ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

2歳児でも成長痛になるの?その原因と対処法とは?

   

941927efa0f858654aba162bbadf0bb9_s

2歳児が夜中に泣きだし、足の痛みを訴えることがあります。泣くほどの痛みがあるのは、何か異常がおこっているのでは?と、不安に思うママもいると思いますが、痛みを訴えるのが一時的な場合は、「成長痛」と考えられます

とはいえ、「2歳児が成長痛?」と驚くママもいそうです。そこで今回は、成長痛とは何か、その原因や症状、対処法について、お話しします。病気の前兆の場合もあるので、よく経過観察してあげてくださいね。

成長痛って何?どんな症状が出るの?

そもそも成長痛とは、子どもの身体が急に成長する時期に、足周辺におこる痛みのことをいいます。

3歳から小学生くらいの子どもによくみられ、片足あるいは両足の膝やかかと、足首、ふくらはぎなどの痛みを訴えます。子どもは歩くのを嫌がるほどの痛みを訴えていても、該当する部分が腫れる、炎症をおこすということはありません

日中よりも夕方から夜にかけて痛みを訴えることが多く、翌日には治まります。成長痛は月に数回あらわれ、長いと1~2年程度続くことがあります。

女の子にみられることが多く、この時期の4分の1の子どもに発症するといわれています。

痛む頻度や痛みの強さには個人差がありますが、成長とともに自然になくなります。

成長痛になる原因は?

成長痛は、さまざまな原因でおこります。

筋肉の疲労

まず、筋肉の疲労です。子どもの筋肉や骨、関節は、まだ十分に発達していません。その状態で活発に動くので、疲労がたまりやすいのです。そうした疲労感を、痛みとして訴えます。

精神的なストレス

次に、精神的なストレスです。弟や妹が産まれたり、ママが仕事を再開したり、保育園や幼稚園のプレスクールに入園するなど、2歳児を取り巻く環境が変化し、それがストレスになることで、甘えたいという欲求から、成長痛を訴えることがあります

そして、成長痛だと思っていたら病気だったというケースもあります。

「オスグッド病」という、膝のお皿の下の骨が突き出す病気のときは、1日たっても痛みが消えることがないので、病院に連れて行ってあげましょう。

成長痛の対処法は?

成長痛は、治療を必要としない症状です。そのため、自宅でのケアで対処することになります。

まず、外遊びや運動の前には、ストレッチをさせる習慣をつけましょう。足に疲れが残りにくくなります。

また、2歳児が成長痛を訴えたときには、該当する部分を温シップで温める、マッサージをする、必要に応じてテーピングやサポーターで固定するのもおすすめです。

筋肉疲労の可能性が高いときには、該当する部分をアイスノンなどで冷やしてあげると、筋肉の炎症が抑えられます。

本来は成長痛は自然に治るものですが、ママにケアしてもらったという安心感で、症状が改善されることがあります。

とはいえ、成長痛がおこる頻度が多い、痛みが長引く、日中も痛がる、痛みが強くなっているという症状を伴うときには、別な病気の可能性があります。一度、病院で検査を受けることをおすすめします

成長痛のある2歳児とはスキンシップを心がけて!

55a1c43b9c358ed62cce9ed8b58120a0_s

2歳児に成長痛がみられる場合、肉体疲労に加えて、「甘えたい」「構ってほしい」という気持ちのあらわれであることが多いものです。

成長痛がみられるときには、足に負担のかかることを控えるとともに、「大丈夫よ」とママやパパが声をかけ、不安を和らげてあげることが大事です。痛がるときだけでなく、日中も抱っこする、抱きしめるなどのスキンシップを増やすと、気持ちが安定して成長痛が出にくくなることがあります。

特に、子どもにとって大きな環境の変化があったときには、意識してスキンシップをしてあげましょう。

  関連記事

子どもの頭痛の原因はさまざま!病気の可能性もあるので注意が必要!

我が子が「頭が痛い」と言ったとき、ママは真っ先に風邪の症状を疑うのではないでしょ …

お子様ランチはいつからOK?食べるときの注意点はある?

子どもも2歳になると、外食する機会が増えるはずです。それまでは、ママやパパの料理 …

子どもの瞼の腫れの原因は病気?その対処法とは?

前日までは何でもなかったのに、朝子どもをおこしたら瞼が腫れていて驚いた経験をもつ …

子供の虫歯ケアはどうしたらいい?キシリトールは効果があるの?

赤ちゃんが生後5~8カ月を過ぎると、歯ぐずりがみられるようになり、やがて乳歯が生 …

子どもの睡眠障害の原因は何?症状や治療法、受診の目安が知りたい!

子どもの健やかな成長には早寝早おきが重要なことは、ママであれば誰でも知っています …

先天性の障害と言われる広汎性発達障害は遺伝する?その症状と治療法は?

広汎性発達障害は発達障害の分類のひとつです。特徴的なのは社会性やコミュニケーショ …

おむつが外れる年齢がどんどん高くなってるその理由とは?

子どもが少し大きくなってくるとママたちが気になってくるのがおむつ外しのことです。 …

おしゃぶり昆布は、どうして赤ちゃんのおやつにおすすめなの?与え方のポイントは?

大人でも口が淋しいときに、「おしゃぶり昆布」を口にすることがあると思います。実は …

子どもが内股のときは矯正が必要?その原因と対処法とは?

一人で歩けるようになった子どもを後ろから見ていると、何だかバランスが悪いと思うマ …

2歳6ヵ月のこどものオムツが取れない、落ち着きがないけど大丈夫?などの心配ごとについて解説します

2歳6ヵ月になると、自分の思うように身体を動かせるようになり、社会性も育まれるた …