ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

月経治療改善のために使用されるノアルテンってどんな薬?その効果と副作用の問題は?

   

ホルモンに影響を受ける女性の身体ですが、長い一生のうちで時にはホルモン剤を服用する機会も訪れることがあるでしょう。

主な女性ホルモンは、「エストロゲン」「プロゲステロン」ですが、プロゲステロンを補うホルモン剤には「ノアルテン」が有名です。

そこで、もしも今後「ノアルテン」を処方された場合などの心配ごとに着目してご紹介していきます。納得して服用できるように疑問は解決しておきましょう。

ノアルテンとはどんな薬?その効果は?

女性ホルモンである「プロゲステロン」を補うホルモン剤として、女性の種々の体質及び症状の改善に働きかける目的に使用されています。例えば以下の女性の悩みや症状に用いられています。

  • 月経不順と無月経
    「ノアルテン」の服用と停止を行い子宮内膜の状態を整えたのちに月経を促進させる目的で使用します。
  • 機能性子宮内出血
    子宮内膜からの出血を阻止するために使用します。
  • 不妊症
    不妊症の中でもプロゲステロンを要因にした症状の場合に用いられます。健全な黄体期には高温期に入りますが、体温上昇が行われない、黄体期が少ないなどの不調に対応されます。

用途と効能については次のようにまとめています。

  • 無月経や月経周期異常を正常な月経周期に正すために用いる。
  • 月経量の過多、月経困難症、黄体機能不全による不妊症、月経周期異常の調整に用いられる。

ノアルテンに副作用のリスクはある?

プロゲステロンを補うと言っても薬は副作用も同時に持つものです。「ノアルテン」の副作用はどのようなものがあるのでしょうか?

「ノアルテン」を服用することに、まだ慣れていない状態での副作用に吐き気、嘔吐、頭痛、が多発しやすくなります。服用に慣れていくと、おさまることも多いので医師に相談後に服用の継続を判断しましょう。

主な副作用は次の項目です。

  • めまい、吐き気、倦怠感、頭痛、気分の落ち込み、眠気
  • 食欲不振、吐き気、腹痛、下痢、などの消化器症状
  • 乳房の誇張、乳房痛、不正性器出血
  • 発疹、むくみ、肝機能の異常など

また、服用初期に見られるアナフィラキシー症状、蕁麻疹、喘息、息切れなども稀に可能性として危惧されています。「ノアルテン」の副作用は更年期の女性に起こる体調不良の症状とほぼ類似していますので、見過ごさずに留意しておく必要があります。

効果的な服用方法とは?

プロゲステロンを補うホルモン剤の「ノアルテン」の服用方法は、個々の服用目的に沿って行う必要があります。黄体期の不良による不妊症改善目的で服用される場合は、排卵と同時に服用されます。

成人の場合には、1日の服用量が5mgから10mgを数回に分割して経口服用を行います。

月経周期を延長させる目的での投薬は、月経予定日の5日前から月経周期の延長予定日まで連続して服用を継続します。一方、月経周期を短縮する目的で服用する場合には、卵胞期から連日服用します。何にしても「ノアルテン」は1日5gの服用が一般的な量です。

ノアルテンを含むホルモン剤は、症状と目的で服用方法が異なるものです。飲み慣れない場合の副作用も危惧して、その都度かかりつけ医師の指導の元に服用するようにしましょう。

ノアルテンはどこで入手できる?その価格は?

「ノアルテン錠5mg」の処方先と購入価格についてですが、医薬品であるため診察を受診した医療機関先の医師から処方されます。その後に続いて医療機関の指定薬局である薬剤師により手渡されるという流れになります。

「ノアルテン5mg」ジエネリック医薬品の単価は約36円ほどです。

昨今ではオンライン通販(インターネット通販)でも、「ノアルテン5mg」を購入することが可能になっているようです。

各サイトによって販売価格に多少の差がありますが、どこの販売元も50歩100歩という感じです。おおよそアルテン錠一錠の価格は、約200円前後のようです。

一箱20錠入りで、約3000円以上5000円未満程の販売価格です。幅のある価格設定ですが、ノアルテン錠(メーカー)の製造元が種々異なるという条件の元におおよその値段の提示になります。

ノアルテンで生理周期を整えよう

「ノアルテン錠」は、女性のホルモンバランスに影響され、幅広い症状の改善に使用されているホルモン剤です。ですが、服用方法が所々に異なるという特徴を持ちますので、使用の際には注意が必要です。

大抵は医師の処方の元に服用されることになりますが、個人で服用する際には服用に際しての注意点を守りましょう。妊婦、産婦、などの服用は禁止されています。

また、副作用かな?と感じた場合には、迷わずにすぐに医師の診察を受けましょう。

  関連記事

まずは生活習慣の見直しを!続発性無月経の原因は身近なところにあるかも!?

妊娠したいと考えている女性のなかには、無月経を経験したことのある人もいるかもしれ …

子宮内膜の厚さ 正常値はどれくらい?厚くするためのポイントは?

不妊の原因は人それぞれではありますが、子宮内膜と呼ばれる部分が薄いために妊娠が成 …

ざくろジュースが不妊に効果があるって本当?

ざくろという果物があることは知っていても、実際に食べたことはないとい女性が、きっ …

早めに知っておきたい!閉経前の症状、兆候とは?また平均年齢は?

一般的な閉経の平均としては、50歳前後といわれています。あくまでも平均なので個人 …

痛みはある?卵巣摘出手術の方法や費用は?生理への影響や後遺症はあるの?

私たちの体に、突如訪れるカラダの不調。女性特有の病気は、女性なら誰しも罹ってしま …

どんな時に必要?子宮全摘出手術の費用やデメリット、後遺症はある?

「子宮全摘出手術」という名称を、ドラマやテレビなどで聞いたことがある方は多いので …

月経異常が起きると不妊症に繋がる?原因や種類をチェック!

妊活をする際に改善しておきたいのが月経異常に関することです。月経異常といってもす …

プロクラチンとは?妊活にも影響する数値は、産後や妊娠の際にも影響を及ぼすの?その正常な数値とは?

女性の一生はホルモンの影響を受けていますが、妊娠中から出産にかけてのホルモンの変 …

デリケートゾーンにかゆみや臭いがある…。その原因と対処法とは?

デリケートゾーンについて、人知れず悩みを抱えている女性はたくさんいます。中でも多 …

妊娠検査薬の種類はどんな物がある?正しい使用方法は?確実性はどのくらい?

近年では病院に行って初めて妊娠が発覚したという人は少なくなっています。ドラッグス …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss