ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

2歳児の言語発達はどのくらいが目安?親ができることはあるの?

   

2歳児になると、身体を動かすときの安定感が増し、たどたどしくはあっても会話が成り立つようになり、その成長を実感できるようになります。

その一方で、言葉の出方に個人差があり、同年齢の子どもとの交流が多いと、ママが我が子の言語発達が遅れているのではないかと、不安を感じやすい年齢でもあります。

そこで今回は、2歳児の言語発達の目安について、お話しします。前段として、2歳児の特徴に触れ、さらに親が我が子の言語発達を促す方法も紹介しておくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2歳児の特徴とは?

まず、2歳児は魔のイヤイヤ期とも呼ばれる、第一次反抗期の入り口であることを念頭におく必要があります。

子どもは1歳半を過ぎると、目に見えて自我が強くなります。何でも自分でやりたがりますが、考えている通りにできることは少なく、イライラしたり、癇癪をおこすことが増えます。

そして、グズグズと甘えてまとわりついていたかと思ったら、「イヤ!」「ダメ!」などと離れようとすることもあり、ママやパパが戸惑うことも増えます。

ですが、これは子どもの情緒の発達が正常であることのあらわれです。つい、感情的に対応しそうになると思いますが、ぐっとこらえて冷静に対処するように心がけましょう。

また、着替えや歯磨きなど、何かを自分でやりたがったら、できるまで見守ってあげることをおすすめします。

2歳児の言語発達の目安とは?

では、そんな2歳児の言語発達の目安はどんな感じなのでしょうか。

一般的には、2歳児になると「マンマ、ちょうだい」「ブーブー、きた」「ママ、きて」といった、二語文を話すようになるものです。自分がしてほしいこと、わかってほしいことを、言葉で言おうとするようになるのです。

とはいえ、男の子より女の子の方が話し始めるのは早いといわれていますし、乳児期からベビートークでたくさん話かけてもらったり、絵本の読み聞かせが習慣になっている2歳児の方が、そうではない子どもより、話し始めるのが早い傾向があり、個人差があります。

言葉を発することがなくて、欲しいものが指でさせる固有名詞をいうと物をとってこられるのなら、言葉の理解に問題はありません。我が子が自然に話したくなるまで、待ってあげましょう。

親ができる言葉の発達を促す方法はあるの?

とはいえ、ほかの子どもと同じように話せるようになってほしいと思うのは、親心ですよね。では、2歳児の言語発達を促すために、親ができることは何かあるのでしょうか。

まず、ママやパパが2歳のお子さんの動きを真似てみましょう。それにより2歳児は、自分と同じ動きをする相手に興味を持ち、また遊んでくれるかな?と、ママやパパを観察するようになります。

そしてそれは、身体の使い方を習得することにもつながります。それに伴い、情緒面も発達するので、自分で身振り手振りで表現したくなり、発語につながるのです。

次に、子どもが発する「あーあー」「ブーブー」「ワンワン」などの言葉を、ママやパパがくり返してあげてください。同じ言葉を真似してくれているということは、自分が言っていることが伝わっているということです。

意味は通じなくても、会話として成立すると受け止めるので、2歳児にはうれしいことなのです。

そして、子どもの動きに合わせて、ママやパパがその気持ちを言葉で代弁してあげます。上下に2歳児が飛び跳ねていたら「ピョンピョン」という、猫を見かけたら「ニャンニャンだね」と話しかけてあげるのです。

それは、語彙を増やすことにもつながります。

日ごろから、たくさん話しかけてあげよう!

言葉の早い2歳児は、生まれたときから、たくさんママやパパに話しかけてもらったり、絵本を読み聞かせてもらっていることが多いです。

自分が愛されていると実感でき、相手とわかりあいたいという気持ちが生まれると、発語も早くなりますし、言葉に触れれば触れるほど、語彙力は格段にアップしていきます。

もし、2歳児で我が子の言葉が遅いと悩んでいるなら、いまからたくさん話しかけてあげてください。そして、言語発達を促す方法を実践しましょう。

きっと、たくさんお話ししてくれるようになるはずです。

  関連記事

子供が発熱!その時布団はかける?かけない?

子供は些細なことで熱を出してしまいやすいものですが、中には子供特有の感染症による …

2歳児のしつけのポイントはある?注意点とは?

2歳児は、「魔のイヤイヤ期」といわれる第一次反抗期に突入する時期です。 ママやパ …

2歳の子供に有効な咳止めの方法はあるの?

季節の変わり目や乾燥が続く時期に、子供はどうしても風邪をひきやすくなります。その …

子どもが肺炎になる原因と治療法は?入院が必要?かかる費用の目安は?

子どもは大人と比べると免疫力が弱く、細菌やウイルスに感染しやすいので、風邪をひき …

子どもの絵から深層心理を読み解ける?アートセラピーの魅力とは?

みなさんは、最近話題の「アートセラピー」のことを知っていますか?アートセラピーと …

子どもを虫歯から守るために。口内環境を整える食べ物とは?

歯の健康は、みなさんが考えている以上に、全身にさまざまな影響を与えます。食事をき …

クレーン現象って自閉症の可能性があるって本当?どんな症状?

クレーン現象とは、幼い子供がする動作の1つ。この行動が自閉症の特徴だといわれてい …

子どもが内股のときは矯正が必要?その原因と対処法とは?

一人で歩けるようになった子どもを後ろから見ていると、何だかバランスが悪いと思うマ …

風邪を治す風邪薬はない!?子供の風邪薬は本当に必要なのか?正しい方法で風邪と戦おう!

実は、風邪薬とは風邪を治す薬ではないことを皆さんご存知ですか?子どもが風邪をひく …

幼稚園や保育園の運動会で、子どもが喜ぶお弁当とは?作り方のコツが知りたい!

子どもが幼稚園や保育園に通うようになると、行事のために家族で足を運ぶ機会が増えま …