ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

風邪を治す風邪薬はない!?子供の風邪薬は本当に必要なのか?正しい方法で風邪と戦おう!

   

7b76ffe7dd14020d377557bf30bdd80a_s

実は、風邪薬とは風邪を治す薬ではないことを皆さんご存知ですか?子どもが風邪をひくと多くのママは、「子供が風邪をひいたから小児科に行って風邪薬をもらう?」「夜中に熱が出てしまった!今すぐ病院に行くべき?」と悩むでしょう。

子育てをしていると子供の風邪はつきものです。しかし子供が風邪をひくと、小さな体で熱や鼻水、咳などさまざまな症状が出て辛そうですよね。

子供の風邪を治すのには、風邪薬を飲ませるのが一番手っ取り早い!と思っていませんか?しかしその風邪薬、本当は必要ない場合もあるのです。

そこで今回は、子供に風邪薬が必要なのか、実際に風邪をひいたらどうすれば良いのか、などについてご紹介していきましょう。

風邪はなぜおこるの?

風邪の原因となるものは大きく分けて2つあります。「ウイルス」「細菌」です。

風邪の多くはウイルス性のもので、稀に溶連菌など細菌が原因となるものもあります。ウイルスや細菌など、風邪の原因となる物が鼻や口から侵入し、体内で増えることで発症します。このように鼻や喉にウイルス等が感染しておこる急性の炎症を、総称して「風邪」と呼ぶのです。

風邪の原因となるウイルスや細菌が体内で増殖すると、発熱、鼻水、咳などの症状が現れます。

また風邪をひいている子供は、何だか機嫌が悪く、とても辛そうですよね。その症状をいち早く軽減してあげたいと思うのが親心でしょう。しかしこれらの症状は一見子供を苦しめる「悪いもの」のように見えますが、実は違います。

発熱も鼻水・咳も、子供の体がウイルスや細菌と戦うためにおこしている「防御反応」のあられです。

風邪の症状はどんなもの?

それでは前述でもご説明した風邪の症状について、それぞれ体の中にどんなことがおきているのか詳しく見ていきましょう。

発熱

体が熱を出すのには2つの理由があります。

1つ目はウイルスや細菌の増殖を食い止めるためです。体に侵入したウイルスや細菌は、体温が上がると増えづらくなります。39~40℃にもなるとウイルスはほとんど増えることができなくなるので、体は熱を上げます。

2つ目は体内の免疫細胞を活発にするためです。熱が上がるとウイルスや細菌と戦う免疫細胞が元気になります。この活発になった免疫細胞が、ウイルスや細菌をやっつけてくれるのです。

この2つの理由で脳は意図的に、熱を出すように指示します。つまり発熱は「体が細菌やウイルスと戦っている証拠」なのです。

しかし子供が高熱を出すと「脳に影響が出るのではないか?」と心配になりますよね。風邪等で出た熱によって高熱が続いても、脳に影響が出ることはないといわれているので安心してください。また「高熱=重い病気」ではないので慌てる必要もありません。

鼻水・鼻詰まり・咳

子供が風邪をひくと、鼻水が垂れる、鼻が詰まる、コンコンと咳をするなど、よくある症状ですね。

どの症状も目に見えておこるため、親としては早く治してあげたいと思うものです。しかしこれらの症状も発熱と同じく、風邪を治すうえで重要な反応です。

鼻水

鼻水は侵入したウイルスや細菌を、鼻や喉から追い出すために出ます。

鼻詰まり

鼻詰まりはウイルスや細菌が外から入ってこないように、壁としての働きをします。

咳は呼吸に勢いをつけてウイルスや細菌を外に追い出そうとするものです。

このように鼻水・鼻詰まり・咳は、体がウイルスや細菌を外に追い出そうとしておこるものなのです。

子供に風邪薬は必要なの?

