ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

大人気のキックバイク!子どもが安全に楽しく遊ぶための基礎ガイド

   

近年公園でよく目にするようになった「キックバイク」。2歳位になると買ってあげようかと悩んでいるご家庭も多いのではないでしょうか。

キックバイクを使用すると、楽しく遊びながら自転車へのスムーズな移行をすることができるため、とても魅力的に感じますよね。しかしキックバイクを購入する時にあたり、知っておきたいポイントや守るべき注意点があります。

そこで今回は、キックバイクのメリット・デメリットや選ぶポイント、注意点などについてお話ししていきます。キックバイクを導入する前に、記事を参考にしながら「キックバイク」についてしっかりと理解しておきましょう。

キックバイクとは?

キックバイクを一躍有名にしたのは、「ストライダー」ブームではないでしょうか。そもそもキックバイクとは、ペダルのない自転車のことで、地面を足で蹴ることにより進みます。

乗ることで自然とバランス感覚が養われるため、自転車の導入として最適であると人気を博しています。日本では「キックバイク」という名前を使うこと多いですが、海外では「バランスバイク」と呼ばれています。

自転車と異なり、一般的にペダル、チェーン、ブレーキ、ベル、クランクが装備されていないため、公道を走ることはできません。

キックバイクのメリット・デメリットは?

人気のキックバイクですが、メリットとデメリットが存在します。それぞれを理解したうえで、キックバイクの購入検討をしてみて下さいね。

メリット

自然にバランス感覚が育つ

キックバイクは自転車同様に2輪車であるため、乗っているときはバランスを取り続けなければなりません。足は地面に着いていますが、蹴りながら進むとなるとかなりのバランス感覚が求められます。

子どもが遊びの一環としてバランスバイクに乗ることで、自然とバランス感覚が育っていきますよ。

反射神経が良くなる

キックバイクは、慣れてくると早めのスピードも出せるようになります。目の前にある障害物を避けたり、方向を変換したりする中で徐々に反射神経も向上していきます。

自転車への移行がスムーズ

キックバイクと自転車の違いはペダルを漕ぐかどうかのみであり、操作性はほぼ変わりません。そのため、早い時期からキックバイクで操作やバランス感覚、反射神経を養っておけば、補助輪のない自転車にもスムーズに移行できます。

デメリット

転倒や衝突事故がおこりやすい

キックバイクは速いスピードが出やすくブレーキがないため、転倒する事故が多発しています。下り坂などで子どもが想像するよりもスピードが出てしまい、最終的に転倒、そして怪我をしてしまうのです。

また公園などでは、他の子どもにぶつかってしまうこともあります。キックバイクに乗っている子、その周囲にいる子、それぞれが怪我する危険性があることを十分理解しておきましょう。

スタンドが無い

キックバイク自体にはスタンドが無いため、収納方法が難しいこともデメリットです。立てかけておいてもすぐに倒れたり、駐輪場に保管できないことも多いです。専用のスタンドが販売されていることもあるので、必要に応じて検討してみても良いでしょう。

何歳から乗り始めるのがオススメ?

キックバイクの対象年齢は、一般的に「2歳から」となっています。そして乗り始めるお勧めの年齢も「2歳頃から」です。では、なぜ2歳頃から乗ることをお勧めするのか、その理由には以下のようなことがあります。

バランス感覚が身につきやすい時期

バランス感覚は幼い頃の方が身につきやすく、キックバイクの練習においても同じことが言えます。キックバイクは単純故に大人が教えなくても2歳児でも自然に乗ることができ、楽しく乗っている間にバランス感覚を磨いていくことができるのです。

外遊びが好きで、思い通りに体を動かせる年齢

2歳児は外で遊ぶことが大好きで、遊び方の幅も広がります。このような時期にキックバイクを遊びの一つとして導入すると、抵抗なく乗ってくれます。

また成長に伴い足腰もしっかりしてきており、全身運動も得意になる年齢です。思い通りに自分の体を動かすことができ、グングン上達するキックバイクを大好きになってくれるでしょう。

キックバイク選びのポイントは?

現在、キックバイクの種類は多岐に渡り、購入を検討する親を悩ませています。どのようなキックバイクが最適なのか、選ぶ時に押さえておきたいポイントについてご紹介します。

ブレーキの有無

大人から見るとブレーキ付きの方が安全に感じますが、子どもが使用する場合には一概に安全とは言えません

ブレーキ付きだとブレーキのかけ方について学習できますが、子どもの握力だと十分に止めきれない可能性があるからです。またブレーキがあることを過信してスピードを出し過ぎることもあります。

一方でブレーキ無しの場合には、足を着いて止めることになります。

もちろん猛スピードの場合は止めきれないことがありますが、子どもが足で止めなければいけないことが分かっていれば自分で抑止できるスピードに調整するようになります。

ブレーキ付きだと重量も増えるため、使うシチュエーションを考慮してブレーキの有無を判断して下さいね。

ハンドルの動作範囲

人気のキックバイクの多くは、ハンドルが360°回転するようになっています。ハンドルが360°回転すると慣れるまではふらつきますが、転倒した時ハンドルが体にぶつかって怪我をしてしまうことを避けられます

安全のためにも、ハンドルが360度一回転するタイプのものを選びましょう。

サドルの高さ

キックバイクは自転車同様に、サドルの高さを調節できるものがほとんどです。キックバイクは地面に足がつかなければ意味が無いため、子どもの体格に合ったサドル高にできるかどうか試乗して確認しましょう。

