ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供服についた食べ物のシミを落とす方法はあるの?

   

new_syokuji_yogore

子供が自分で物を食べるようになると、子供服を汚すことが増えます。食べ物の汚れはシミになりやすいので、落とす方法を身につけておくと便利です。そこで今回は、食べ物の汚れでできたシミを落とす方法について、お話しします。

また、家庭でできる簡単なシミ抜き方法として注目を集めている、「魔法水」のことも紹介します。シミ抜き方法を実践して、子供服の汚れをキレイにしてあげましょう。きっと、お子さんも喜んでくれるはずです。

子供服についた油汚れのシミは食器用洗剤で落とす!

子供の好きなメニューといえば、カレーライスやスパゲティ、ハンバーグがあげられます。どのメニューも食べこぼせば、シミができてしまいます。そして、それ以外にも子供の好きなメニューには、油が使われていることが多いです。

そうした油汚れのシミは、食器用洗剤を使って落とします。子供服の油汚れがついた部分に、食器用洗剤をそのまま垂らし、ぬるま湯の入った器の中でもみ洗いをします。これだけでも、かなりのシミが落ちます。

そして、子供服に油汚れがついたときには、すぐに着替えさせて、シミ抜きをすると、案外キレイに落とすことができます。食べこぼしをしたことを叱る前に、子供服を脱がせて着替えさせ、シミ抜きをしてしまいましょう。

注目が集まる、魔法水のこと

最近、シミ抜きの手段の一つとして、「魔法水」が注目を集めています。この魔法水は、家庭にあるものでつくることができます。用意するのは、食器用中性洗剤衣類用の液体酵素系漂白剤、重曹の3つです。

重曹を小さじで摺り切り1杯、衣類用の液体酵素系漂白剤は小さじ3杯、食器用中性洗剤を3滴の割合で混ぜれば、魔法水のできあがりです。ただし、魔法水をつくるときには、混ぜすぎてはいけません

ただし、魔法水を使うときには、水洗いがNGの子供服には、使ってはいけません。それは、色落ちをする可能性があるからです。また、魔法水は作り置きをすることはできません

魔法水を作って3時間を過ぎると、酸性の漂白剤とアルカリ性の重曹が中和してしまい、効果がなくなってしまいます。その点を、覚えておきましょう。

魔法水を使った食べ物のシミの落とし方

では、魔法水を使って食べ物のシミを落とす方法を説明しましょう。まず、乾いたキレイなタオルの上に、食べこぼしのシミがついた部分が上になるように、子供服を置きます。次に、歯ブラシに魔法水をつけて、汚れの上からたたきます。

ある程度まで、食べこぼしのシミが抜けたら、タオルのキレイな部分に布地を異動させ、再びたたきます。これを何度かくり返し、最後に水で洗い流します。

ミートソースのような油が含まれた食べこぼしのシミを落とすときには、さらに裏技が必要です。水を小さじ1杯と、食器用中性洗剤を小さじ1杯とを混ぜ、歯ブラシにつけて、2分ほど汚れをたたきます

それから、魔法水を使って、同じように歯ブラシでたたきます。ぜひ、試してみましょう。

汚すのも子供の成長の証。叱らず対処してあげよう

new_025950

子供服に食べこぼしのシミがつくと、ため息をつくママも多いかもしれません。ですが、子供が上手にごはんを食べられるようになるまでには、それなりに時間がかかりますし、叱ったところで、それが改善されるわけでもないのです。

だからこそ、食べこぼしのシミがついたら、なるべく早く落とすようにすればいいのです。また、キレイに食べこぼしのシミを落とす方法を知っていれば、速やかに対処できます。

テレビでも話題になるほど、魔法水の効果も高いようなので、ぜひ実践しましょう。また、魔法水も正しく使うことも、徹底してくださいね

  関連記事

子どもは風邪をひくと目やにが増えるって本当?鼻水や高熱があるのは別の病気なの?

風邪をひいた大人が、目やにに悩まされることはありません。ですが、子どもが風邪をひ …

子どもの睡眠障害の原因は何?症状や治療法、受診の目安が知りたい!

子どもの健やかな成長には早寝早おきが重要なことは、ママであれば誰でも知っています …

子どもが注意欠如・多動性障害(ADHD)かもしれない!その見分け方と治療法とは?

注意欠如・多動性障害は発達障害の1つです。注意欠如・多動性障害の子どもは不注意、 …

2歳児の特徴と喜んでくれるプレゼントの選び方とは?

子どもも2歳児になると自我が芽生え、これまでのように与えられたものだけでは満足し …

幼児に多い網膜芽細胞腫とはどんな病気?その症状と治療方法は?

残念ながら乳幼児でもがんを発症することがあり、その総称を「小児がん」といいます。 …

風邪と間違えてしまいがちな子ども気管支炎!気になる症状や治療法とは?

「子供は風の子」とよく言われていますが、そうは言ってもいざ幼い我が子が咳をしだす …

おしゃぶり昆布は、どうして赤ちゃんのおやつにおすすめなの?与え方のポイントは?

大人でも口が淋しいときに、「おしゃぶり昆布」を口にすることがあると思います。実は …

子どもの叱り方で成長度が変わる!やってはいけないこととは?

子どもは、何も知らない、無垢な存在として生まれてきます。そして、いろいろな体験を …

子どもの瞼の腫れの原因は病気?その対処法とは?

前日までは何でもなかったのに、朝子どもをおこしたら瞼が腫れていて驚いた経験をもつ …

2歳6ヵ月のこどものオムツが取れない、落ち着きがないけど大丈夫?などの心配ごとについて解説します

2歳6ヵ月になると、自分の思うように身体を動かせるようになり、社会性も育まれるた …