風邪の症状自体が「悪いもの」ではないことをこれまでの説明で理解できたところで、次に風邪を治すために風邪薬は必要かどうかお話ししていきます。

子供が風邪をひいて病院に行くと、解熱剤、痰切り、咳止めなど、さまざまな薬をもらいますが、どの薬も風邪自体を治すものでないのです。

これらの薬は風邪自体を治すのが目的ではなく、風邪の症状を緩和するために処方されています。

しかし近年の研究で「子供の風邪薬は効果がないこと」「稀に重い副作用がでる」ことが確認されています。そのため、海外では子供に風邪薬を飲ませないように、推奨もされているほどです。

また日本でも2017年の6月に、厚生労働省で咳止め薬に含まれるコデインといった成分が、幼い子どもに使用すると呼吸困難などの副作用をおこす可能性が確認されました。以上のことから医療現場や製薬会社に対して、コデインを含む医薬品を12歳未満に使用禁止する呼び掛けをしています。

このコデインは2019年から正式に12歳未満への使用を禁止されるため、病院や市販の薬を使用する際には成分表を確認する心がけが必要でしょう。

そうは言っても、子どもが高熱・鼻詰まり・咳などをおこしている時は症状を軽減してあげたいですよね。

そういった場合には処方された解熱剤で一時的に熱を下げ、解熱している間に食事や睡眠を取れるようにしてあげましょう。高熱でも元気にご飯も食べられるときは、解熱剤も必要ないでしょう。

ひとつ注意しておきたいことは、熱性けいれんの既往がある場合には、医師の指示に従ってくださいね。

よく聞く「抗生物質」は効かないの?

薬を処方されたときによく耳にするのが、「抗生物質」という名前ですね。風邪に対しての治療は、抗生物質を服用すれば緩和できるイメージはないでしょうか。しかし抗生物質は「細菌」に対して効く薬です。

はじめに説明したように、風邪のほとんどは「ウイルス」によって引きおこされます。つまり、ほとんどの風邪に抗生物質は効きません。例外として、溶連菌は細菌の一種なので、その際におこる扁桃炎は抗生物質が有効です。

ではウイルスからくる風邪に効果的な薬はないのでしょうか。残念ながら現代の医学でウイルスを完全に撃退する薬は発明されていません。原因であるウイルスを攻撃する薬が無いので、まずは子供自身の体に備わっている防御反応を高める必要があるでしょう。

薬を使わずにどうやって治すの?おうちでできること

4f9f81a50516af51de53d8c1c2080f8f_s

風邪のときに乾燥は大敵です。ウイルスや細菌が活発になるだけでなく、咳の悪化にもつながります。部屋の湿度を50~60%位に保てるようにしましょう。また、マスクやこまめな水分補給をすることも鼻や喉の加湿に有効です。

鼻水や鼻詰まりを解消するために、一番の方法は「鼻水を吸い取る」ことです。とても原始的ですが、一番有効です。子供用の鼻水を吸い取るグッズも売られているので、一つ持っておくと良いかもしれませんね。

加湿すると鼻水が柔らかくなり、吸いやすくなります。自宅で取りきれない分は、小児科や耳鼻科で吸い取ってもらいましょう。

熱が出ているとき、自宅ではどう過ごせばよいのでしょうか。麦茶でもジュースでも構いませんので、子供の飲める水分をこまめに飲ませましょう

風邪の子供が食べられるもの、飲めるものをしっかりと与え、風邪と戦えるようにしてあげてください。

熱がある時はついつい厚着をさせてしまいがちですが、子供が快適と思う服装にしてあげましょう。汗をかけば一枚減らす・着替えさせる、寒がれば着せる。まだ喋れない赤ちゃんの場合には、様子を見ながら衣服を変化させましょうね。

受診のタイミングと目安は?病院で風邪は治る?

