ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもが朝ごはんで摂りたい栄養素とは?コツはあるの?

   

6b392db7692d111da4e11163605ed724_s

子どもの健やかな成長には、規則正しい生活が不可欠です。早寝・早おきとともに重要なのが食生活で、中でも朝ごはんを食べる習慣をきちんとつける必要があります。

そして、朝ごはんは何を食べさせてもよいわけではありません。朝ごはんのメニューによって、子どもの体温や脳の活性化に大きく影響するからです。

そこで今回は、子どもが朝ごはんで摂りたい栄養素とは何か、メニューを考えるときのポイント、手間をかけずに用意するコツなどについて、お話しします。

朝ごはんが子どもに大切な理由とは?

人間は眠っているとき、体温が下がります。おきてから少しずつ体温が上がることで、脳や身体が目覚め、活発に動けるという生体リズムが備わっています。朝ごはんは、体温を上げる役割を担っており、しっかり食べることで、脳にエネルギーをチャージします

人間の脳はブドウ糖をエネルギー源としており、これが不足するとその働きが低下します。睡眠中にブドウ糖が使われているため、朝おきたときには不足してしるので、朝ごはんでそれを補う必要があるのです。

また、子どもに限らず、午前中に脳が活発に活動することで、やる気や集中力が高まります。これは、学習能力を上げることにもつながるのです。さらに、しっかり噛んで食べることで、脳の血流がアップすると、学習能力も向上します。

子どもが朝ごはんで摂りたい栄養素って何?

栄養士や保健師の方が子どもに食べさせたい食事について説明するとき、「まごわやさしい」という分類を教えてくれることが多いです。「ま」は豆類、「ご」はごまや栗、「わ」はわかめやのりなどの海藻類、「や」は野菜と果物、「さ」は魚や貝類、「し」はしいたけなどのキノコ類、「い」はいも類を指します。

とはいえ、忙しい朝にこのすべての食材を使ってメニューを組み立てるのは大変です。そこで、朝ごはんのメニューには、エネルギー源となる炭水化物に、たんぱく質か脂質のどちらか、ビタミンかミネラルのどちらかを組み合わせ、3種類の栄養を摂ることを心がけましょう。この3つの栄養素が含まれていれば、必要な栄養素を簡単に摂ることができます。

子どもの朝ごはんのメニューのポイントは?

何も食べずに活動を始めるよりは、朝ごはんにおにぎりや菓子パンを食べる方がよいのは事実です。ですが、主食だけの朝ごはんでは栄養素が足りないので、脳が活性化しにくいのです。

そこで、子どもの朝ごはんを用意するときには、ごはんやパン、麺などの炭水化物に、肉や魚、卵、大豆を使った主菜、野菜やきのこ、いも、海藻を使った副菜、牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品、デザートの果物を組み合わせてあげることをおすすめします。

和食なら、ごはんに納豆、わかめのお味噌汁、チーズ、りんごで、栄養素がカバーできます。洋食なら、トーストにオムレツ、野菜スープ、バナナをきってヨーグルトをかけたものを用意すればOKです。品数は多くても、簡単にできるものを組み合わせてみましょう。

レトルト食品も活用し、手間をかけずに用意しよう!

a76ab6be47ec58397f6e07256efdda89_s

特に働くママの場合は、保育園に連れて行く前に、2歳児に朝ごはんを食べさせるだけでも一苦労なはずです。そのため、朝ごはんは手間をかけずに用意できるように、準備しておくことをおすすめします。

前日のうちにブロッコリーを茹でる、レタスをちぎる、ミニトマトのヘタをとる、おにぎりをつくって冷蔵しておくなどの下準備をしておくと、盛り付けたり温めるだけで、朝ごはんになります。また、野菜スープはレトルトやインスタント食品を用意しておき、それにアレンジを加えれば、簡単に一品出来上がりです。

まずは、ママができる範囲で、朝ごはんをつくることから始めてみてください。

  関連記事

子どもが肺炎になる原因と治療法は?入院が必要?かかる費用の目安は?

子どもは大人と比べると免疫力が弱く、細菌やウイルスに感染しやすいので、風邪をひき …

子どもの「試し行動」には理由がある!試し行動の理由と対応を徹底解説!

子どもが親の顔色を伺いながら逃げる、噛み付くといった様子を見たことはありませんか …

子どもの蕁麻疹はどう対処したらいい?病院には行くべき?

子どもの皮膚は大人より薄く、デリケートなので、湿疹が出ることはよくあります。そし …

子どもの絵から深層心理を読み解ける?アートセラピーの魅力とは?

みなさんは、最近話題の「アートセラピー」のことを知っていますか?アートセラピーと …

子供の中耳炎はうつる?保育園には行けるの?

人間の耳には、鼓膜の奥に「中耳」と呼ばれる器官があります。中耳炎とは、この中耳に …

子どもの天然パーマはコンプレックスになる?原因や直毛への方法とは?

ふんわりとくるくるとした子どもの天然パーマは、大人からみたらとても可愛いらしい姿 …

2歳の子供が腹痛になったときの原因は?対処法と病院に行くタイミングが知りたい!

子供は消化器官が未熟なこともあり、よく腹痛を訴えます。とはいえ、腹痛がおこる原因 …

子どもを虫歯から守るために。口内環境を整える食べ物とは?

歯の健康は、みなさんが考えている以上に、全身にさまざまな影響を与えます。食事をき …

赤ちゃんの癇癪を治す!ポイントは食事にアリ!

赤ちゃんの癇癪に悩んでいるママは多いと思います。癇癪の種類もいろいろで、ギャーギ …

子どもが乗り物酔いするときの対策とは?薬を飲ませた方がいい?

乳幼児がいるとお出かけや旅行をする際に、公共交通機関を使うと周囲に気を使うことが …