ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもの蕁麻疹はどう対処したらいい?病院には行くべき?

   

new_bedf8467e6b66d9ee736c32b6c345ff0_s

子どもの皮膚は大人より薄く、デリケートなので、湿疹が出ることはよくあります。そして、それが「蕁麻疹」であることも多いのです。

そして、子どもが蕁麻疹になった場合、かゆみが強いことから掻きむしってしまい、気がつくと範囲が拡大することも珍しくありません。

そこで今回は、子どもに蕁麻疹ができる原因や病院に連れて行く目安、かゆみへの対処法などについて、お話しします。蕁麻疹を悪化させて、子どもが辛い思いをしないよう、早めに対処してあげましょう。

子どもの蕁麻疹って何?その原因は?

蕁麻疹とは、皮膚が赤く腫れ、かゆみがおきる病気のことをいいます。短時間で発疹があらわれ、数時間で治まるのが一般的です。子どもにおこる蕁麻疹は、症状が1カ月以内に治まる「急性蕁麻疹」と、1ヶ月以上続く「慢性蕁麻疹」に大別されます。

子どもに蕁麻疹がおきる原因も、さまざまです。まず、アレルギーが原因の蕁麻疹です。これは、食品や薬品などのアレルゲンに反応し、蕁麻疹がおこるというものです。

そばやエビ、カニ、卵などの食品、ペニシリン系抗生物質や解熱鎮痛剤などの薬品によって、蕁麻疹がおこったときには、すぐにお医者さまに相談しましょう

それ以外の原因としては、摩擦や圧迫による物理的な刺激や気温の変化、発汗、日光、ストレス、疲労などがあげられます。

子どもの蕁麻疹で病院に連れていく目安は?

蕁麻疹は、短時間で治まることが、ほとんどです。そのため、症状が重くなければ、かゆみに対処しながら、様子をみてかまいません。

ですが、蕁麻疹の症状がひどい、なかなか消えずに残っている、治まっても何度も発症するときには、一度皮膚科か小児科を受診することをおすすめします

その際には、蕁麻疹がおきた時間やあらわれた部分、治まるまでにかかった時間をメモしておくと、診察がスムーズになります。また、アレルゲンに触れた可能性があるので、食品や薬を飲ませたかどうか、思い出しておくことも大事でしょう。

スマホで、蕁麻疹の写真を撮っておくのも、お医者さまが診断するときに役立つはずです。また、かゆみが強くて、書き壊しているようなら、範囲が狭くても病院に行くことをおすすめします。

蕁麻疹のかゆみへの対処法は?

new_kayui

子どもに蕁麻疹があらわれたら、まず患部を掻かせないことが大事です。子どもに蕁麻疹が出たときに動き回ると、来ている洋服と患部に摩擦がおこり、よりかゆみが強くなることがあります。

そのため、蕁麻疹が出たときには、安静にさせるようにしましょう。安静にさせるだけで、患部を冷やすより、子どもが楽になることがあります

また、子どもに蕁麻疹が出ても入浴してかまいませんが、熱いお湯につかったり、タオルでこすりすぎると、血管の拡張を誘発し、発疹が出やすくなってしまいます。蕁麻疹が出たときには、ぬるめのシャワー浴にすることをおすすめします。

また、子どもは無意識に患部を掻いてしまうことが多いので、爪を短く切り、皮膚が傷つかないように配慮してあげましょう

ほかの病気との見分け方も覚えておこう!

皮膚に発疹がでる病気には、「乳児湿疹」や「突発性発疹」「水疱瘡」「風疹」「麻疹」「りんご病」「手足口病」「あせも」などがあります。それらと蕁麻疹を見分けるポイントは、発疹が出てかゆがっても、1~2時間で治まることが多いことです。

2時間を超えても発疹が治まらないときには、別な病気の可能性があるので、病院を受診しましょう

また、腕の内側を爪で軽くこすり、赤いみみずばれがみられるときには、蕁麻疹が出やすい体質の可能性が高いです。パパやママが蕁麻疹が出るときにも、子どもに発症しやすいので、よく観察しましょう。

  関連記事

扁桃腺肥大ってどんな病気?手術が必要ってホントなの?

子どもの突然の発熱の原因として、扁桃腺炎があげられますが扁桃腺炎を繰り返すことで …

2歳1ヵ月の子どもの平均身長、体重、男の子と女の子の違いなど特徴まとめ

子どもも2歳1ヵ月にもなると、身長が伸びるスピードは変わりませんが、体重の増加は …

オムツはずしのベストな時期はいつ頃?うまくはずす方法とは?

子どもが自分の意志で行動できるようになると、「そろそろトイレトレーニングを始めよ …

お風呂嫌がる子どもを、入らせるコツはある?

子どもは新陳代謝が活発で、皮膚が薄く弱いので、汗や皮脂で汚れると、あせもやじんま …

子どもの便秘の原因と解消法は?食べ物や薬は効果があるの?

子どもも2歳を過ぎると、トイレトレーニングが終わり、自分でトイレに行く子も増えて …

簡単!手作り子供用エプロン!子供にぴったりな可愛いエプロンの作り方

「幼稚園や保育園でエプロンが必要って言われた!」「おままごと用にエプロンを用意し …

子どもが肺炎になる原因と治療法は?入院が必要?かかる費用の目安は?

子どもは大人と比べると免疫力が弱く、細菌やウイルスに感染しやすいので、風邪をひき …

子どもの天然パーマはコンプレックスになる?原因や直毛への方法とは?

ふんわりとくるくるとした子どもの天然パーマは、大人からみたらとても可愛いらしい姿 …

子どもが内股のときは矯正が必要?その原因と対処法とは?

一人で歩けるようになった子どもを後ろから見ていると、何だかバランスが悪いと思うマ …

2歳7ヵ月の子供の癇癪がひどい、言うことを聞かない場合などの原因や対処法などお教えします

以前はおとなしく、育てやすいと思っていた我が子が、2歳を過ぎたあたりから激しい癇 …