ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

10代で妊娠するひとってどのくらいいるの?そのリスクとは?

   

初潮を迎えた女性は年齢に関わらず、避妊せずに性交渉をもつと妊娠する可能性があります。初体験の低年齢化が進む現代の日本では、10代で妊娠することも珍しいことではありません。

ですが、実際に10代で妊娠する女性がどのくらいいて、人工妊娠中絶を行う割合がどの程度なのか、知らないひとも多いのではないでしょうか。

そこで今回は10代で妊娠するひとの数や中絶する割合、10代で妊娠すると中絶するリスクについて、お話しします。

10代で妊娠するひとの数と中絶の割合は?

2013年に厚生労働省が行った人口動態統計によると、19歳以下で妊娠したひとは約32,000人にのぼるといいます。そして、そのうちの60%が人工妊娠中絶を選択しています。

人工妊娠中絶を選ぶ女性の割合は、当然ながら年齢が下がるのに反比例して多くなります。

かつて日本の人工妊娠中絶は、妊娠24週未満(妊娠23週6日)までと定められていました。

ですが、医療技術が進んだことにより妊娠22週での早産でも赤ちゃんが生存する確率があがったため、1990年より人工妊娠中絶が可能な期間を妊娠22週未満(妊娠21週と6日)までと改定しています。

その効果があったのか、1990年には約457,000人いた人工妊娠中絶患者数が1995年には343,000人に減り、その後は2000年には341,000人、2010年には341,600人と、総数が変わらずに推移しています。

10代で妊娠するとどんなリスクがあるの?

10代で妊娠することは20代以降に妊娠するのと比べると、何かリスクがあるのか気になりますよね。

10代で妊娠・出産することを、「若年出産」といいます。若年出産は35歳以上に妊娠・出産する「高齢出産」と同程度、周産期の死亡率が高いことがわかっています

これは、若年出産も高齢出産と同じように、妊娠高血圧症候群を発症する確率が高くなるからです。

また、10代での出産は身体が十分に成熟しておらず、骨盤の発達が不十分というケースが多いです。そのため経膣分娩では難産になることが多く、最初から予定帝王切開を進められることが多くなります。

さらに10代で妊娠する場合、相手も同年代のことが多く、相手が20代の男性のときと比べると、自閉症や統合失調症、二分脊椎症などの割合が高くなることが懸念されています。

人工妊娠中絶にはどんなリスクがあるの?

10代で妊娠したとき、相手も同じような年齢で経済的に自立ができていない場合、双方の両親に人工妊娠中絶を勧められることがあります。

妊娠12週未満(妊娠11週6日)までの人工妊娠中絶は、手術を行います。掻把法あるいは吸引法で、あらかじめ開いておいた子宮口から、お腹の赤ちゃんと胎盤を除去します。

妊娠12週(妊娠12週0日)から妊娠22週未満(妊娠21週6日)になると人工的に早産をおこして、出産と同じようにお腹の赤ちゃんを取り出さなければなりません。そのため、処置も含めて入院が必要となり、身体にも負担がかかります。

人工妊娠中絶手術自体は決して難しいものではありません。ですが、子宮内は目視できないので、ベテランのお医者さまでも100%安全とはいえません。

手術によって子宮やそのほかの臓器が傷ついたり、できた傷が感染症をおこし不妊症につながるケースもあります。リスクを伴う手術であることは、認識して受ける必要があるのです。

避妊に対する知識をきちんと身につけよう

10代で妊娠する理由も、ケースバイケースです。不幸にして、レイプなどにより妊娠してしまう10代の女の子もいます。

そうしたリスクを避けるためには子どもだけで治安の悪い地域に行く、夜遊びをするなど、法律に抵触する行為を行わないのが一番です。

また、男女交際の中で性交渉を持つときには、きちんと避妊を行うのが大原則です。相手が避妊具を持っていないときは性交渉を断るなど、自分の身を守ることを意識するのです。

人工妊娠中絶は、女性の心身に傷を残します。不慮の妊娠を避けるためにも、避妊の知識はきちんと身につけるようにしましょう

  関連記事

不妊原因になりうる、性交障害について理解しておこう

晩婚化が進む現代の日本では、女性の第一子の出産年齢も上がっており、初産が高齢出産 …

卵胞刺激ホルモン(FSH)って妊娠にどう影響するの?対処法はある?

女性ホルモンにも様々な種類があり、脳下垂体から分泌されています。卵胞刺激ホルモン …

20〜30代で閉経してしまうことも!?早発閉経とは?原因や気になる妊娠について

女性の妊娠と出産には月経が深く関わっており、閉経までの年齢では妊娠、出産が可能と …

不妊の定義が変更になったって本当?その理由とは

2015年6月、日本産婦人科学会が、不妊症の定義を変更することを発表したことは、 …

女性特有の悩み、冷え性を解消すれば妊活もスムーズに?不妊治療時におすすめの冷え性対策!

女性の中には冷え性に悩む人がたくさんいます。冷え性だからとその症状と何となく付き …

精子と卵子には寿命があるって本当!?精子の質を上げて妊娠率を高めるコツとは?

妊娠を希望しているけれど、なかなか赤ちゃんができない…と悩んでいる人は数多くいま …

避妊だけじゃなかった!?子宮筋腫の改善策としても使用されているピルの効果は?保険適応なの?

一般的にピルというと、避妊目的で使用されるものだと認識されています。 最近は低容 …

低体温でも妊娠できる可能性はある?その改善策とは?

女性が基礎体温に関心を持つきっかけが妊活であるというケースは、予想以上に多いので …

妊娠できるの?頻発月経の原因はストレスや不規則な生活?治療はある?

不規則な生活が続いて身体も疲れ気味に。そんなときにくる予定のない生理が始まってビ …

ED治療薬シアリスの効果と副作用。持病がある人でも飲めるの?

昔は赤ちゃんができないと女性側だけに原因があると責められる時代でしたが、近年不妊 …