ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

卵子の質を上げて妊娠力アップ!妊活に大事な栄養素を徹底調査!

   

妊娠率をアップさせるために妊活をしているという方も最近では多くなってきています。しかし「妊活と言われてもなにをすればいいのかわからない」という人も多いですよね。

妊活を考えているなら、まず生活習慣を整えることからはじめてみましょう。というのも不規則な生活を続けていると妊娠率が低くなってしまうため、生活習慣の改善は妊活にとって非常に重要なのです。妊娠するためには、ベースとなるママの健康が欠かせません。

食生活の改善はママの健康な体作りを行う基本です。毎日の食生活を見直して妊娠力を高めましょう。そのためにも、ただ単に栄養を補給するだけはなく、妊活をスムーズにする食事方法として『卵子の質を上げる食べ物』を取り入れることが大切になっていきます。

そこで今回は、妊活中に抑えておきたい卵子の質を上げる食事方法や、摂取したい栄養素や食材について詳しくご紹介していきましょう。

妊娠力を高める食事は、意外と単純?

そもそも妊娠力を高める食事とは、どのようなものなのでしょうか?そこまであまり難しく考える必要はありません。基本的には一般的にイメージされている、健康的な食事を連想してみましょう。

1日3食しっかり食べて栄養の偏りを防ぎ、バランスのとれた献立を考えることが大切です。

妊活を意識していなくても、ほとんどの日本人が知っている「健康的な食事」こそが、妊娠しやすい体をつくることに欠かせない要素なのです。

We are what we eat(わたしたちは、食べたものでできている)」というアメリカのことわざがあります。いつか妊娠を望んでいる方の体も、あなたが毎日食べたもので土台が作られている事を忘れないようにしましょう。

インスタント食品やファーストフードをよく口にしていないでしょうか?ダイエットで、無理な食事制限をした事は?

まず初めに大事なことは、健康的な食生活を身につけるところからスタートさせてみてください。

妊活と卵子の質を上げる関係とは?

上記でもご紹介した通り卵子の質を上げるための食事を改善することは妊活に深く関わってきます。

では、ここで言う卵子の質とはいったいなんでしょうか。卵子の質と妊活との関係性について詳しくご紹介していきましょう。

卵子の質は年を重ねるごとに下がってしまうことがあげられます。女性は35歳をすぎると妊娠する力が弱くなると言われており、その理由は年齢を重ねていくと同時に卵子も老化していくからです。

そのほかにも卵子の質には、身体の酸化度合いと関係していると言われています。

身体の酸化とは?

人間は呼吸をするために酸素を吸収します。しかしその一部が化学反応をおこすことで活性酸化を引きおこしてしまい、その現象を一般的に身体の酸化(身体のサビつき)と呼ばれているそうです。

そこで不妊や不育症で悩んでいる女性の酸化度合いを調べてみると、酸化が進んでいるというケースが多く見られました。またこの酸化の症状は、年を重ねた女性だけにおこるわけではなく20代や30代の女性にも見られています

身体の酸化が進んでしまうことで、受精した胚の発育にも影響を及ぼすことがあり、妊活だけでなく赤ちゃんの成長にも影響を与えてしまいます

それらを防ぐためにも卵子の質や、酸化を防ぐための食事を心得ておくことが大切でしょう。

卵子の質を上げる食べ物ってどんな物

それでは上記でもご紹介をした卵子の質を上げて体の酸化を防ぐために重要な食事方法とは、どういったものでしょうか。妊活に欠かせない健康な体づくりのためにも、ここでご紹介する栄養をしっかりと吸収していきましょう。

抗酸化作用の強い食材を食事に取り入れよう

どのような食べ物を取り入れると卵子の質を上げる事ができるのかというと、抗酸化作用の強いものを取り入れるのが効果的です。

前述でもご紹介した通り、全身の酸化度が進んでいる方ほど卵子の質が落ちてしまうということが関係しています。人によってサビを防ぐ力は異なりますが、体のサビを防ぐ栄養素を積極的に取り入れることにより、体の酸化を抑えることができるでしょう。

