ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

布ナプキンの魅力ってどんなこと?布ナプキンを知り、快適な生理期間を目指そう!

   

一度はトライしてみたいと思う「布ナプキン」ですが、何から揃えたらいいの?結構お金かかるし…と腰が重たくなっている方、多いのではないでしょうか。

布ナプキンには、ぜひ使ってみてほしいポイントがたくさん!今回は布ナプキンと紙ナプキンを比較しながら、オススメしたい理由について詳しくお話ししていきます。

さらに選ぶ際に抑えておきたいことについてもご紹介しますね。これを機会に今一度、ご自身の「ナプキン事情」について考えてみてはいかがでしょうか。

布ナプキンってどんなもの?紙ナプキンとの違いは?

布ナプキンとは、名前の通り「布から作られた生理用ナプキン」のことです。多くの布ナプキンは、コットン等の肌触りの良い生地を使用しています。敏感肌の方にも安心して使えそうですね。

一方で従来の紙ナプキンは吸収体や防漏材など複数の層からできており、経血の漏れがおこりにくいように作られています。「漏れない」ことを突き詰めていくと素材が自然由来ではなくなるため、肌に合わないという声も多く聞かれます。

なんといっても大きな違いは、使用後の取り扱い方法でしょう。紙ナプキンは使い捨てであるため、使用後はゴミとして処理されます。一方で布ナプキンは、「繰り返し使う」ものです

使用後は洗濯をして、再度しようすることが可能になります。一般的な紙ナプキンはドラッグストアなどで手軽に購入できますが、布ナプキンの場合は専門的に扱うショップで購入したり、ハンドメイドで自作するなど入手方法は多岐にわたります。

布ナプキンのメリット・デメリットは?

布ナプキンにはメリットがたくさんありますが、もちろんデメリットもあります。両方に目を向けてご自分のライフスタイルに合っているかどうか、総合的に判断してみて下さいね。

メリット

  • 生理用品のゴミが出ない
  • 長い目で見ると経済的!
  • 肌に優しい、かぶれにくい
  • 経血の量を把握しやすい
  • 温かい
  • 独特の臭いがしない
  • デザインの可愛らしさや手作りを楽しめる

デメリット

  • 布ナプキンは洗濯が必須
  • 一つあたりの価格が高め
  • 販売店が少なく、手軽に購入しにくい
  • ナプキンがずれやすい
  • 経血が漏れやすい
  • 厚さがあり、ごわつく
  • 外出先や旅先での交換が面倒
  • 処理を間違うと不衛生になることも

生理を快適に!布ナプキンがオススメな理由は?

先に布ナプキンのメリットとデメリットをご紹介しましたが、実はデメリットの方は布ナプキンに慣れてしまえば解決するものがほとんどです。

ここでは布ナプキンがオススメな理由について、より詳しくご説明していきますね。この理由を押さえて、布ナプキンに挑戦していきましょう。

臭わない!

生理中の紙ナプキンってなんだか独特のニオイがしませんか?実はあのニオイ、経血自体の臭いではありません。臭いの原因は紙ナプキン内での「蒸れ」です。

紙ナプキンの多くは、漏れにくくするためにビニール素材が使われています。ビニールで覆われると当然、内側はムレやすくなってしまいますよ。ナプキンに吸収された経血が蒸れることで、あの独特の「ニオイ」が発生するのです。

では布ナプキンの場合はどうなのか。布ナプキンは繊維の間から湿気が外に排出され、蒸れにくくなっています。そのため布ナプキンにすると血液の臭いはするけれど、あの嫌な臭いは抑えることができますよ。

かぶれにくい!

紙ナプキンのCMでも「かぶれにくい」という言葉をよく目にします。しかしながらナプキンが触れるのは肌が柔らかくデリケートな部分です。実際にはかぶれてしまったり、かゆくなったりすることに悩んでいる女性は多数います。

このかぶれや痒み、この原因も「蒸れ」だと言われています。湿度の高い環境では雑菌が繁殖しやすく、かぶれ・痒みを引きおこします。布ナプキンならば蒸れを防ぐことができ、この悩みを一瞬で解決できるかもしれませんね。

生理痛を緩和できる!規則的な生理周期もGET!

布ナプキンの利点として、「生理痛や生理周期の改善」を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。ホントなの?と疑ってしまいがちですが、実際に改善した方も多くいらっしゃるようです。

なぜ改善するのかというと、それは布ナプキンの「温かさ」が関係しています。子宮や骨盤周辺の冷えは、生理痛や生理周期に影響を与えます。

布ナプキンは布からできているため、下腹部に一枚多く重ね着しているような状態となり、子宮周辺を温めることが可能です

血のめぐりが良くなり、結果として生理痛の緩和や生理周期の改善がおこるのです。個人差がありますが、辛い生理痛や生理周期の乱れに悩む方は、試す価値あり!ですね。

ゴミを削減できる

紙ナプキンはゴミとして捨てていきます。一回の生理期間中のゴミの量は、結構多いものです。ゴミとして捨てると「汚いもの」のように意識してしまい、生理自体もネガティブなものになりがちです。

しかし布ナプキンなら経血の付いたナプキンは「ゴミ」ではなく、「洗濯して綺麗にするもの」となります。そのためゴミ自体を削減できるだけでなく、ご自分の生理に対するとらえ方も良いものになっていく傾向にあります。

なんといっても経済的!

布ナプキンは1枚1000円程度で販売されています。一見すると高く見え、揃えようと思うと初期投資に踏み出せない方も多いのではないでしょうか。もちろん1枚あたりの値段は、紙ナプキンとは天と地ほどの差があります。

1枚あたりは安い紙ナプキンですが、使い捨てるために生理のある限り購入し続けなければなりません。一方で布ナプキンは、一回購入すれば3~5年は使えると言われています。洗濯にかかるお金を含めても、最終的には布ナプキンが経済的なのです。

自分の体と向き合える

ゴミとしてパッと捨ててしまう紙ナプキンとは違い、布ナプキンの場合は経血の量や色をしっかりと観察するようになります。自分で洗濯していくうちに、経血自体も汚いものとは感じなくなっていきます。

経血の状態を自分の体のバロメーターとすることができるため、あんなに嫌だった生理期間も「大事なもの」になっていきますよ。生理を好きになれるって、とても素敵なことですね。

布ナプキンの選び方は?

一言に布ナプキンと言っても、さまざまな種類があります。布ナプキンを選ぶ際に抑えておきたいポイントをご紹介していきましょう。

交換型の布ナプキンがオススメ!

布ナプキンには、一体型と交換型があります。一体型の場合はズレにくいですが、厚みがあり乾きにくいです。交換型であれば、ホルダーと吸収させる部分を分けて洗濯でき、清潔に保つことができますよ。

ホルダーにウイング(羽)があるもの

ウイングが無いものは、フィット感がいまいちでズレてしまうことも。ショーツにしっかりと巻き込める長さのウイングがついているものを選びましょう。

ニット生地ではなく、リネン素材を

安価であるため、ニットやジャージ素材の布ナプキンも多く流通しています。ニットやジャージ素材は、経血の吸収を十分に行えず、横漏れしてしまうことも多々あります。

汚れが付着しにくいリネン素材で、多くの洗濯に耐えられるしっかりとした作りのものがベスト!

装飾は少なめ、リバーシブルが便利!

可愛らしさを追求するあまりレースが付いたものを選ぶと、洗濯が大変!なんてことも。飾りが少なく、両面使えるリバーシブルタイプがオススメです。

センターのステッチ(縫い目)は無い方がベター

ズレを防ぐために替えナプキン部分に入れられているステッチですが、これが入っているとナプキンに経血が浸透するスピードが必要以上に早くなってしまいます。センター部分にステッチが無いものがベターでしょう。

上手に使って快適な生理期間を過ごそう!

今回布ナプキンについてお話ししてきましたが、絶対に布ナプキンを使うべし!というわけではありません。運動をするとき、長時間替えられない時、旅行の時などは漏れにくい紙ナプキンを、ゆったり過ごしたいときは布ナプキンがおすすめです。

色々試しているうちに、ご自分に合った使い方を見つけられますよ。まずはナプキンのあり方を見直して、生理期間中にストレスを溜めないよう、快適に過ごせる方法を見つけてみて下さいね

  関連記事

月経異常の原因は排卵機能不全かもしれない!?気になる原因と治療法とは?

毎月やってくる月経。周期や経血に異常がなければ心配いりませんが、月経が止まってし …

子宮内膜の厚さ、正常値はどれくらい?厚くするためのポイントは?

不妊の原因は人それぞれではありますが、子宮内膜と呼ばれる部分が薄いために妊娠が成 …

奇形精子症と診断されたら自然妊娠はできないの?

不妊原因の半数は、男性側に問題があります。「奇形精子症」も、数ある男性不妊の原因 …

精巣に痛みを感じたら睾丸炎かも!?その原因と治療法とは?

生殖器に異変があっても、人にはいい出しにくいものです。そして、ある程度まで成長し …

不妊治療で効果的な生殖補助医療(ART)の種類や特徴について知っておこう

不妊治療を行っている方は「生殖補助医療(せいしょくほじょいりょう)」というものに …

病院へ行くべき?生理が止まらない原因と治療法

毎月やってくる生理ですが、人によってはPMS(月経前症候群)がひどく大変な思いを …

妊娠に影響を与える卵巣の病気にはどんなものがある?各病気の症状や治療法を知っておこう

卵巣は子宮から左右に伸びた先にある、そらまめのような形をした器官です。卵巣から女 …

月経治療改善のために使用されるノアルテンってどんな薬?その効果と副作用の問題は?

ホルモンに影響を受ける女性の身体ですが、長い一生のうちで時にはホルモン剤を服用す …

不妊検査って何をするの?受けるべきタイミングとは?

赤ちゃんが欲しくて妊活をがんばっているのに、なかなか授からないとしたら、不妊症の …

低温期が短いと問題があるの?卵胞期短縮症についても知りたい!

妊活を始めるにあたり、基礎体温をつけ始める女性が多いのではないでしょうか。基礎体 …