ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

補助便座やおまるはいつから使う?用意すべきなの?

   

193631

子どもが1歳を過ぎたあたりから、トイレトレーニングをいつにすべきか、考え始めるママやパパがいることでしょう。そのために、おまると補助便座を両方用意した方がよいのか、悩む人かもしれません。

そこで今回は、おまるや補助便座とは何か、必要なものか、いつから使うのか、使用するメリットとデメリットについて、お話しします。その前提として、トイレトレーニングとは何かについても説明するので、ぜひ実践してみてください。

トイレトレーニングを始めるタイミングとは?

トイレトレーニングは、「おむつはずし」といわれることもあります。子どもが1歳を過ぎたころから、絵本やDVDなどを通して、トイレの存在を意識させることから、トイレトレーニングは始まります。そして、おまるや補助便座に座らせながら、少しずつおしっこやウンチをするように促し、2~3歳になるころに完了するのが基本です。

トイレトレーニングを始める目安としては、おしっこの間隔が2~3時間あいていること1人で歩けること言葉を理解していること「おしっこ、でた」と自分で伝えられることです。そして、ママがトイレに行くときに誘ってみるのもおすすめです。

タイミングよくトイレでおしっこやウンチができたら、思い切りほめてあげること、失敗しても叱らないことが、トイレトレーニングを成功させる秘訣です

おまるや補助便座は必要?いつから使うもの?

では、補助便座やおまるは必ず用意すべきものなのでしょうか。これは、子どもの個性にもよるので、一概に必要とはいいきれません。ですが、おまるや補助便座は、子どもの身体の大きさに合わせてつくられていること、カラフルなものが多いことから、いきなりトイレに座らせるより、安心感を持ちやすいのが事実です。

おまるであれば、1人で座れるものの、バランスがとりにくい生後7カ月以降の赤ちゃんにおすすめです。トイレの補助便座に座るのを怖がる子もいるので、その場合はおまるを使いましょう。

補助便座の場合は、1歳を過ぎて、自分でバランスをとって椅子に座れるようになってから使うのがおすすめです。

1歳半を過ぎて、大人と同じように便座に座れる場合は、おまるや補助便座を使わずに、トイレトレーニングを進めることができます。

補助便座やおまるのメリットとデメリットは?

では、おまるや補助便座を使うメリットとデメリットについて、まとめておきましょう。

おまるを使うメリット・デメリット

256848

まず、おまるを使うメリットとしては、子どもの両足が床につくので、身体を安定させて使えることです。また、リビングや廊下など、トイレ以外の場所で使えるのも、子どもにとってはハードルが低いです。

デメリットとしては、ウンチやおしっこが直接触れるので、後始末や衛生管理が大変なこと、その後にトイレに移行しにくいことがあげられます。

補助便座を使うメリット・デメリット

543666

一方の補助便座のメリットには、ウンチやおしっこをしたときに、そのまま流せばよいので、後始末が楽なことです。また、最初からトイレでトレーニングを始めるので、早めに終わらせることができます。

デメリットとしては、月齢が小さい子は上手に座れないこと、踏み台が必要だとトイレが狭くなることがあげられます。

子どもが使いやすい種類を選んであげよう

補助便座やおまるにも、いろいろな種類があります。またいだり、座ったりといった形状だけでなく、デザインやキャラクター入りなど、さまざまです。トイレが怖いものという印象を与えないためには、子どもが喜ぶおまるや補助便座を選んであげるのがおすすめです。

また、補助便座とおまるが兼用できるものもあるので、一度ベビー売り場に行き、実物をチェックしてみましょう。

トイレトレーニングは、簡単に済むものではありません。まずはおしっこができるようにする、そしてウンチができるようにと、段階的に進むものです。子どもにもママにも負担が少なくなるよう、使いやすい種類を選んであげてくださいね。

  関連記事

2歳9ヵ月のこどもの言葉の発音が気になる…。発達課題って何?などの疑問について解説します

2歳を過ぎると、二語文や三語文が理解できるようになり、自分でも話し始める子どもが …

子どもを虫歯から守るために。口内環境を整える食べ物とは?

歯の健康は、みなさんが考えている以上に、全身にさまざまな影響を与えます。食事をき …

子供のものもらいってうつるの?原因と対処法とは?

子供が目を触っているので見てみたら、まぶたが赤く腫れていることがあります。それは …

子どもの便秘の原因と解消法は?食べ物や薬は効果があるの?

子どもも2歳を過ぎると、トイレトレーニングが終わり、自分でトイレに行く子も増えて …

寒いと感じたら蕁麻疹が…!子供も多い寒冷蕁麻疹の症状や対策

突然子供にブツブツと蕁麻疹が出てしまい、何か良くないものを食べたのかと焦るママも …

no image
実はその症状場面緘黙症かも!極度の人見知りと勘違いしやすいその実態とは?

子供には個人差があり、人懐っこい子もいれば人見知りの子もいます。人見知りの子でも …

子どもが発熱したときお風呂やシャワーに入ってもいい?注意点はある?

子どもが熱を出すことは、よくあることです。子どもが発熱したときは、きちんと食事や …

2歳児の言語発達はどのくらいが目安?親ができることはあるの?

2歳児になると、身体を動かすときの安定感が増し、たどたどしくはあっても会話が成り …

子どもの叱り方で成長度が変わる!やってはいけないこととは?

子どもは、何も知らない、無垢な存在として生まれてきます。そして、いろいろな体験を …

先天性の障害と言われる広汎性発達障害は遺伝する?その症状と治療法は?

広汎性発達障害は発達障害の分類のひとつです。特徴的なのは社会性やコミュニケーショ …