美容にかかせないビタミンは卵子の質をあげるのにも有効

おすすめの栄養素としてご紹介したいのがビタミンCです。ビタミンCと言えばいちごやリンゴ、柑橘類、トマトなどに豊富に含まれている栄養素で、美容にも欠かせない栄養素として知られています。

他にもアボカドやアーモンドなどに豊富に含まれる、ビタミンEも卵子の質を上がるために取るといい栄養素です。

また、にんじん、ほうれん草、柿、スイカ、エビなどに含まれている、βカロチン・リコピン・アスタキサンチンといったカロテノイドなども積極的に取り入れていきましょう。

バランスよく食べることが重要

他にもコエンザイムQ10やカテキン、イソフラボンなどもあげられますが体に良いとされている食材をバランスよく取り入れられればどれかが極端に不足してしまうようなことはありません。

なにか特定のものを食べるというより、基本的にはバランスよく食べ物を取り入れていくことが重要です。そのためにはたんぱく質や、鉄分、亜鉛、葉酸なども摂取していかなければなりません。

健康に良い食べ物を取り入れていくことが卵子の質を上げる食べ物を摂取することにもつながるといえるでしょう。卵子の質を上げる食べ物を積極的に取り入れながら生活習慣なども見直し、妊娠しやすい体作りをしていけると良いですね。

妊活中に摂取したい栄養素とは?

それでは健康的な食生活にプラスして、もう少し踏み込んだ「妊活中に積極的に摂取したい栄養素」についてご説明いたします。

体を温めてくれる食品

以下の野菜は体を温める効果が期待される食品です。「冷えは万病の元」と言いますが、体の冷えは妊活の妨げにも繋がってしまいます。体を温める食品を積極的に摂取し、冷えを予防しましょう。また冷たい飲み物を避けて冷えを予防する事も大切です。

  • 生姜
  • ニンニク
  • 唐辛子
  • かぼちゃ
  • 大根
  • ごぼう
  • にんじん
  • さつまいもなどの冬野菜
ビタミンB群

妊婦さんによくオススメされているビタミンB群や葉酸は、赤ちゃんの脳を形成するサポートを行う重要な栄養素です。

「じゃあ、妊娠してからでいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、これらは妊娠前からの摂取が厚生労働省により推奨されている栄養素でもあるのです。赤ちゃん待ちの女性であれば、ぜひ積極的に補っておくべきですね。

以下に記載した食材が、特にビタミンB群が含まれているものです。

  • レバー
  • 鷄ササミ
  • ニンニク
  • マグロ
  • 鮭 など(ビタミンB6)
  • ほうれん草
  • 春菊
  • 大葉
  • アスパラガス など(葉酸)
  • レバー
  • のり
  • 玉子
  • たらこ
  • マグロ(ビタミンB12)
ビタミンC

お肌の調子を整えてくれる美容成分としても有名なビタミンCは、卵子の老化を遅くしてくれる作用を持っています。口にした栄養素の吸収をフォローしてくれる栄養素でもありますので、積極的に献立に盛り込んでみてください。

  • グレープフルーツ
  • いちご
  • バナナ
  • モロヘイヤ
  • ゴーヤ
ビタミンE

ビタミンEは、妊娠と大変関わりの深い黄体ホルモンの材料です。血行を促す作用も持っていますので、妊活にとてもいい栄養素だといわれています。

  • アーモンド
  • アボガド
  • いくら
  • からすみ
  • 玄米

食事だけ摂取できない栄養素はサプリを利用してみよう

妊活の際には食事や必要な栄養素をしっかりと摂取して、健康な体づくりが必要であるとご紹介していきました。しかし普段の食生活の中だけでは、どうしても摂取しきれない量の栄養素などが存在します。

