ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

幼児に多い網膜芽細胞腫とはどんな病気?その症状と治療方法は?

   

残念ながら乳幼児でもがんを発症することがあり、その総称を「小児がん」といいます。そして小児がんの中に「網膜芽細胞腫」という、眼にできるがんがあります。

そこで今回は、幼児に多い網膜芽細胞腫とは何か、その原因と症状、治療方法、治療後の予後につて、お話しします。

網膜芽細胞腫は乳幼児15,000~16,000人につき、1人の割合で発症するといわれています。そして乳幼児は自分の眼の状態を的確に大人に伝えることができないので、注意が必要な病気です。ぜひ知識として覚えておいてくださいね。

網膜芽細胞腫って何?その原因は?

眼には「網膜」と呼ばれる、薄い膜状の組織があり、眼の奥一面に広がっています。この網膜に発症する悪性腫瘍のことを、「網膜芽細胞腫」といいます。

網膜はカメラで例えると、フィルムの役割を果たします。瞳孔から入った光は網膜に映り、それが視神経を伝わって脳に情報を伝えることで、ものが見えるというしくみになっています。

そのため網膜芽細胞腫を発症すると、眼にさまざまな症状があらわれることになるのです。

網膜芽細胞腫の原因は、RB1遺伝子の変異であることがほとんどです。

そのため親のどちらかが両眼性の網膜芽細胞腫の場合は49%、片眼性の場合は5%の確率で、遺伝するといわれています。ですが、両親が網膜芽細胞腫を患っていなくても、子どもに発症するケースもあります。

網膜芽細胞腫の症状は?治療方法は?

網膜芽細胞腫の症状があっても、乳幼児はそれを説明することができません。ママやパパが赤ちゃんの眼を観察して、異常を早期に発見することが大切です。

網膜芽細胞腫を発症すると、視力の低下のほか、左右の眼球の向きが合わない「斜視」まぶたの腫れ光に反射すると眼が白くなるといった、外見的な症状があらわれます。

網膜芽細胞腫の治療は腫瘍が眼球内でとどまっているのか、すでに広がってしまっているのかで変わります。

腫瘍が眼球内にとどまっていて、視力の温存が期待できる場合には、光凝固や冷凍凝固といった局所治療を試みます。

場合によっては、放射線治療や抗がん剤治療が行われることもあります。ですが症状が重症で視力の温存が難しいときには、転移を防ぐ意味で眼球を摘出します。

そして、すでに眼球外に腫瘍の広がりがみられる場合には、外科治療でできる限りの腫瘍の摘出を行います。そのうえで全身に対する抗がん剤治療や放射線治療を行うのが一般的です。

とはいえ日本国内では、網膜芽細胞腫の標準治療が確立していない現状があります。

網膜芽細胞腫の治療後の予後は?

網膜芽細胞腫のために眼球を摘出すると、傷が落ちついてから義眼を入れることになります。

義眼は片方で9~20万円ほど必要で、お子さんが10歳くらいになるまでは成長に合わせてサイズのあった義眼に交換する必要があります。また大人になっても、義眼は2年ごとに交換しなければならないそうです。

網膜芽細胞腫の予後ですが、腫瘍が眼球内にとどまっている場合は、5年生存率が93.1%、10年生存率が90.6%といわれています。そして、腫瘍が眼球の外まで広がっている場合には、5年生存率が71.2%、10年生存率が66.0%まで下がります。

眼球の保存率は、約50%といわれています。つまり、小児がんの中では、予後は比較的良好といえます。早期発見して適切に治療を行えば、治癒する可能性が高いということです。

治療が長期にわたるので公的制度を活用しよう

網膜芽細胞腫は義眼の費用だけでなく、治療が長期化するために、医療費の負担が大きくなります。治療には健康保険が適用されますが、それ以外にも活用できる公的制度があります。

網膜芽細胞腫は小児慢性特定疾患に指定されているので、「小児慢性特定疾患治療研究事業」から助成金が支給されます。対象年齢や助成内容については、居住する地方自治体の窓口に問い合わせましょう。

また、こども医療費助成や高額療養費制度も適用されます。申請は必要ですが、活用できるものは何でも使って、治療に専念できる環境をつくることをおすすめします。

  関連記事

2歳2ヵ月の子がしゃべらない原因とは?ぴったりな遊びや昼寝はまだ必要なのか教えて!

乳児の時から喃語を話し始め、1歳を過ぎるころには単語を言えるようになり、2歳2ヵ …

風邪を治す風邪薬はない!?子供の風邪薬は本当に必要なのか?正しい方法で風邪と戦おう!

実は、風邪薬とは風邪を治す薬ではないことを皆さんご存知ですか?子どもが風邪をひく …

お風呂嫌がる子どもを、入らせるコツはある?

子どもは新陳代謝が活発で、皮膚が薄く弱いので、汗や皮脂で汚れると、あせもやじんま …

2歳9ヵ月のこどもの言葉の発音が気になる…。発達課題って何?などの疑問について解説します

2歳を過ぎると、二語文や三語文が理解できるようになり、自分でも話し始める子どもが …

2歳児の特徴と喜んでくれるプレゼントの選び方とは?

子どもも2歳児になると自我が芽生え、これまでのように与えられたものだけでは満足し …

おむつが外れる年齢がどんどん高くなってるその理由とは?

子どもが少し大きくなってくるとママたちが気になってくるのがおむつ外しのことです。 …

簡単!手作り子供用エプロン!子供にぴったりな可愛いエプロンの作り方

「幼稚園や保育園でエプロンが必要って言われた!」「おままごと用にエプロンを用意し …

いま話題のアドラー心理学が子育てに役立つって本当?

数年前、「嫌われる勇気」という本がベストセラーになったことは、みなさんの記憶にも …

不器用ママでも大丈夫!2歳のバースデーパーティを彩るレシピ&飾りつけアイディア!

2歳の誕生日パーティーを成功させたいママ必見! 2歳の誕生日、おめでとうございま …

男の子のトイレトレーニングはどうしている?座りションはおすすめなの?

男の子のトイレトレーニングを始めるとき、補助便座に座らせて、おしっこをさせる家庭 …