ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供をひとり寝させる時期はいつごろ?ひとりで寝る環境を整える方法は?

   

日本は欧米と違い、赤ちゃんはママとパパの寝室で一緒に眠ることが多いです。赤ちゃんの夜泣きがひどい家では、パパだけが寝室を分けるケースも少なくありません。ですが、一緒の寝室で眠っていた子供も、いつかはひとり寝さるときがきます。

そこで今回は、子供をひとりで泣かせ始める時期の目安や、そのための環境をどう整えるのかについて、お話しします。

寝室を分けた後の寝かしつけについても触れますので、ぜひ参考にしてみてください。

子供をひとりで寝かせ始める時期はいつから?

では、子供をひとりで寝かせ始める時期には目安があるのでしょうか。これは、住宅事情によって異なります。

子供の人数分個室がない場合は、一番上のお子さんはひとり寝をさせる時期があるかもしれませんが、そうでない場合は、兄弟姉妹の誰かと一緒に眠ることになります。また、喘息や夢遊病などの持病がある咳き込むと吐き戻す習慣の子供は、ひとり寝をさせるのが危険なこともあります。

とはいえ、子供が自分の部屋で寝たがる、ひとりで寝てみたいといい始めたら、チャレンジしてみるのはよいと思います。

一緒に寝たがる子供を、自立のためと無理やりひとり寝させる必要はないのです。

そのため、1~2歳でも子供部屋でひとりで眠れる子もいれば、小学校に入学しても、ママやパパと眠りたがる子供もいます。我が子のペースに、合わせてあげましょう。

ひとりで寝る環境を整える方法とは?

子供がひとりで寝ると言い張っても、それまでのようにママやパパを感じることができない環境は、ストレスになるはずです。

そのため、自分の寝室に行きたくなるように、環境を整えてあげることをおすすめします。

例えば、布団カバーや枕カバー、毛布などを、子供が大好きなキャラクターのものにしてあげたり、赤ちゃんのころから使っているタオルやぬいぐるみなど、落ち着くものベッドや布団の中に入れてあげることです。

また、お子さんにアトピーや喘息がない場合は、夜に一緒に眠ってくれるお友だちとして、何種類かのぬいぐるみを置いてあげるのもおすすめです。

その際に、「ぬいぐるみもネンネできるように、タオルをかけてあげようか」など、お子さんに役割を与えるのもよいかもしれません。

寝かしつけはいつまで続けるべき?

子供のひとり寝できるようになっても、眠るまで寝かしつけが必要なことがほとんどです。寝かしつけで行うことは、枕元で絵本を読み聞かせたり、やさしくトントンしてあげるなど、方法はいろいろあるでしょう。

こうした寝かしつけは、子供が必要としているうちは、続けてあげるのが基本です。

そして、寝かしつけをする前に寝る前の手順をルール化しておくと、寝かしつけのためにママやパパが寝室に行くまでの時間が稼げるようになります。

寝室に入る前に歯磨きとトイレを済ませ、枕元のぬいぐるみの寝る準備をするなどを、子供ひとりでやらせるのです。

そして、「ママはまだやることがあるので、用事が済んだら先にお部屋に行って、お布団で待っていて」と声がけします。そして、寝室に行くまでの時間を少しずつ長くしていくのです。そのうち、待ちくたびれて先に寝てしまう日がきます。

その翌朝に、「ママが行ったら、もう一人で寝ていたね!えらいね!」と思いきりほめてあげましょう。それが自信になって、ひとりで寝ようとするはずです。

お子さんの成長に合わせてあげよう!

とはいえ、お子さんがいつからひとり寝を始めるのかは、生活環境住宅事情子供の性格によっても変わります。

何歳までにひとり寝させなければならないという決まりがあるわけではないのですから、その子のペースに合わせてあげましょう。

また、ひとり寝の練習を始めてもうまくいかず、またママやパパと一緒に眠ることもあるかもしれません。

そんなときは、タイミングが違っていたと受け止めて、もう少し大きくなってから、ひとり寝にチャレンジしてみることをおすすめします。

  関連記事

男の子のトイレトレーニングはどうしている?座りションはおすすめなの?

男の子のトイレトレーニングを始めるとき、補助便座に座らせて、おしっこをさせる家庭 …

どんな時に使える?赤ちゃんのベビーポンチョの使い方と選び方

赤ちゃんのアウターとして目をひくベビーポンチョ。着ている姿はとても愛らしいですよ …

風邪と間違えてしまいがちな子ども気管支炎!気になる症状や治療法とは?

「子供は風の子」とよく言われていますが、そうは言ってもいざ幼い我が子が咳をしだす …

野菜嫌いの子供に食べさせる方法はある?

離乳食のときは、野菜を混ぜても食べていたのに、成長するにつれて、野菜嫌いになる子 …

喘息と何が違うの?慢性気管支炎の原因と症状・治療法をご紹介します。

小さな子どもは気管支がまだ狭く弱いため、ちょっとした刺激で咳や鼻水が出やすくなっ …

2歳児の反抗期はいつまで続く?その対処法とは?

2歳児といえば「魔のイヤイヤ期」と呼ばれる、第一次反抗期を迎える年齢です。まだ、 …

伝染性単核球症(キス病)の症状や原因とは?再発の可能性は低いって本当?

子どもの間は様々な感染症にかかるもの。その中でも俗にキス病とも呼ばれる、「伝染性 …

先天性の障害と言われる広汎性発達障害は遺伝する?その症状と治療法は?

広汎性発達障害は発達障害の分類のひとつです。特徴的なのは社会性やコミュニケーショ …

2歳6ヵ月のこどものオムツが取れない、落ち着きがないけど大丈夫?などの心配ごとについて解説します

2歳6ヵ月になると、自分の思うように身体を動かせるようになり、社会性も育まれるた …

子どもの足の成長には靴のサイズ選びが重要!選び方や注意点とは?

子どもの靴のサイズを選ぶとき、すぐに大きくなるからと大きめのサイズを選んで履かせ …