ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもの睡眠障害の原因は何?症状や治療法、受診の目安が知りたい!

   

fa39b8ebd5a1a4707855965c3bfaad1c_s

子どもの健やかな成長には早寝早おきが重要なことは、ママであれば誰でも知っていますよね。そのため、乳児のうちから生活リズムを整える努力をしているママも、たくさんいることでしょう。

2歳を過ぎるころには、睡眠リズムができあがるものです。ですが、2歳を過ぎても夜泣きを続けたり、何度も目覚めてしまう子どももいます。その場合、「睡眠障害」が疑われます。

そこで今回は、子どもが睡眠障害になる原因や治療が必要かどうか、受診の目安などについて、お話しします。

子どもの睡眠障害とは?どんな症状が出るの?

睡眠障害とは、睡眠の質や量、リズムなどがいろいろな要因で妨げられ、十分に睡眠がとれず、日常生活に支障をきたしている状態のことをいいます。現代の子どもは、4~5人に1人が睡眠障害を抱えているともいわれています。

2~6歳の子どもの平均睡眠時間は、1日10時間が目安です。基本的には、21時には眠り、朝7時にはおき、必要に応じて1~2時間の昼寝をするというのが、理想的な睡眠サイクルです。

しかし、以下のような症状が見られた場合、睡眠障害の可能性があります。

  • 23時を過ぎても子どもが寝ない
  • 睡眠時間が9時間以下である
  • 夜中に3回以上目覚める
  • 夜中におきると1時間以上も覚醒している
  • いびきが激しい
  • 日中も泣いてばかりで機嫌が悪い
  • 日中に眠そうにしている
  • 朝おきてから出かけるまでにかかる時間が長い
  • 休日は昼まで寝ている

子どもの睡眠障害の原因は?

子どもの睡眠障害の原因は、二つあるといわれています。

一つ目が、アレルギー性鼻炎や喘息などにより、夜の睡眠の質が下がってしまうことです。鼻詰まりや咳で目覚めてしまうので、睡眠が細切れになってしまうことでおこります。

二つ目は、夜型の生活になってしまっていることです。日中からテレビやゲーム、スマートフォンをみている時間が長いと、ブルーライトの影響で目が冴えてしまい、布団に入っても眠れなくなってしまうのです。また、パパの帰りが遅いからと子どもを遅くまでおこしていたり、遅い時間に入浴することも、子どもの入眠を妨げます。

また、3~6歳の子どもの場合、扁桃腺肥大が睡眠障害の原因になることも多いです。肥大した扁桃腺は、成長するにしたがって自然に小さくなるものですが、中には大きくなり過ぎて、いびきや鼻づまりで呼吸がしにくくなりことがあります。

子どもの睡眠障害は治療が必要?受診の目安は?

睡眠障害は、子どもの脳の成長や発達、働きを維持するために必要なものです。もっとも成長が著しい時期に睡眠障害を発症すると、言語能力や身体能力に悪影響が及んだり、コミュニケーション障害があらわれることもあります。そのため、子どもに睡眠障害の症状があらわれたら、早めに検査を受けることをおすすめします

睡眠障害が認められると、病院で治療を始めることになります。アレルギー性鼻炎や鼻づまり、喘息、扁桃腺肥大が原因の場合は、その治療を行います。

病気など身体の不調が原因でない場合は、睡眠リズムを整えるための治療を行います。朝早い時間に強い光をあてて身体を覚醒させる「高照度光治療」や、眠る前に興奮を鎮める目的で身体を温める「低温サウナ療法」などが、主な治療法です。このほかにも、メラトニンなどを投与する薬物療法が用いられることもあります。

まずは生活リズムを整えることから始めよう

d2effc42a85340f45a036f341d51ef4c_s

子どもの睡眠障害を改善するためには、生活リズムを整えるのが基本です

まず、起床時間と就寝時間を決め、平日・休日に関係なく、それを守るようにしましょう。そして、朝目覚めたときには、たっぷりと子どもに日光を浴びさせます。同様に、寝床に入るときには部屋を暗くします。そして、夜眠る目的以外では、布団に入れないようにします。ベッドに横になって過ごすのも、厳禁です。

また、夕方以降はテレビやゲーム、スマートフォンの画面を見せないようにしましょう。合わせて、睡眠表をつけておくと、治療に役立つはずです

  関連記事

“知恵熱”って何?赤ちゃんだけじゃないって知ってた?

小さな子供におこる“知恵熱”についてママに知っておいて欲しい基本とは? 知恵熱に …

子どもが視力低下する原因とは?幼児でもメガネは必要?

近年、視力低下する子どもが増え続けており、中学生で裸眼の視力が1.0未満の子ども …

2歳の子供が腹痛になったときの原因は?対処法と病院に行くタイミングが知りたい!

子供は消化器官が未熟なこともあり、よく腹痛を訴えます。とはいえ、腹痛がおこる原因 …

子どもの頭痛の原因はさまざま!病気の可能性もあるので注意が必要!

我が子が「頭が痛い」と言ったとき、ママは真っ先に風邪の症状を疑うのではないでしょ …

先天性の障害と言われる広汎性発達障害は遺伝する?その症状と治療法は?

広汎性発達障害は発達障害の分類のひとつです。特徴的なのは社会性やコミュニケーショ …

子どもが乗り物酔いするときの対策とは?薬を飲ませた方がいい?

乳幼児がいるとお出かけや旅行をする際に、公共交通機関を使うと周囲に気を使うことが …

子どもが朝ごはんで摂りたい栄養素とは?コツはあるの?

子どもの健やかな成長には、規則正しい生活が不可欠です。早寝・早おきとともに重要な …

2歳児の反抗期はいつまで続く?その対処法とは?

2歳児といえば「魔のイヤイヤ期」と呼ばれる、第一次反抗期を迎える年齢です。まだ、 …

子供が発熱!その時布団はかける?かけない?

子供は些細なことで熱を出してしまいやすいものですが、中には子供特有の感染症による …

2歳児でも成長痛になるの?その原因と対処法とは?

2歳児が夜中に泣きだし、足の痛みを訴えることがあります。泣くほどの痛みがあるのは …