ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもが視力低下する原因とは?幼児でもメガネは必要?

   

ca9af9ce363329834e35581922618bc4_s
近年、視力低下する子どもが増え続けており、中学生で裸眼の視力が1.0未満の子どもは全体の半数に及ぶといわれています。

30年前は30%しかいなかったことを思えば、急激なスピードで視力低下する子どもが増えているといわざるをえません。この背景には子どもを取り巻く生活環境の変化も影響しているようです。

そこで今回は、子どもが視力低下してしまう原因や、視力を回復する可能性はあるのか、幼児でもメガネをかけさせた方がよいのか、についてお話しします。

子どもの視力が低下する原因とは?

そもそも人間の目には、水晶体と呼ばれるカメラのレンズのような働きを担う部分があり、それが膨らんだり縮んだりすることで網膜にピントと合わせています。この調節が上手にできなくなると遠くがぼやけて見えるようになります。これを近視といいます。

子どもの視力低下というと両親からの遺伝的要因を思い浮かべる人が多いのですが、実際には全体の5%程度しかいません。

多くの原因としては、テレビやゲーム機、スマートフォンの画面や、小説やマンガなどを長時間見続けることで、目のレンズの調節機能が低下することが考えられています。

また近年は、「心因性視力障害」という、ストレスが原因でおこる視力低下もあります。心因性視力障害は一時的な現象なので、点眼薬をさすことで視力が改善されることがあります。まずは、眼科医に相談しましょう。

子どもは視力回復できる可能性がある

子どもの視力が低下しても、仮性近視の状態の場合は視力回復トレーニングを行うことで視力が戻る可能性があります。

遠近トレーニング

「遠近トレーニング」という遠くと近くのものを交互に見る方法。

明暗トレーニング

「明暗トレーニング」という目の前を明るくしたり暗くすることで、毛様体筋を鍛える方法、遠くの緑を見るなどが有効とされています。

また、テレビやゲーム機、スマートフォンの使用時間を決め、読書するときは正しい姿勢を心がける。目を酷使しない時間を設けるなど、生活習慣を改善するのも効果的です。

子どもが遠くのものを見るときに、眼を細めているようなら近視になっている可能性があります。まず、眼科に連れて行き、視力検査をしたうえで、お医者さまと方法を検討しましょう。

子どもにメガネが必要なケースとは?

子どもが小さいうちは視力が下がっても、メガネをかけることを躊躇するパパやママが多いようです。

その背景には幼少期からメガネをかけると視力低下が進むという通説があるようですが、その話には医学的根拠はありません。むしろ、近視が進行している場合には適切なメガネをかけることで、目の負担を軽減することができます。

子どもがメガネをかける目安としては小学生以下の場合は裸眼の視力が0.5以下中学生になったら場合は0.7以下が目安です。ですが、左右の視力差が大きい場合斜視の可能性がある場合は、早めにメガネをかける必要があるとされています。

まずは眼科できちんと視力検査を受け、どう対処すべきかを、お医者さまにきちんと相談しましょう。

眼科医ともよく話し合って、メガネの着用を検討しよう

cb0f8e9694c25dc10df82f7167c4e8bd_s

子どもが小さいうちはメガネをかけると不便なことも多いですが、視力回復トレーニングを続けても効果がみられない場合はメガネの着用を検討することをおすすめします。

というのも、メガネをかけないことでかえって視力低下が進んだり、目つきが悪くなることがあるからです。

現代ではキッズ向けのメガネ専門店が増えていますので、我が子にあったメガネを探すのはそれほど難しくありません。眼科のお医者さまとも相談のうえで、メガネやコンタクトレンズを着用するタイミングをジャッジしましょう。

  関連記事

2歳9ヵ月のこどもの言葉の発音が気になる…。発達課題って何?などの疑問について解説します

2歳を過ぎると、二語文や三語文が理解できるようになり、自分でも話し始める子どもが …

2歳児の反抗期はいつまで続く?その対処法とは?

2歳児といえば「魔のイヤイヤ期」と呼ばれる、第一次反抗期を迎える年齢です。まだ、 …

先天性の障害と言われる広汎性発達障害は遺伝する?その症状と治療法は?

広汎性発達障害は発達障害の分類のひとつです。特徴的なのは社会性やコミュニケーショ …

子どもが頭を打ったときに確認することは?その手順と病院へ行く基準

子育てをしていて、ケガは避けられないものの一つです。2歳児はまだまだ、転ぶことも …

子どもは風邪をひくと目やにが増えるって本当?鼻水や高熱があるのは別の病気なの?

風邪をひいた大人が、目やにに悩まされることはありません。ですが、子どもが風邪をひ …

子どもの視力回復は可能なの?家でできる方法とは?

近年、子どもの視力低下が問題になっており、そのほとんどは「強度近視」という強い近 …

咳止めにパイナップルが効果アリって本当?おすすめレシピとは?

皆さんは子どもの咳止めにパイナップルが効果的であることをご存知でしょうか。子ども …

2歳の子供に有効な咳止めの方法はあるの?

季節の変わり目や乾燥が続く時期に、子供はどうしても風邪をひきやすくなります。その …

喘息と何が違うの?慢性気管支炎の原因と症状・治療法をご紹介します。

小さな子どもは気管支がまだ狭く弱いため、ちょっとした刺激で咳や鼻水が出やすくなっ …

2歳6ヵ月のこどものオムツが取れない、落ち着きがないけど大丈夫?などの心配ごとについて解説します

2歳6ヵ月になると、自分の思うように身体を動かせるようになり、社会性も育まれるた …