ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供がタオルを離さないのは問題?その心理と対処法は?

   

502e129fa07d87bdecad5801a4edb704_s

2歳前後の子供が、お気に入りのタオルや毛布、ぬいぐるみなどを手放せず、移動のたびに肌身離さず持ち歩くことが、よくあります。

家の中であれば、ある程度、大目に見ることができても、外出先まで持って行こうとするのは困るというママも多いのではないでしょうか。ですが、子供からそれらを取り上げようとすると、大声で泣きわめき、余計に執着することも少なくありません。

そこで今回は、なぜ子供がタオルなどを離さないのか、その原因や対処法について、お話しします。

子供がタオルを離さない「ブランケット症候群」とは何か

子供がお気に入りのタオルや毛布、ぬいぐるみなどを手放さない状態を、「ブランケット症候群」といいます。

日本でも人気のスヌーピーに出てくるキャラクターが、いつも毛布を持ち歩いていることから、「ライナス症候群」といわれることもあります。

症候群という文字がつくと、病気なのではないかと思うママもいそうですが、これは成長の過程でおこる、健全な現象なので心配ありません。そのため、基本的には治療することもないのです。

こうした、乳幼児がこだわる特定のもののことを、「移行対象」といいます

それまではママに密着した世界にいた子供が、外界に適応しようとするときに、みられる状態なのです。そのため、赤ちゃんのときからずっと使っているものが、移行対象になりやすいのです。

ブランケット症候群になる原因は?

赤ちゃんがいる世界は、自分が泣くことでママが要求を満たしてくれるので、全能感に満ちたものでした。

ですが、子供が成長するにつれ、現実世界を知るようになり、少しずつ外界に適応しようとします。全能感を失う寂しさや恐れと、外界に対してふくらむ好奇心と不安という、両極端な感情をもつときに、移行対象を必要とするのです。

移行対象をもつことで、ママに守られている安心感と同じような気持ちを感じることができるといいます。

つまり、子供が不安やストレスを感じたときに、移行対象を持ち歩くことで、それらを解消するために、ブランケット症候群になるのです。子供が成長する過程で、誰にでもおこりうることなので、必要以上に心配することはありません

ブランケット症候群はいつまで続く?対処法は?

ブランケット症候群がいつまで続くかには、個人差があります。

幼稚園入園など、大きな節目があったときに、あっという間に手放す子供もいれば、いつまでも移行対象を持ち歩く子供もいます。また、子供が成長し、夢中になれる遊びやたくさんの友だちに出会い、いろいろな経験をするうちに、突然、執着しなくなるケースもあります。

中には、持ち歩くことはなくても、自分の部屋にいつまでも、お気に入りのタオルや毛布、ぬいぐるみを置き続ける子供もいますが、無理に卒業させることはありません。心の拠り所があることで、精神的に安定するなら、わざわざ治療をする必要はないのです。

唯一の対処法は、黙って見守ってあげること、覚えておきましょう。

子供がタオルを自然に離すまで、見守ってあげよう

04486f31f338af6e4baf7891831bed7d_s

移行対象の意味を理解すると、自分が子供と関わる時間を増やして、タオルや毛布、ぬいぐるみなどを持ち歩かずに済むようにしたいと、考えるママもいるかもしれません。

ですが、ブランケット症候群は、子供が自立に向かって歩き始めたから、おこる現象です。

一時的なものであると理解して、子供の気持ちを尊重してあげましょう。無理に移行対象から卒業させようとするのではなく、自然に卒業するのを待ってあげてください。

そして、ママは子供にとって常に、いつでも帰れる安全基地として、温かく見守ってあげましょうママの側にきたら優しく抱きしめ、「大丈夫。怖くないよ」と伝えてあげれば、子供はまた外界に目を向けます。

  関連記事

子どもの睡眠障害の原因は何?症状や治療法、受診の目安が知りたい!

子どもの健やかな成長には早寝早おきが重要なことは、ママであれば誰でも知っています …

2歳6ヵ月のこどものオムツが取れない、落ち着きがないけど大丈夫?などの心配ごとについて解説します

2歳6ヵ月になると、自分の思うように身体を動かせるようになり、社会性も育まれるた …

子どもが頭を打ったときに確認することは?その手順と病院へ行く基準

子育てをしていて、ケガは避けられないものの一つです。2歳児はまだまだ、転ぶことも …

2歳3ヵ月のこどもの食事量、体重、同じ月齢の女の子よりも男の子の言葉が遅い!?などについてまとめました

通常の乳幼児健診は、1歳6ヵ月と3歳なので、2歳児健診を受けていない子どもも少な …

子どもの蕁麻疹はどう対処したらいい?病院には行くべき?

子どもの皮膚は大人より薄く、デリケートなので、湿疹が出ることはよくあります。そし …

散らかりがちな子育て中の掃除を楽にするコツとは?

子どもができると、家事の手間が倍増します。洗濯ものが増えるのは当然として、実はな …

子どもの鼻血が頻繁なのは病気のせい?その原因と解消法は?

2歳児はまだ、自分で思っているように身体が動かせませんし、注意力が散漫なのでよく …

子どもの視力回復は可能なの?家でできる方法とは?

近年、子どもの視力低下が問題になっており、そのほとんどは「強度近視」という強い近 …

no image
実はその症状場面緘黙症かも!極度の人見知りと勘違いしやすいその実態とは?

子供には個人差があり、人懐っこい子もいれば人見知りの子もいます。人見知りの子でも …

扁桃腺肥大ってどんな病気?手術が必要ってホントなの?

子どもの突然の発熱の原因として、扁桃腺炎があげられますが扁桃腺炎を繰り返すことで …