ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの酷い咳き込みの際に家で出来るケアや病院へかかる目安とは?

   

baby-696981_640

まだ体の小さな赤ちゃんがゲホゲホと長く咳き込んでいると、親としては非常に心配になりますよね。

赤ちゃんの体はとてもデリケートなので、咳などをおこしやすいことも多いです。その辛い咳の症状をどうにか対処してあげたいと考えますが、自宅でのケア方法や病院に行く目安など、気になる点はいくつかあります。

そこで今回は赤ちゃんの咳がひどい時の原因や、自宅で出来る対処法や、病院へかかるかどうかの目安などをご紹介します。

そもそもどうして赤ちゃんは咳き込んでしまうのか

生後6ヵ月くらいまではママの免疫が赤ちゃんの体内に移行しているので、風邪などは引きにくいといわれています。しかしママの免疫があっても感染してしまうウイルスや、免疫のない病気などもあります。

また赤ちゃんはちょっとしたほこりなどの影響を受けて咳き込んでしまうこともあるのです。特に夜中は赤ちゃんの咳がひどくなる傾向があります

夜になると副交感神経の働きが活発になるのですが、副交感神経は体の緊張をほぐす役割を果たしており、喉や気管支、鼻腔などの粘膜の緊張も一緒に緩むことで咳が出やすくなってしまうのです。

特にひどい時はどうしたらいいの?病気の可能性はある?

赤ちゃんの咳がひどい時は、まず咳の種類を確認してみましょう。

  • コンコンというような乾いた感じの咳(乾性咳嗽)
  • ゴホンゴホンと痰の絡んだような咳(湿性咳嗽)
  • ケンケンと犬の鳴くような音がする咳(犬吠様咳嗽)

乾いた咳の場合には、ちょっとしたほこりや乾燥、軽い風邪が原因かもしれませんが、痰の絡んだような咳の場合には、病気のかかり始めの可能性があります

また犬吠様咳嗽の場合はクループ症候群の恐れがありますので、速やかに医師にかかりましょう。

赤ちゃんがケンケンという咳をしたらクループ症候群の可能性が!

咳が出る病気としては肺炎、気管支炎、ぜんそく、副鼻腔炎などがあります。病気かもしれないと判断する目安は後術で詳しく確認してみましょう。

子どもが肺炎になる原因と治療法は?入院が必要?かかる費用の目安は?

自宅で出来る赤ちゃんのケア

e0e4d7503bada7a7ea404ee6df99bb8c_s

咳が出てしまっている赤ちゃんは非常にツラく、不安に思っています。まずはしっかりと抱きしめて安心させてあげましょう。そして以下のようなケアを試してみてください。

部屋を暖かくし、湿度を上げる

寒いと血管が縮まってしまうので咳が出やすくなります。また乾燥も喉の大敵なので、加湿器などを使用してあげましょう。

鼻づまりをとる

鼻水吸引器や綿棒などで鼻の通りをよくしてあげましょう。頭を高くするのも効果があるので、寝ぐずりがひどい時などは縦抱きをしてあげると一時的にでも落ち着いて眠ってくれるかもしれません。

もう嫌がらない!赤ちゃんの鼻水吸引器の使い方とコツとは?

お湯を飲ませる

喉を直接温め、潤してくれるので効果があります。哺乳瓶などで40度くらいのお湯を飲ませてあげましょう。

また咳止めシロップなどの市販薬もありますが、月齢の低い赤ちゃんの場合には自己判断せずに様子を見て病院で処方された場合にのみ薬をあげたほうがよいでしょう。

病院の処方箋はしっかり成分表記を確認しよう!

2017年6月に咳止めシロップに含まれるコデインといった成分を12歳未満の子どもへ使用した場合、呼吸困難などの副作用がおこる可能性が高いと厚生労働省で発表されました。

そのため厚生労働省では製薬会社や医療現場で児童に対するコデインの使用禁止を呼び掛けており、2019年から本格的に12歳未満への使用禁止が適用されます。

しかし2019年から正式に禁止されることから病院の薬であっても、万が一コデインが含まれているものを処方される可能性があります。ですから処方箋においても、しっかりと成分表記を確認することを心掛けましょう。

こんな時は病院へ!

あまりにも赤ちゃんの咳がひどいと心配になりますよね。もし以下のような症状の場合には、夜間でも病院へ連れていように心がることが大切です。

しかし、どういった症状の場合には病院へ連れていくべきなのでしょうか。以下の項目でその症状を確認してみましょう。

  • 咳以外にも高熱の症状がある
  • ゼーゼー、ヒューヒューといった音がしている
  • ケンケンといった、犬の鳴き声のような咳が出ている
  • 呼吸のたびに肋骨の間や鎖骨が凹むという呼吸困難の症状が出ている
  • 酸素不足によって顔面が青白くなっている
  • 異様にぼんやりしているなど、意識障害が出ている

また上記のような緊急性のある症状ではなくても、痰が絡む咳が出ている、乾いた咳が3日以上続いている、などの場合には一度小児科を受診しましょう。

赤ちゃんの咳は何らかの病気のサインかもしれません

大人と違って赤ちゃんの咳は治りづらかったり、小さいからこそかかってしまう病気のサインだったりすることが多くあります。まずは自宅で行えるケア方法を実践して、赤ちゃんの咳を解消してあげることが大切です。

しかし本当に軽い咳であれば問題ないことがほとんどですが、普段との様子を比べてみて不安であれば小児科にかかるのが一番安心ですね。

そして上記でも紹介したように、コデインといった成分により幼い子供に副作用をおこす可能性もあります。処方箋の場合でも成分確認を行い、ママとパパがしっかりと赤ちゃんの健康をサポートしてあげましょう。

  関連記事

新生児に枕は必要?使用するメリットや適切な選び方とは

マタニティ時期はママとパパにとってベビー用品を選ぶことは楽しみの一つですね。 で …

感染症の一つとして知られるマイコプラズマ肺炎とは?感染率や気になる症状・治療法は?

マイコプラズマ肺炎は、初期症状は風邪のような症状が出るため、ただの風邪と勘違いし …

ベビートークをすると赤ちゃんの知能が発達するって本当?そのポイントとは?

みなさんは「ベビートーク」という言葉を、知っていますか?いま、ママやパパがベビー …

もう嫌がらない!赤ちゃんの鼻水吸引器の使い方とコツとは?

風邪を引いて鼻が詰まっている赤ちゃんを見るだけでママも辛いですよね。赤ちゃんの鼻 …

赤ちゃんのへそが赤いのは臍肉芽腫だから?その原因と治療法は?

新生児は、へその緒(臍帯)がついたままなので、入浴の後のおへその掃除が緊張すると …

手作りしてみよう!保育園や幼稚園準備に必要な雑巾の作り方

お子さんが保育園や幼稚園に通うとなると持たせるものの準備が必要になってきますよね …

赤ちゃんの聴力検査(聴覚スクリーニング)でわかることは?その方法は?

出産が終わって退院するまでの間に、体調をチェックされるのは、ママだけではありませ …

BCGワクチンは何のために接種するの?時期と効果は?

母子手帳をみるとわかるように、赤ちゃんには受けるべき予防接種がいくつかあります。 …

早期の治療が必須!赤ちゃんにもおこりうる「急性腹膜炎」の基礎知識

皆さんは「急性腹膜炎」という病名を聞いたことがありますか?急性腹膜炎は、急性虫垂 …

ベビーカーで電車移動を行うときに気をつけたい、マナーと注意点について

赤ちゃんを連れて外出するときに、ベビーカーを利用するママやパパが多いです。ですが …