ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ママになっても辛いときがある!生理痛緩和に効果のある飲み物とは?

   

出産を経験すると、その後の生理痛が軽くなったと感じるママが多いものです。ですが中には、反対に生理痛が悪化したと感じるママもいます。その原因は、慣れない育児へのストレスや、妊娠・出産で骨盤が歪むことなどさまざまです。

そこで今回は、生理痛がおこるメカニズムや、生理痛緩和に効果のある飲み物、生理痛があるときに避けた方がよい飲み物について、お話しします。飲み物を変えるのは難しいことではないので、生理痛がひどいとき、ぜひ実践してみてください。

なぜ生理痛はおこるの?

まず、生理痛がおこるメカニズムについて、説明しましょう。生理痛には個人差がありますが、その原因はいろいろあります。

まず、プロスタグランジンという女性ホルモンが過剰に分泌されることです。プロスタグランジンは子宮収縮を促すことで、経血を体外にスムーズに押し出してくれます。

ですが、陣痛促進剤にも使われる成分なので、分泌量が多くなると陣痛に似た痛みを引きおこします。

また、プロスタグランジンには血管収縮作用や痛みを強める働きもあるので、頭痛や肩こり、腰痛、冷え、だるさ、胃腸の痛み、吐き気などを誘発してしまいます。

次に、冷えなどにより血行不良がおこっていることです。これは冷房などの空調だけでなく、下着やピッタリとしたジーンズなど身体を締め付ける服装、長時間同じ姿勢で仕事をするなどことでおこります。

全身の血行が悪くなると、生理痛もひどくなるのです。同様に、血管を収縮させる喫煙の習慣は、血行不良につながります、

このほかにも、緊張やストレス、病気などが原因で、生理痛がひどくなるといわれています。

生理痛緩和に効果のある飲み物とは?

生理痛がひどくても、できれば薬は飲みたくないと考えるママも多いことでしょう。そんなときに試してほしいのが、生理痛緩和に役立つといわれる飲み物を飲むことです。

まず、生理中には冷たい飲み物をできるだけ控え、身体を温めてくれる飲み物を飲むのが基本です。これは、東洋医学でいう「瘀血」という状態を解消してくれるからです。生理中は、温かいハーブティーや杜仲茶を飲むのがおすすめです

どうしても冷たい飲み物が欲しいときは、ミネラルウォーターか麦茶を飲むようにしましょう。

ハーブティーの中でも、特に生理痛緩和に効果的なのが、身体を温めてくれる「ジンジャー」、利用作用がありむくみを改善する「ローズヒップ」

胃腸の働きをサポートして瘀血の改善を促す「カモミール」、吐き気や痛み、めまいを和らげてくれる「ペパーミント」などがおすすめです。

生理痛緩和にNGの飲み物もあるの?

では、生理中に飲むのを避けた方がよい飲み物もあるのでしょうか。

まず、身体を冷やすカフェインです。カフェインには血管を収縮させる作用があるので、全身の血流を悪くしてしまいます。これは、温かい状態で飲んでも同じです。

そのため、コーヒーや紅茶、日本茶などは、生理中には飲み過ぎないように気をつけましょう。

また、砂糖を摂りすぎると血糖値が上がり、それを下げるためにインスリンが過剰に分泌されます。

その結果、低血糖になることで手足が冷え、イライラするなど精神的にも悪影響が及ぶことがあります。そのため、砂糖がたくさん含まれた清涼飲料水や缶コーヒーなどは避けた方が無難です。

そして、アルコールは少量だと血行を促進してくれますが、生理中は肝機能がいつものように働かないので酔いやすく、あまりおすすめはできません。どうしても飲む場合は、燗の日本酒か梅酒を選びましょう。

身体を温めることを意識しよう!

生理中に身体が冷え、血行不良になると、どうしても生理痛がひどくなりがちです。それを避けるためには、カフェインや砂糖を控えるとともに、身体を温めてくれる飲み物を飲むことが大事なのです。

温かいハーブティーをおすすめするのは、身体を温めるだけでなく、香りによるリラックス効果があり、ノンカフェインなので安眠作用が期待できるからです。

生理中に食欲がないときには、温かい野菜スープなどを食べると、便秘の予防にもつながります。その際、豆乳など女性ホルモンの働きに似た作用をもつ食材を取り入れると、より効果があがるはずです。

  関連記事

子宮癌の原因や症状を正しく知って、早期発見・早期治療を心がけよう!

女性特有の病気である子宮癌。以前は欧米の女性に多くみられる癌と言われてきましたが …

生理前の白いおりものはなぜ出るの?病気との見分け方とは?

おりものは誰でも出るものですが、その状態は様々に変化します。生理前に白いおりもの …

月経以外の出血は機能性子宮出血の可能性も!原因や治療法は?

機能性子宮出血というのはホルモンの濃度に何らかの異常が現れた際に発生する出血のこ …

男性が高齢だと男の子が生まれにくいって本当?

日本には「高齢出産」という言葉があり、35歳以上で出産する女性は、ここに分類され …

不妊治療薬として使われる、プロベラの効果と副作用のこと

女性ホルモンのバランスが崩れると、排卵や生理周期に影響を及ぼします。そのため、不 …

妊娠に大切な「卵胞期」その間気をつけること4つ

女性の体の中で卵胞が成長する時期が「卵胞期」です。生理が始まってから排卵がおきる …

検診で子宮頸がん疑い!妊娠はいつできる?

妊婦健診や健康診断のための検診で、子宮頸がんの疑いがあると告げられる女性が少なか …

ED治療薬レビトラは効果ある?バイアグラとの違いや保険は適用されるの?

EDとは男性の勃起障害を指します。何らかの原因により勃起障害がおこると、男性不妊 …

妊活する時に女性ホルモン剤は必要?その種類と効果とは

女性ホルモン剤は、生理不順や婦人科系疾患の治療でも処方されるものですが、実は妊活 …

生理前や生理中に冷えを感じるのはどうして?その対処法とは?

女性の身体は男性と比べると筋肉が少ないため、どうしても冷えやすいものです。そして …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss