ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

低体温は妊活の妨げになるの?理想の基礎体温ってどのくらい?

   

女性が妊活を始めるにあたり、基礎体温を計るようになると、自分の体温の変化に敏感になるはずです。そして、自分の基礎体温が低いことに気がつくと、それが妊娠に悪影響を与えるのではないかと、心配になる女性もいるはずです。

そこで今回は、基礎体温とは何か、低体温とはどんな状態か、低体温だと妊娠しにくくなるのかについて、お話しします。理想の基礎体温についても触れますので、それに近づけるよう、生活習慣を見直してみるのもよいかもしれません。

基礎体温って何?低体温ってどんな状態?

基礎体温とは、人間が生きていくために、必要最低限のエネルギーを使っている状態の体温のことをいいます。そのため、寝ておきてすぐ、身体が安静な状態のときに計るのが大原則です。

女性の場合、生理周期によって、基礎体温が変化します。生理が始まってから排卵までが「低温期」、排卵後から次の生理が始まるまでを「高温期」といいます。

では、低体温がどんな状態かというと、低温期も高温期も体温が低いことです。基礎体温は通常、36~37度の範囲内で、低温期と高温期の差が0.3~0.6度程度なものです。

ですが、通常の体温が35度台、または高温期で36度5分以下の場合は、低体温と考えられます。女性が低体温になる原因の多くが、ホルモンバランスの乱れです。疲労の蓄積や睡眠不足、食生活の乱れ、過度なストレスにより、基礎体温も乱れてしまうのです。

低体温だと妊娠しにくくなるの?

低体温の原因は、必ずしも生活習慣が乱れていることではありません。甲状腺や婦人系の器官に疾患がある場合、ホルモン分泌が影響を受け、低体温になることがあります

低体温には自覚症状がないため無自覚な女性が多いのですが、全身の血行が悪い状態なので、疲れやすく、病気にもかかりやすい状態です。基礎体温が低くても、排卵をしていれば妊娠することはできますが、高温期だけが低体温の場合、無排卵の可能性があります

また、子宮や卵巣の血行が悪いと、きちんと排卵しなくなったり、子宮内膜が十分に厚くならないことで、受精卵が着床しにくくなることが多いです。つまり、自然妊娠がしにくくなる原因になりうるので、早めに改善する方がよいのです。

理想の基礎体温ってどんなもの?

女性の理想の基礎体温とは

  • 低温期から1~2日で高温期に移行すること
  • 低温期と高温期の体温の差が0.3度以上あること
  • 高温期が12~14日持続すること

とされていますので、大まかであっても、1カ月の基礎体温表が低温と高温の二相に分かれていればOKです。体温がジグザグに上下している、低体温が続いて高温期が来ない場合、排卵はおこっていないことが多いです。

それでも生理のような出血がある場合は、破綻出血がおこっていることが多いです。破綻出血とは、卵胞ホルモンであるエストロゲンが分泌し続けることで、子宮内膜が厚くなり過ぎてしまい、その表面が少しずつ剥がれて出血する状態のことをいいます。

また、基礎体温が二層になっていても、高温期が9日以内、あるいは低温期と高温期の差が0.3度以内の場合は、黄体機能不全がおこり、受精卵が着床しにくくなっている可能性が高いです。

赤ちゃんが欲しいなら基礎体温をあげる努力を!

自然妊娠で赤ちゃんを授かりたいなら、基礎体温を正常に戻すことが一番です。そのためにも、生活習慣を見直しましょう。規則正しい生活を送ること、睡眠時間を十分に確保すること、栄養バランスのとれた食事をすることで、ホルモンバランスを整えることから始めます

そして、適度な運動を習慣化することで、血行を改善し、身体を芯から温めるのです。運動が苦手な人でも、ウォーキングやストレッチを日常的に行うことで、身体は十分に温まります。

エレベーターやエスカレーターの利用回数を減らして、階段の上り下りをするなど、日ごろから運動量を増やすように心がけ、基礎体温のアップを目指しましょう。

  関連記事

生理後はいつも体がだるい。原因と対処法はあるの?

女性の体は、生理周期によってコントロールされています。そのため、生理前や生理中に …

不妊治療でデュファストンが処方された!流産や早産の防止にも役立つって本当?

デュファストンとは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と同じ成分を人工的に合成して作 …

不妊治療を行う時の正しい病院の選び方や、チェックしておきたい大切なポイントとは?

私たち夫婦は、もしかして不妊かも。そんな悩みをもったら考えるのが病院に行くかどう …

もしかして不妊症かも!?そう思ったらまずは不妊症について知っておこう

望んでいるのに妊娠できないカップルにとってはとても不安な問題でもある不妊症… 妊 …

避妊だけじゃなかった!?子宮筋腫の改善策としても使用されているピルの効果は?保険適応なの?

一般的にピルというと、避妊目的で使用されるものだと認識されています。 最近は低容 …

「子宮膣部びらん」って何のこと?どんな症状なの?妊活に影響は出る?

「子宮膣部びらん」という言葉を聞いたことがありますか?初めて耳にする方にとっては …

妊活者必見!性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)と妊娠の関係とは?

性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)とは、妊娠には必要不可欠とされるほど、重要な役 …

不妊治療保険がいよいよ解禁!その内容とは?

2016年4月1日より、金融庁は不妊治療保険を解禁し、生命保険各社が商品の販売を …

生理前になるとおならが増える?妊活中なら妊娠の前兆かも!

女性の身体は、生理周期によって変化します。生理の影響で多く聞かれるのが、生理前と …

望まない妊娠を避けるために…男性が行う避妊法「パイプカット」って?

妊娠は嬉しいことですが、時には経済的な事情や年齢など様々な理由で望まない妊娠がお …