「風邪だとは思うけど、もし大きな病気だったら」と心配するママも多いのではないでしょうか。心配な場合には、病院を受診しましょう。

しかし受診はいつすればよいのか疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。夜間に高熱が出ても元気があれば翌朝にかかりつけ病院を受診しましょう。

生後3ヵ月未満の赤ちゃんの場合は、38℃以上の発熱があるとき、重い感染症の可能性があるのですぐに受診をしてください。

赤ちゃんが38℃の発熱!どのように対処したらいいの?

それ以上の年齢の子どもでも、元気がない、ぐったりしている、飲食ができない等の症状がある場合には、夜間や時間外の病院を受診するようにしましょう。

また風邪を治す薬があるわけではないので、「病院に行けば早く治る」のではありません。病院はあくまでも診察を受けることで、今の状態に重い病気が隠れていないか確認する手段として考えておきましょう。

その確認のために、一般的な風邪の期間を過ぎても症状が続くか、他にも症状が出ていないか、など時間の経過による変化が重要な判断材料になります。

小児科に行くと薬を処方されて「○○日後に続くようであれば、また来てください」と言われるのは以上のような理由です。一般的な風邪は、治るまでの期間がある程度決まっているのです。

「病院に行ったけど次の日になっても風邪が治らない!」と早くから決めつけるのではなく、体を休ませて子供の治る力を見守ってみましょう。

子供自身の治る力を高めよう!

new_3517210bac9dcb0b034a0e448e5f68fa_s
子供が風邪をひくと親は心配になり、早く治ってほしいと思うものですよね。しかし風邪薬を飲むことや病院に行ったからといって、治りが早くなるわけではありません。

風邪は子供自身の体の働きで治ります。食べられる物・飲める物を摂り、体を休めながら過ごすことが風邪を治す一番の近道かもしれませんね。

子供の治る力を高められるような環境を整えてあげることが、親にできる一番のサポートと言えるでしょう。

心配な症状や相談したいことがある場合に、病院を受診することはもちろん重要です。しかし親が心配し過ぎて、子供に不安を与えないようにしましょうね。

  関連記事

移動ポケットって一体何?自分でも簡単に作ることができちゃう?手作り移動ポケットの作り方

幼稚園や保育園に通い始めた子供がいるママたちから、たまに耳にする移動ポケットとい …

子供の視力低下が心配!予防法や回復法ってあるの?

最近は、外で遊ぶ子供が減り、家の中でテレビゲームをやる機会が増えています。公園に …

2歳児の平均睡眠時間ってどのくらい?確保する方法は?

大人だけでなく、子どもの睡眠時間も、年々減少傾向にあるといわれています。これは、 …

子供の虫歯ケアはどうしたらいい?キシリトールは効果があるの?

赤ちゃんが生後5~8カ月を過ぎると、歯ぐずりがみられるようになり、やがて乳歯が生 …

子供をひとり寝させる時期はいつごろ?ひとりで寝る環境を整える方法は?

日本は欧米と違い、赤ちゃんはママとパパの寝室で一緒に眠ることが多いです。赤ちゃん …

2歳でもなることがある?急性虫垂炎の原因や症状を教えます!

子どもは比較的すぐ腹痛を訴えるのですが、様子をみて問題ない腹痛の場合と、急を要す …

子どもが注意欠如・多動性障害(ADHD)かもしれない!その見分け方と治療法とは?

注意欠如・多動性障害は発達障害の1つです。注意欠如・多動性障害の子どもは不注意、 …

2歳7ヵ月の子供の癇癪がひどい、言うことを聞かない場合などの原因や対処法などお教えします

以前はおとなしく、育てやすいと思っていた我が子が、2歳を過ぎたあたりから激しい癇 …

子どもの自己肯定感を高めることは大切!その方法が知りたい!

早期教育に熱心なママは、赤ちゃんが産まれる前から、たくさんの育児書に目を通してい …

オムツはずしのベストな時期はいつ頃?うまくはずす方法とは?

子どもが自分の意志で行動できるようになると、「そろそろトイレトレーニングを始めよ …