?妊娠菌とは?

妊娠菌のジンクスで有名なのは「妊婦さんのお腹に触ると妊娠菌が伝染る」というもの。実際に友人など、妊婦さんのお腹に触ったことがある!という人は多いはず。

そもそも妊娠菌というのは、そのような菌が存在するというより「妊婦さんの幸せな気持ちをおすそ分けする」ということになります。妊婦さんというのは、やはりゆったりとしていて幸せなオーラがありますよね。それを分けてもらうことで、妊娠しやすい気分・妊娠しやすい状態になるということなのでしょう。

「妊娠したい!」と必死になっているとなかなか妊娠せず、「少し休もう」と力を抜いたら妊娠した!という話は沢山あります。やはり「ちょっと気を抜く、ゆるめる」という状態にすることが妊娠菌の効果でもあるのではないでしょうか。

妊娠菌のジンクスの方法とは?お腹を触るだけ?

妊娠菌を分けてもらうためにお腹を触る際には、「妊娠菌がうつりますように、私も妊娠できますように」と願いをこめるのはもちろんですが、必ず「妊婦さんに元気な赤ちゃんが産まれますように」と念じることを忘れないようにしたいものです。やはり、自分のことだけでなく他の人の幸せも願えるようなゆったりとした気持ちでいるほうが妊娠しやすくなります

ただ気をつけたいのは、いくら友人や知り合いでも突然お腹を触るようなことをしないということ。知らない人ならなおさらです。中には、友人でもお腹を触られるのは気になる、という人はいるでしょう。特に妊婦さんは常に体調が良いわけでもないですし(お腹が張りやすい人もいます)、ナーバスになっている場合もありますので、必ず事前に触っても良いかどうか確認してから、そしてベタベタと長時間触るのは控えましょう

妊娠菌はほんとうに効果がある?

実際に「妊娠している友人のお腹を触らせてもらったら妊娠できた!」という話はかなり多いものです。また、20代後半から30代前半の女性のうちの約43パーセントが、友人の妊娠を知った2年以内に妊娠する…というデータもあるそう。これは友人が妊娠することで自分も妊娠したい、という気持ちが高まることもあるでしょうし、実際に妊娠した友人から幸せな気持ちを分けてもらうことで、妊娠しやすい状態になるのかもしれませんね。

どちらにしても、妊娠菌を分けてもらうことで、妊婦さんのようにゆったりした幸せな気持ちになるということが妊娠のためにはとても良いのでしょう。というのは、妊娠にはストレスが大敵だからです。イライラしているとホルモンバランスが乱れてしまい、妊娠しづらくなってしまいます。

妊婦さんから妊娠菌を分けてもらうことで気持ちを落ち着け、常にリラックスした気持ちでいるようにしたいものですね。

トツキトオカのジンクスとは?妊娠にまつわるジンクスは他にある?

トツキトオカのアプリ

最近話題なのが「トツキトオカ」というアプリを使ったジンクス。このアプリ、出産予定日を入力しておくと、毎日成長していく赤ちゃんのおしゃべりが見られる…というものなのですが、このアプリを妊娠する前から使うことで妊娠する!というジンクスがあるそうです。

子宝の神様:木村さんの画像

その他にも有名な妊娠のジンクスとしては、子宝の神様、木村さんの画像を待ち受け画面にするというものもあります。これはネットで検索すると色々な画像が出てくるので、お好みのものを選んでみて下さい。「木村さんのおかげで妊娠できた!」と、かなり評判ですよ。

陣痛中に描かれた「赤富士」

あとは、陣痛中の妊婦さんに赤い富士山の絵を描いてもらうと妊娠するというものもあります。かなり無理なお願いですが、親しい友人や姉妹などで妊婦さんがいたら、是非お願いしてみたいものですね。芸能人が陣痛中に書いた富士山の絵なども色々ありますので、もしどうしても身近にいないという場合はネットで検索して印刷し、壁に飾ると良いでしょう。

ジンクスを使って気持ちを高めよう

今回は、妊娠を希望する人の多くが気になる「妊娠菌」の様々なジンクスとその真相についてまとめてみました。妊娠には本当に様々なジンクスがあるんですね。それくらい、妊娠を希望する人が多いということになります。使えるジンクスはぜひ使って、妊娠の気持ちを高めていきたいものですね。

そして妊娠するためにはゆったりとした、おおらかな気持ちでいることが大事。ジンクスもそうですが、上手にストレス解消もしながら妊活を楽しんでいきましょう。

  関連記事

あなたの生理周期、40日を超えていませんか?他人ごとではない!「稀発月経」を徹底解説!

「月に一回の生理」これは生理周期の平均が「28日前後」で、ひと月とほぼ同じ日数で …

女性特有の悩み、冷え性を解消すれば妊活もスムーズに?不妊治療時におすすめの冷え性対策!

女性の中には冷え性に悩む人がたくさんいます。冷え性だからとその症状と何となく付き …

早期発見が難しい「卵巣がん」…少しでも早く治療をするために心がけたいこととは

卵巣の腫瘍のうち、悪性であると卵巣がんと診断されます。卵巣がんは、早期発見が難し …

シーハン症候群とは?不妊との関係、原因、治療法も紹介!

シーハン症候群とは出産や分娩をする際に発生する大量出血が原因で下垂体が壊死し、甲 …

妊活のキホン!?パートナーの精子を増やして妊娠確率をあげるための3つのポイントとは?

わが子を授かりたい!と思う女性なら、妊活の成功率が上がることならいろいろと試した …

不妊の原因にもなりうる!筋腫分娩の症状と治療法のこと

「筋腫分娩」と聞くと、出産に関わりがありそうだと思う人が多いと思いますが、これは …

内分泌ホルモン異常が不妊の原因になるって本当?治療方法はある?

人間の身体は、分泌腺から体表面や消化管に分泌される「外分泌」と、血液やリンパ管に …

黄体ホルモン剤「ディナゲスト」とは?副作用で腹痛や不正出血がおこる?

現在日本では、月経のある女性の10人に1人は子宮内膜症であると言われています。子 …

セロトニン症候群ってどんな病気?薬を正しく使ってセロトニン症候群を回避しよう!

近年、うつ病に悩む人は増加傾向にあります。 うつ病の治療では、さまざまな薬が使用 …

月経以外の出血は機能性子宮出血の可能性も!原因や治療法は?

機能性子宮出血というのはホルモンの濃度に何らかの異常が現れた際に発生する出血のこ …