ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもが頭を打ったときに確認することは?その手順と病院へ行く基準

   

new_korobu_kodomo

子育てをしていて、ケガは避けられないものの一つです。2歳児はまだまだ、転ぶことも多いので、何かの拍子に頭を打つ可能性もあります。

子どもはケガをしながら、成長していくものですが、頭を打ったときには重篤な事態に陥ることがあるので、注意が必要です

そこで今回は、子どもが頭を打ったときに何を確認すべきか、その対処法と手順、病院に連れて行くかどうか判断する基準について、お話しします。子どもの様子を観察し、適切に対応しましょう。

子どもが頭を打ったとき、すぐに確認することとは?

子どもが遊んでいて、バランスを崩し、頭を打つことは珍しくありません。ですが、打つ場所や強さによっては、後々影響が出ることがあるので、言葉にできない状態を、ママやパパがチェックすることが大事です。

そこで、子どもが頭を打ったときには、まず意識があるかどうかを確認しましょう。呼びかけに反応し、目を開けて応対できる、呼吸が安定している、顔色が正常であれば、心配ありません。

次に、子どもの機嫌とぐったりしていないかを確認します。意識はあってもぐったりしている、機嫌が悪くてぐずったり、暴れたりする、呼吸が苦しそうなときは、対処する必要があります

そして、たんこぶや出血がみられないかを確認します。大きなたんこぶができているときには、頭がい骨骨折や脳内出血かもしれません。出血があるときも、傷が大きければ縫合する必要があります。そうした症状がないか、きちんと確認しましょう。

子どもが頭を打ったときの対処法とその手順

new_virus_outo

子どもが頭を打ったら、その状況に合わせて対処します。頭を打った後、子どもが大声で泣いているときには、まずあやして落ち着かせてあげます。出血が見られず機嫌が戻れば、様子をみて問題ありません。

たんこぶができたときには、まず患部を十分に冷やし、その後に異変がないかを経過観察しましょう。出血した場合は、まず乾いたタオルで患部を抑えて止血します。

意識がない場合は、頭を打った衝撃で脳に影響が出ている可能性が高いです。すぐに救急車を呼び、救急隊員が来るまで、子どもに呼びかけ続けてください。また、嘔吐することもあるので、ゆっくりと身体を横向きにします

また、意識はあっても、頭を打った後で嘔吐をくり返しているときにも、すぐに救急車を呼びましょう

子どもが頭を打ったときに病院に連れて行く基準は?

子どもが頭を打った後、意識がなくなる、嘔吐をくり返すときには、すぐに救急車を呼ぶことは前述しました。救急車を呼ぶまではないけれど、救急病院に連れて行った方がよいケースも、合わせてご紹介しておきましょう。

まず、出血がひどく止まらないときです。自家用車で病院に連れて行くときには、車が揺れない運転を心がけてあげてください。また、暴れたり苦しそうな呼吸をしているときも、病院に連れて行く方がよいです。

また、子どもが頭を打った直後に、症状が出るとは限りません。頭を打って数時間してから、様子がおかしくなったときでも、病院に連れて行くことが大事です。子どもの様子に変化がないか、ママやパパが注意深く観察しましょう。

子どもが頭を打ったら、24時間は注意が必要

子どもが頭を打ったら、24時間の経過観察は必要です。もし、子どもが頭を打ったら、その後24時間以内は運動を控え、自宅で静かに過ごし、様子をみましょう。

また、短期間に何度も頭を打つことで、脳がダメージを受けると、「セカンド・インパクトシンドローム(脳震盪後遺症候群)」がおこり、死に至ることもあります。

2歳児は、自分の状態を言葉で伝えることができませんので、ママやパパが変化を見つけて、早めに対処するしかありません。注意深く、観察してあげてください

  関連記事

子どもの頭痛の原因はさまざま!病気の可能性もあるので注意が必要!

我が子が「頭が痛い」と言ったとき、ママは真っ先に風邪の症状を疑うのではないでしょ …

どんな時に使える?赤ちゃんのベビーポンチョの使い方と選び方

赤ちゃんのアウターとして目をひくベビーポンチョ。着ている姿はとても愛らしいですよ …

赤ちゃんの癇癪を治す!ポイントは食事にアリ!

赤ちゃんの癇癪に悩んでいるママは多いと思います。癇癪の種類もいろいろで、ギャーギ …

いま話題のアドラー心理学が子育てに役立つって本当?

数年前、「嫌われる勇気」という本がベストセラーになったことは、みなさんの記憶にも …

2歳1ヵ月の子どもの平均身長、体重、男の子と女の子の違いなど特徴まとめ

子どもも2歳1ヵ月にもなると、身長が伸びるスピードは変わりませんが、体重の増加は …

子どもの視力回復は可能なの?家でできる方法とは?

近年、子どもの視力低下が問題になっており、そのほとんどは「強度近視」という強い近 …

実はみんな一度は感染してる!?EBウイルス感染症ってなに?

「EBウイルス感染症」という病気をご存じでしょうか?あまり聞き慣れない病気だと思 …

子供の中耳炎はうつる?保育園には行けるの?

人間の耳には、鼓膜の奥に「中耳」と呼ばれる器官があります。中耳炎とは、この中耳に …

風邪と間違えてしまいがちな子ども気管支炎!気になる症状や治療法とは?

「子供は風の子」とよく言われていますが、そうは言ってもいざ幼い我が子が咳をしだす …

移動ポケットって一体何?自分でも簡単に作ることができちゃう?手作り移動ポケットの作り方

幼稚園や保育園に通い始めた子供がいるママたちから、たまに耳にする移動ポケットとい …