ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

扁桃腺肥大ってどんな病気?手術が必要ってホントなの?

   

new_hatsunetsu_kodomo

子どもの突然の発熱の原因として、扁桃腺炎があげられますが扁桃腺炎を繰り返すことで、扁桃腺が本来の大きさよりも大きくなってしまう扁桃腺肥大と呼ばれる病気になってしまうことがあります。

扁桃腺が大きいと熱を出しやすいと言われることが多く、手術したほうがいいんじゃ?と不安になるママが多くなっていますが、扁桃腺の手術は本当に必要なんでしょうか?

扁桃腺肥大になるといったいどんな症状がでるのか、手術を必要とするのかどうか、気になる情報についてまとめてみました。

そもそも扁桃腺って?

new_body_mouth_hentousen

子どもを連れて病院にいくと必ず行われる「あーんしてください」という診療方法。あれはまさしく扁桃腺を見るために行われています。

のどちんこの両脇にあるふくらみが扁桃腺と呼ばれるもので、侵入してきた細菌やウイルスを攻撃して排除する役目をもつリンパ組織の集合体です

扁桃腺は実はもともと子どもは大きめ

扁桃腺は外的刺激に1番最初に触れる組織で、刺激に触れることで免疫力が働き大きくなっていきます。

そのため免疫力が低く病気になりやすい2~3歳ごろは、外的刺激に触れることが多いため肥大していき、7~8歳で最大期を迎え、他の器官の免疫力が高くなる9~10歳にかけて大人と同じくらいの大きさに落ち着いていくようになっています。

扁桃腺が肥大すると何が困るの?

扁桃腺が肥大するのは、外的刺激から身体を守るためにおこる生理現象のため悪いことではありません。ですがまれに幼少期に何度も扁桃腺炎を繰り返した場合や、遺伝的要素が原因で、つねに扁桃腺が肥大してしまっている場合があります

常に扁桃腺が肥大していると、ウイルスが付着しやすいため発熱しやすくなったり、空気の通り道が狭くなることでいびきが多くなってしまったり、食事の際に飲み込みにくくなってしまったりします。

原因によって対処法が違う

扁桃腺が肥大するにはいくつかの原因があげられます。そのうちの1つが先ほど説明したように、成長過程が原因とされるものです。この場合は特に問題はなく、成長し扁桃腺以外の免疫力が高まることで次第に落ち着いていきます

また何らかの病気やウイルスが原因で肥大している場合も一時的なもので、その症状が収まることで炎症もおさまり、次第に腫れも落ち着くため問題ないとされています。

注意が必要なのは扁桃腺炎を何度も繰り返したことや、遺伝が原因で常に肥大が確認されている場合です

手術は必要なの?

睡眠時のいびきや無呼吸状態が異常にひどい場合や、あまりにも熱をだす場合、顎や顔面の発育に問題がある場合、その他の症状を併発している場合などには手術をすすめられることが多くなっています。

ですが、扁桃腺肥大だからといって手術しなければならないということはないようです

一昔前は、扁桃腺肥大は積極的な摘出手術がすすめられてきましたが、ここ最近は様子を見る場合が多くなっています。特に幼少期は成長とともに、小さくなっていく可能性も高く、手術のために全身麻酔を行うリスクの方が高いとされています。

そのため手術を行うかどうかはお子さんの発熱頻度や、睡眠への影響を考慮して判断されます

風邪をひかさないことを心がけよう

new_ugai_tearai

扁桃腺肥大の原因が成長や遺伝にある場合は予防する方法はありませんが、ほとんどの場合が成長することで自然と収まっていくためあまり心配する必要はないと言えます。

ですが成長過程で何度も扁桃腺炎になって扁桃腺が腫れることを繰り返してしまうと、扁桃腺肥大が悪化してしまう場合があります。

扁桃腺を腫れさせないためにも、お出かけから帰った後は手洗いうがいをしっかり行うようにすることを心がけましょう。

またこまめに水分補給することで、喉に細菌やウイルスの付着を防ぐことができるため、20分に1回程度なにか水分をとることが効果的とされています。

喉が渇きやすい夏にくらべると冬は水分を補給する回数が減りがちですが、お出かけ先では特にこまめに水分をとることをおすすめします。

  関連記事

赤ちゃんの癇癪を治す!ポイントは食事にアリ!

赤ちゃんの癇癪に悩んでいるママは多いと思います。癇癪の種類もいろいろで、ギャーギ …

おむつが外れる年齢がどんどん高くなってるその理由とは?

子どもが少し大きくなってくるとママたちが気になってくるのがおむつ外しのことです。 …

2歳3ヵ月のこどもの食事量、体重、同じ月齢の女の子よりも男の子の言葉が遅い!?などについてまとめました

通常の乳幼児健診は、1歳6ヵ月と3歳なので、2歳児健診を受けていない子どもも少な …

風邪と間違えてしまいがちな子ども気管支炎!気になる症状や治療法とは?

「子供は風の子」とよく言われていますが、そうは言ってもいざ幼い我が子が咳をしだす …

咳止めにパイナップルが効果アリって本当?おすすめレシピとは?

皆さんは子どもの咳止めにパイナップルが効果的であることをご存知でしょうか。子ども …

お風呂嫌がる子どもを、入らせるコツはある?

子どもは新陳代謝が活発で、皮膚が薄く弱いので、汗や皮脂で汚れると、あせもやじんま …

子どもの「自分で!」を叶えてあげたい!自宅で楽しむクリスマスパーティー♪

クリスマスが近づくと、ウキウキワクワクしてくるのは子どもも大人も同じですよね。せ …

2歳1ヵ月の子どもの平均身長、体重、男の子と女の子の違いなど特徴まとめ

子どもも2歳1ヵ月にもなると、身長が伸びるスピードは変わりませんが、体重の増加は …

2歳の子どもに箸の持ち方は教えるべき?その練習方法とは?

離乳食を始めたばかりのころはママにスプーンで食べさせてもらっていた子どもも、2歳 …

子どもが肺炎になる原因と治療法は?入院が必要?かかる費用の目安は?

子どもは大人と比べると免疫力が弱く、細菌やウイルスに感染しやすいので、風邪をひき …