ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ベビータイツはいつから履かせるの?使用するときのポイントは?

   

秋になって気温が下がってくると、赤ちゃんが冷えないか、心配になるママやパパが多いと思います。赤ちゃんの足を触って冷たいと、靴下を履かせた方がよいのでは?と思うこともあるでしょう。

ですが赤ちゃんの靴下は脱げやすく、特に寒い冬はベビータイツを履かせてあげたくなるひとも多いことでしょう。

そこで今回はベビータイツとは何か、いつ、どんなときに履かせるものなのか、そもそも赤ちゃんに靴下が必要なのか、ベビータイツを使うときの注意点について、お話しします。

ベビータイツって何?いつ、どんなときに履かせるの?

ベビータイツとは足先までが包まれる、赤ちゃん用のタイツのことをいいます。ベビー服の中には、赤ちゃんの足先までカバーしてくれるロンパースもありますが、そうではなく、別に履かせるタイプをいいます。

ベビータイツは気温が低い時期に、赤ちゃんを外出させる際に履かせることが多いようです。ですが家で過ごすときには、ベビータイツを履かせる家庭は少ないようです。

これは、よちよち歩きの乳児にベビータイツを履かせるとすべるので、歩きにくいからです。また、ベビータイツを履かせていると、おむつ替えがしにくいという声も聞かれます。

そのため、ベビータイツは販売されていますが、それほど種類やデザインがなく、子ども用のものの方が多いようです。

赤ちゃんには靴下が必要なの?

そもそも赤ちゃんには靴下が必要なのでしょうか。靴下には、寒さを防ぐだけでなく、汗を吸う、靴を履くときに足を守るなどの役割があります。

ですが赤ちゃんには靴下を履かせないのが基本です。これは、新陳代謝が活発な赤ちゃんは、体温調整機能が苦手で、手足に汗をかくことで体温調整を行っているからです。

そのため、赤ちゃんの手足が冷たくなっていても、お腹や背中が温かければ、赤ちゃんが寒いことはありません

そして室内にいる赤ちゃんには、靴下を履かせる必要はありません。むしろ夏場は24~27℃、冬場は22~23℃に室温を保つように配慮するように心がけることが大事です。

赤ちゃんの足先を靴下で覆うと熱がこもり、体温調整がうまくできなくなります。ベビータイツも、室内では履かせないように気をつけましょう。

ベビータイツを使用するときの注意点は?

秋や冬は気温が低い日が多く、赤ちゃんを連れて外出するときには、体温を下がり過ぎないように配慮する必要があります。そんなときには、赤ちゃんの足先まですっぽり包んでくれるベビータイツはおすすめです。

ですが買い物に連れて行くなど、暖房が入る場所にベビータイツを履かせたまま連れて行くと、体温調節がしにくくなる可能性があります。

そうしたときには、脱ぎ履きしやすい靴下やレッグウォーマーにしてあげる方が、赤ちゃんの体温調整はしやすくなるはずです。赤ちゃん用のハイソックスの靴下も販売されているので、脱げづらい靴下がよいと思うなら、履かせてあげるとよいでしょう。

また歩けない赤ちゃんにベビータイツを履かせるときには、靴は履かせない方が無難です。ベビータイツに靴を履かせると、さらに体温調整がしにくくなるので、注意しましょう。

気温に合わせて使い分けてあげよう!

ベビータイツは寒い日にベビーカーなどで長時間外出する予定があるときなどには、その力を発揮してくれます。ですが、実際には自分で歩けるようになる、幼児になってからタイツに切り替えるママが多いようです。

赤ちゃんは体温調整をさせるために、着る物の枚数をこまめに変えてあげる必要がありますし、おむつ替えのしやすさも大事なポイントです。

赤ちゃんにベビータイツを履かせるときには、体温調節するうえで問題がないかを考慮して、履かせてあげるようにしてくださいね。

  関連記事

野菜嫌いの子供に食べさせる方法はある?

離乳食のときは、野菜を混ぜても食べていたのに、成長するにつれて、野菜嫌いになる子 …

お風呂嫌がる子どもを、入らせるコツはある?

子どもは新陳代謝が活発で、皮膚が薄く弱いので、汗や皮脂で汚れると、あせもやじんま …

子どもが発熱したときお風呂やシャワーに入ってもいい?注意点はある?

子どもが熱を出すことは、よくあることです。子どもが発熱したときは、きちんと食事や …

子どもの大好きな場所「公園」!2歳児の公園遊びを徹底サポート

子どもが2歳になると、家の中で遊ぶだけでは昼寝をしなくなる、家の中でめちゃくちゃ …

2歳2ヵ月の子がしゃべらない原因とは?ぴったりな遊びや昼寝はまだ必要なのか教えて!

乳児の時から喃語を話し始め、1歳を過ぎるころには単語を言えるようになり、2歳2ヵ …

2歳5ヵ月の子が出来ることやわがままへの対処法、ディズニーランドを楽しむコツなど特徴のまとめ

子どもと接していて、何に対しても「イヤ!」と言われたり、思い通りにならないと泣い …

子どもの叱り方で成長度が変わる!やってはいけないこととは?

子どもは、何も知らない、無垢な存在として生まれてきます。そして、いろいろな体験を …

子どもが乗り物酔いするときの対策とは?薬を飲ませた方がいい?

乳幼児がいるとお出かけや旅行をする際に、公共交通機関を使うと周囲に気を使うことが …

子供が発熱!その時布団はかける?かけない?

子供は些細なことで熱を出してしまいやすいものですが、中には子供特有の感染症による …

子どもでも胃痛はおこる!その原因と対処法とは?

子どもが「お腹が痛い」と訴えたとき、まず腸の病気を疑うママが多いのではないでしょ …