その中でも妊活や妊娠において重要になるのが葉酸です。こういった栄養バランスの必須を掲げる背景には、2000年12月に厚生労働省が以下のように発表しています。

妊娠を計画している女性は神経管閉鎖障害のリスクを低減させるため、妊娠1か月以上~妊娠3か月までの間、葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスのとれた食事が必要である

出典:<参考資料 3> 神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について

しかし厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量は日に400μgと言われています。これだけの葉酸を一日の食事のみで取り入れるのは、非常に困難です。

そこでおすすめなのが葉酸サプリです。食生活の改善として摂り切れない栄養素をサプリで補うことにより、健康な体を目指すことが出来ます。


>>妊活中から葉酸を摂取して健康な体つくりに役立てよう!

近年では葉酸のほかにも妊活へ効果的なマカが注目を浴びているようです。マカの入ったサプリには妊活に役立つ栄養素がたっぷり含まれているので、こちらも試してみましょう。

マカが含まれた妊活サプリを夫婦で飲んで妊娠しやすい体質に近づけよう!

また妊活は女性だけの問題ではありません。これからパパになるパートナーにとっても食生活の改善や、必要な栄養素を摂取することは重要になっていきます。

妊活で心がけたい食事療法は女性だけじゃない?男性が心がけたい妊活に役立つ食事とは?

ですのでパートナーも一緒に、健康的な食事やサプリで栄養を補いながら、お互い妊活へ向けての体づくりを心掛けていきましょう。

【保存版】妊活中の方必見!男性向け妊活サプリを取り入れて精子の質を高めよう

健やかな赤ちゃんの誕生のために、妊娠前から行える食事メニューの改善は様々なものがあります。とはいえ葉酸などの栄養素を毎日の食事できちんと摂取し続けることは、簡単ではありません。そんな時のために、サプリメントをうまく活用してみるといいでしょう。

必要な栄養をサプリメントで補うと同時に、ママの健康を育んでいきましょう

  関連記事

不妊治療にお灸が効くというのは本当?その方法は

インターネットで検索すると、不妊治療を専門とする鍼灸院のホームページを見つけるこ …

ルトラールを飲むと基礎体温が上がる?飲み忘れたらどうなるの?

妊活を始めるにあたって、基礎体温表をつけ始めたことで、自分が妊娠しにくいことに気 …

はしか(麻疹)が流行の兆し!?妊娠中に予防接種を受けることはできる?かかってしまった場合の症状や赤ちゃんへの影響を教えて!

2016年9月、関西空港内で働く従業員にはしか麻疹(はしか)の感染が広がり、空港 …

赤ちゃんに会いたい!妊娠運を高めるジンクスや風水・子宝神社などをご紹介します

赤ちゃんは神からの授かりもの、とはよくいったもので、子供が欲しいと思っても、希望 …

内科検診から性病まで!妊娠前の検査で安心マタニティライフ

妊活を始めるなら予防接種や検査は済ませておこう! 妊娠中に病気が発覚しても、投薬 …

検診で子宮頸がん疑い!妊娠はいつできる?

妊婦健診や健康診断のための検診で、子宮頸がんの疑いがあると告げられる女性が少なか …

精子と卵子には寿命があるって本当!?精子の質を上げて妊娠率を高めるコツとは?

妊娠を希望しているけれど、なかなか赤ちゃんができない…と悩んでいる人は数多くいま …

赤ちゃんが欲しいのに…夫やパートナーがインポテンツ(ED)になってしまったら

妊娠するための最初のステップは、当たり前ですが性行為を行うこと。しかし、もし夫や …

あなたの生理周期、40日を超えていませんか?他人ごとではない!「稀発月経」を徹底解説!

「月に一回の生理」これは生理周期の平均が「28日前後」で、ひと月とほぼ同じ日数で …

妊娠のベストタイミングは排卵日ではない!?排卵検査薬の使用方法や、薄い陽性が続くときの対処法とは?

「はやく可愛い赤ちゃんに会いたい!」と願う時、ご自身の排卵のタイミングを正確に知 …