ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

万が一口に入れても安全!小麦粉粘土の作り方や楽しみ方

   

赤ちゃんでも安心して遊べるおもちゃを探しているということであれば小麦粉粘土というものをチェックしてみましょう。小麦粉粘土というのはその名の通り小麦粉を使って作られている粘土のことです。

食材を使ったものということもあり、万が一口に入れてしまったとしても、安心なのは嬉しいですね。市販のものもありますが、簡単に自宅で作れます。

そこで、これから赤ちゃんや子供のために、小麦粉粘土を取り入れようと思っている方向けの情報をご紹介します。

楽しくて安全な小麦粉粘土

誰でも一度は、粘土遊びをしたことがあるのではないでしょうか。小さな赤ちゃんや子供でもできる遊びは限られていますが、粘土ならば、ただ握ったり細く伸ばすだけでも楽しめます。

兄弟でも楽しめる遊びということもあり、取り入れている家庭も多いはず。ですが、通常の粘土は口に入れると危険です。成分自体はそれほど危険ではないものの、子どもによっては嘔吐してしまうようなケースもあります。

そこでおすすめなのが小麦粘土です。小麦で作られているといっても最終的に食べるわけではないので、あくまで口に入れても危険のない安全な粘土だと理解しましょう

「粘土=食べてもいい」と赤ちゃんや子供が理解すると、通常の粘土も口に入れてしまう可能性があるので、気をつけてくださいね。

飲み込んだ際に危険はないの?

食用の材料を使って作る粘土ということもあり、安全性は高いのですが、大きな塊で飲み込むと喉に詰まらせてしまう可能性があります。こういったリスクは通常の粘土と同じなので、十分に注意しておきましょう。

安全な粘土だからといって、小さな赤ちゃんや子供だけで遊ばせておくのではなく、常に隣で様子を見ていてあげてくださいね。

小麦粉粘土の作り方

用意するのは小麦粉と水、サラダ油、食用の着色料、塩です。これならば家に常備してある方も多いのではないでしょうか。

外に遊びに行く予定だったのに、急な雨が降ってきて台無しになってしまった…という場合でもすぐに作れます。

作り方はとても簡単で、小麦粉に少量の塩を入れてまぜましょう。続いてサラダ油を少量入れてまぜます。あとは水を少しずつ加えながら、粉っぽさがなくなるまでこねるだけ。水を入れ過ぎるとべちゃべちゃになるので注意してくださいね。

色付きの粘土を作る際には、初めにまとめて無色の粘土を作っておき、それを適当な大きさにちぎってから食用の色素を加えて、よくまぜましょう。

食用の色素は赤・黄・青の3種類があれば十分です。それ以外の色は各色素を組み合わせることによって作れるので、いろいろ試してみてくださいね。

作った小麦粘土を長持ちさせるには?

作った小麦粘土をできるだけ長持ちさせたい場合には、それぞれの色ごとにまとめてしっかりとラップで包んだ後に、ジップロックなどに入れて冷蔵庫で保管しましょう

寒い時期ならば冷蔵庫に入れなくてもある程度は持ちますが、夏場などは冷蔵庫保管が必須です。

ただし、冷蔵庫で保管した場合も1週間くらい遊んだら新しいものを作って交換しましょう。カビが発生し、衛生的な問題が出てくることも考えられます。

それから、油を加えるのを忘れていると、硬くなるので注意が必要です。遊ぶたびに新しいものを作る予定の場合は、油を入れなくても問題ありません。塩を入れる目的もカビを防止することにあるので、忘れずに入れてくださいね

知育にもつながる小麦粘土

できれば小さい赤ちゃんのうちから、知育に取り組みたいと思っている方も多いはず。そういった方にも小麦粘土がおすすめです。

子供がある程度大きくなってきたら、小麦粘土を作るところから一緒に行ってみると楽しいですね。指先を使う作業は頭も使うので、暇な時間を見つけて子供と楽しんでみましょう。

  関連記事

子どもの蕁麻疹はどう対処したらいい?病院には行くべき?

子どもの皮膚は大人より薄く、デリケートなので、湿疹が出ることはよくあります。そし …

2歳児の反抗期はいつまで続く?その対処法とは?

2歳児といえば「魔のイヤイヤ期」と呼ばれる、第一次反抗期を迎える年齢です。まだ、 …

子供の虫歯ケアはどうしたらいい?キシリトールは効果があるの?

赤ちゃんが生後5~8カ月を過ぎると、歯ぐずりがみられるようになり、やがて乳歯が生 …

子供服についた食べ物のシミを落とす方法はあるの?

子供が自分で物を食べるようになると、子供服を汚すことが増えます。食べ物の汚れはシ …

扁桃腺肥大ってどんな病気?手術が必要ってホントなの?

子どもの突然の発熱の原因として、扁桃腺炎があげられますが扁桃腺炎を繰り返すことで …

子供に嘔吐や腹痛がおこる原因とは?受診を見極めるポイントは?

2~3歳の子供は、嘔吐したり、腹痛がおこることがよくあります。これは、2~6歳の …

2歳5ヵ月の子が出来ることやわがままへの対処法、ディズニーランドを楽しむコツなど特徴のまとめ

子どもと接していて、何に対しても「イヤ!」と言われたり、思い通りにならないと泣い …

2歳11ヵ月の子供とのコミュニケーションはどうやって取ればいい?1日の過ごし方はなど疑問にお答えします

2歳11ヵ月ともなると、語彙が増え、二語文や三語文を話す子どもも多く、ママやパパ …

2歳9ヵ月のこどもの言葉の発音が気になる…。発達課題って何?などの疑問について解説します

2歳を過ぎると、二語文や三語文が理解できるようになり、自分でも話し始める子どもが …

パパと息子の信頼関係をつくるコツって、何かあるの?

子育て中のママやパパには、悩みはつきものです。特にパパの場合、自分なりに育児をが …