ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもが乗り物酔いするときの対策とは?薬を飲ませた方がいい?

   

乳幼児がいるとお出かけや旅行をする際に、公共交通機関を使うと周囲に気を使うことが多く自分たちのペースで移動ができないことから、マイカーを利用する家庭も多いことでしょう。ですが、普段から自動車に乗り慣れていない乳幼児は、乗り物酔いをしてしまうことが多いものです。

そこで今回は、子どもが乗り物酔いをする原因や対処法、子どもに乗り物酔いの薬を飲ませて大丈夫かについて、お話しします。知識を身につけ、乗り物酔いに対処しやすくしておきましょう。

子どもが乗り物酔いする原因とは?

子どもに限らず、乗り物酔いは、耳の奥にあり、平衡感覚を司っている三半規管のバランスが崩れることでおこります。自動車や船に乗っていると、不規則な加速と減速をくり返したり、過度な揺れを感じやすいものです。三半規管はこうした身体の揺れを感知し、バランスを取ろうとするものの、それに対応できなくなり、具合が悪くなるのです。

2歳ころまでは、平衡感覚自体が未発達なので、乗り物酔いはおこりにくいとされています。ですが、平衡感覚の発達が始まる3歳以降は、乗り物酔いをおこしやすくなります

乗り物酔いの引き金になるのは、目や耳、鼻から受ける刺激です。自動車やバス、船などの揺れが耳の奥にある三半規管を過剰に刺激すること、自分は動いていないのに窓から見える景色が早く動くことで脳がついていけなくなること、乗り物に乗ったときに何らかのにおいに刺激されることも、乗り物酔いの原因となります。

子どもが乗り物酔いする場合の対処法は?

では、子どもが乗り物酔いする場合、事前にたてておける対策について、紹介しておきましょう。

  • バスを利用する場合は揺れが少ない前方席を選ぶ
  • 船は揺れが少ない中央席に座る
  • 飛行機は揺れが少ない翼近く、あるいは前方の席に座る
  • 移動の進行方向に背中は向けず、同じ方向を向いて座る
  • 窓から遠くの景色を見ることで視覚に対する刺激を減らす
  • 自動車には芳香剤や香水などにおいの強いものを持ち込まない
  • 空腹や満腹では乗り物に乗らない
  • 乗り物に乗る直前に食べ物は食べない
  • 乗り物に乗る前日は十分に睡眠をとる

などです。

そして、それでも乗り物酔いしてしまった場合は

  • 子どもの衣服やベルトをゆるめる
  • シートを倒して横にする
  • 窓を開けて新鮮な空気を吸わせる
  • 一度乗り物から降りて休む
  • 嘔吐させる

以上のような対処をしてあげましょう。

子どもに乗り物酔いの薬を飲ませるのはOK?

乗り物酔い対策を十分に行っても、体質的に酔ってしまいやすい子どもがいるのも事実です。その場合は、乗り物酔いの薬を飲ませるのも、一つの方法です。子ども用の乗り物酔いの薬が市販されているので、用意しておくのもよいかもしれません

乗り物酔いの薬は、事前に飲んで予防するものや、酔ってしまったときに症状を和らげるものがあります。ドロップタイプやドリンクタイプがありますので、お子さんが服用しやすいものを選んであげましょう。

ただし、乗り物酔いの薬は、商品によって服用できる年齢や容量が異なります。きちんと使用上の注意を読んでから、与えるようにしてください。

また、乗り物酔いを避けるために、車内でテレビやスマートフォンを見せない、こまめに休憩をとることも意識して行ってあげましょう。

乗り物酔いを克服する努力も並行して進めよう!

e9ceb8eb2023a4643c2d87b8d98b831b_s

子どもの場合は、乗り物酔いになりにくい身体をつくることも大事です。そのため、日々の遊びの中に、平衡感覚を鍛える要素を盛り込んでみましょう。

具体的には、前転や後転などでんぐり返しを1日数回させる、ブランコやトランポリンなど揺れの動きが激しい遊具で遊ばせることです。こうした遊びが、子どもの平衡感覚を鍛えてくれます。

また、自動車やバスであれば、何度も乗せることで身体が慣れることも多いです。機会を見つけて、身体を慣らすのもよいでしょう。

  関連記事

実はみんな一度は感染してる!?EBウイルス感染症ってなに?

「EBウイルス感染症」という病気をご存じでしょうか?あまり聞き慣れない病気だと思 …

2歳9ヵ月のこどもの言葉の発音が気になる…。発達課題って何?などの疑問について解説します

2歳を過ぎると、二語文や三語文が理解できるようになり、自分でも話し始める子どもが …

子供服についた食べ物のシミを落とす方法はあるの?

子供が自分で物を食べるようになると、子供服を汚すことが増えます。食べ物の汚れはシ …

扁桃腺肥大ってどんな病気?手術が必要ってホントなの?

子どもの突然の発熱の原因として、扁桃腺炎があげられますが扁桃腺炎を繰り返すことで …

風邪を治す風邪薬はない!?子供の風邪薬は本当に必要なのか?正しい方法で風邪と戦おう!

実は、風邪薬とは風邪を治す薬ではないことを皆さんご存知ですか?子どもが風邪をひく …

子供がタオルを離さないのは問題?その心理と対処法は?

2歳前後の子供が、お気に入りのタオルや毛布、ぬいぐるみなどを手放せず、移動のたび …

気管支炎は他人に感染するの?何か対策はある?

子どもはよく、風邪をひくものです。風邪で熱が伴わなければ、あえて病院に行かず、自 …

お子様ランチはいつからOK?食べるときの注意点はある?

子どもも2歳になると、外食する機会が増えるはずです。それまでは、ママやパパの料理 …

風邪と間違えてしまいがちな子ども気管支炎!気になる症状や治療法とは?

「子供は風の子」とよく言われていますが、そうは言ってもいざ幼い我が子が咳をしだす …

喘息と何が違うの?慢性気管支炎の原因と症状・治療法をご紹介します。

小さな子どもは気管支がまだ狭く弱いため、ちょっとした刺激で咳や鼻水が出やすくなっ …