ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

不妊外来の長い待ち時間。有効な過ごし方が知りたい!

   

晩婚化が進む現代の日本では、不妊検査や治療を受けた経験のあるカップルの割合が、年々多くなっています。2010年に行われた第14回出生動向基本調査の結果をみると、6組に1組が不妊検査や治療を受けているという実情があるのです。

そのため、不妊治療に通う女性は少なくありません。人気の高い不妊外来は予約をしても長時間待たされることが当たり前のようです。そこで今回は、どうして不妊外来は待ち時間が長くなるのか、その時間を有効活用する方法について、お話しします。

どうして不妊外来は待ち時間が長いの?

不妊外来は予約制になっているのが基本です。予約時間に間に合うように患者さんは病院を訪れますが、それでも2~3時間待たされるのは珍しいことではありません。

その理由は診察するお医者さまの数が決まっていることや、患者さんが看護師さんやカウンセラーの方ではなくお医者さま自身に説明してもらうことを求めているからです。

検査や処置はほかの医療スタッフが代わることはできても、不妊原因は患者さんによってさまざまなので、その特殊性から説明する時間も長くなりがちです

また、患者さんが治療に関する相談や何か訴えをしたときに、時間だからと話を途中で遮るのは難しいものです。妊娠を諦めるという厳しい決断を迫られる患者さんがいることも考えると、効率優先で治療は行えないようです

長い待ち時間に妊活力をアップする方法はある?

不妊外来にきちんと通っていても待ち時間が長いことにイライラしたり、不満を感じていると、それが大きなストレスになって治療にも悪影響が及ぼしてしまう可能性があります

また、不妊外来のスタッフやほかの患者さんにとって、イライラを隠さないあなた自身を疎ましく思い、雰囲気を悪くしてしまうこともあるでしょう。

妊娠力をアップさせるためには、イライラや余計なストレスを感じないのが一番です。そう考えると不妊外来の待ち時間は長いことを前提に、それを楽しむ方法を見つけて実践してみるのがおすすめです。

不妊外来で診察を受けるときには、その後に仕事の予定や急ぎの用事を入れない、スマートフォンの携帯用充電器や替えのバッテリーを用意する。

待合室でできる仕事を持参する、空腹対策におやつやカロリーメイトなどを用意しておくなど、時間を有効活用できる準備をして出かけるのがベストです。

長い待ち時間を過ごすために便利なアイテムとは?

では不妊外来は待ち時間が長いことを前提に、その時間を有効活用できる便利なアイテムにはどんなものがあるのでしょうか。

その筆頭はやはり、スマートフォンです。FacebookやLINE、インターネット、ゲーム、読書など、スマートフォンが1台あれば、いろいろな楽しみ方ができます。

次に読書することです。文庫本であればそれほど荷物になりませんので、1~2冊入れておくと便利です。

そして仕事をすることです。ノートパソコンを持参して企画書作成などの仕事をしたり、資料を持参して目を通す、メールのやりとりをして業務の対応をすることができます。

不妊外来の待合室は案外静かなので「仕事がはかどる」という働く女性も多いといいます。

そして睡眠時間にあてることです。働く女性が増えているいま、通院時間を確保するために残業や休日出勤をするケースも少なくないので、疲労回復の時間と位置付けてもよさそうです

イライラするより時間を有効活用しよう!

不妊治療の実績が高いお医者さまになればなるほど、診てほしいと願う患者さんは増えています。そうした先生は一人ひとりに対して誠実に対応なさるものです。そのため予約時間通りに診察が進まず、長い時間待たされることは珍しくありません。

仕事と不妊治療を両立させている女性にとっては時間の捻出が難しく、負担に感じることもあるでしょう。

しかし自分の都合に合わせて不妊外来が対応してくれるわけではありません。そうした現状を踏まえて、時間を有効活用する方法を自分なりに探してみることをおすすめします。

  関連記事

不妊原因である精路通過障害の原因や症状、治療方法とは?

不妊症の原因の半分は男性によるものですが、その症状は様々です。「造精機能障害」や …

生理が長引いているのを放置しないで!「過長月経」と妊娠との関係は?

生理がいつもより長引く、少量の出血がだらだら続くなどの症状があると心配になります …

加味逍遥散は不妊に効果があるって本当?妊娠できる?

特に不妊原因をもっていなくても、なかなか赤ちゃんが授からないことに悩んでいる女性 …

不妊症の原因にもなる!若い女性に増えている多嚢胞性卵巣症候群について知っておこう

近頃、若い女性でも排卵障害に悩んでいる人が多いのは知っていますか?その中でも多嚢 …

妊娠は準備期間も大切!妊活中に心がけたいこととは?

可愛い我が子を健康に出産するためには、妊娠中だけ生活を改善すればよいわけではあり …

生理前のむくみは、あなただけの悩みじゃない!「生理前のむくみ」のお悩み大解決!

「生理が近くなると、顔がむくんで太って見える…。」「いつもより夕方の足のパンパン …

辛い生理痛を緩和してくれる漢方薬には、どんなものがあるの?

生理痛がひどくて、毎月の生理が憂鬱という女性は少なくありません。月に一度生理を迎 …

精子過剰症の人は精子の量が正常な人の倍!影響や治療法について教えて

精子過剰症というのは読んで字のごとく、精子が過剰に作られてしまう状態のことをいい …

不育症検査はどんなタイミングで受けるの?その内容は?

妊活に励んでもなかなか赤ちゃんを授からないときは、不妊症が疑われます。そして、妊 …

子宮附属器炎は早期発見&早期治療が大事!どんな病気?

子宮附属器炎とは、卵管や卵巣などの器官が細菌感染をおこし、炎症をおこす状態のこと …