またサドル高の調整時に、六角レンチが必要なタイプと備え付けレバーでできるタイプがあります。こまめに調整したいのであれば、簡単に調整できるレバータイプがオススメですよ。

本体の重さ

キックバイクの重量は、3キロ未満の軽いものから、大人でもずっしり感じるものまで幅広いです。子どもが自由に方向転換したり、自分で持ち運べるようにするためにも、出来るだけ軽いものを選びましょう。

軽いタイプであれば、遠方にも気軽に持っていけるため便利ですよ。

タイヤの素材

キックバイクのタイヤには、「VAタイヤ」「ゴムタイヤ」の2種類があります。

EVAタイヤ

EVA素材から作られており、空気を入れるわけではないのでパンクしません。ベビーカーのタイヤにも使われており、耐久性が高く、軽いのが特徴です。人気のあるストライダーのタイヤにも使われています。

しかしクッション性が低いので凸凹した場所に弱く、曲がるときに滑って転倒しやすいデメリットがあります。耐久性は高いですが、使っていくうちにタイヤ溝が無くなるため、タイヤ交換が必要となることもあります。

ゴムタイヤ

空気を入れるタイプの一般的なタイヤです。クッション性が高く、グリップ力があるため走りやすいというメリットがあります。

ただしEVAタイヤと比較すると重たく、パンクすることもあります。自転車で馴染みのあるタイヤであるため、点検や修理はしやすいかもしれませんね。

どんな場所で乗れるの?キックバイク教室や練習場所

都市部ではストライダーをはじめとする、キックバイクを専門的に扱う教室が開かれています。最低年齢2歳から受け入れてくれるところもあるため、興味がある場合にはお近くの教室を調べてみましょう。

公式ストライダーであれば全国規模のレースに参加することもでき、親子でモチベーションを保つことができそうですね。

近くに教室が無い場合には、広場のある公園で練習することをお勧めします。キックバイクを練習するためには広めの敷地が必要で、遊具等が近くにない事が望ましいです。キックバイク専用のコースがある公園もあるため、確認してみましょう。

どのような場所でもキックバイク使用可能か事前に確認し、多くの人がいる場合には細心の注意を払うようにお子さんにも伝えておきましょうね。

キックバイク使用時の注意点

キックバイクは使用上の注意を守らなければ、大けがをしてしまう危険性があります。あくまでも「乗り物」ですので、以下の注意点を守り、正しい方法で楽しんでください。

動きやすい服装

キックバイクに乗るときは、動きやすい服装を心掛けましょう。キックバイクを動かすためには、足をたくさん動かします

足の動かしにくいデニム等では、子どもが思いっきり遊べません。またスカートや半ズボンだと転倒した際、けがをしてしまいます。できるだけ長袖・長ズボン等、露出の少ない服にしましょう。夏場であれば、肘・膝当てを活用して怪我防止してくださいね。

さらにマフラーや服に付けられた紐類は、タイヤに巻き込まれて重大な事故になる危険があります。マフラーではなくネックウォーマーを使うなど、しっかり注意をしておきましょう。

ヘルメット着用

キックバイクの使用には、ヘルメットが必須です。子どもが転倒すると、はじめに頭を打ちます。大切な頭を守るために、必ずヘルメットを着用しておきましょう。

なお子どもはしばらくしてからヘルメットを着用するように言われても、嫌がってしまうことが多いです。

これを予防するためにも、キックバイクに初めて乗るときから必ずヘルメットを被らせておき、「キックバイク=ヘルメット着用」を定着させてくださいね。

公道は厳禁!

キックバイクはあくまでも「おもちゃ」の分類であり、公道は走れません。ルールを無視して公道で使用し、怪我を負ったという報告もあります。転んだところに車が来たら…と想像するだけでもぞっとしますね。

子どもの安全を守るために、絶対に公道では遊ばせないでください。公園までの移動中には乗せず、手で持って運ぶようにしましょう。

必ず保護者の監視下で遊ぶ

子どもだけでキックバイクを使用させることは、絶対にやめてください。公園の中だからと油断していると、思わぬ事故をおこす危険性があります。おしゃべりやスマホに夢中にならず、すぐに子どもに手が届く所で見守るようにして下さいね。

注意点を守ってキックバイクを楽しもう!

キックバイクには、自転車に乗るために必要なスキルを効果的に得られるというメリットがあります。体力やバランス感覚も養われ、遊び盛りの幼児期には最適です。

しかしながらキックバイクは、子どもにとって楽しい「おもちゃ」である反面、乗り方次第で危険を伴う「乗り物」でもあります。正しい場所、適切な方法で使用してくださいね。

またキックバイクを選ぶ時には、よく使う場面を想像してお子さんに合ったものを選択しましょう。親子で一緒に初めての乗り物「キックバイク」楽しんでみませんか?

  関連記事

先天性の障害と言われる広汎性発達障害は遺伝する?その症状と治療法は?

広汎性発達障害は発達障害の分類のひとつです。特徴的なのは社会性やコミュニケーショ …

2歳4ヵ月の子どものトレーニングの始め方、場所見知りの対処法など疑問にお答えします

産まれてからこれまでは、毎月順調に身長も体重も増えてきたのに、最近、体重が増えて …

移動ポケットって一体何?自分でも簡単に作ることができちゃう?手作り移動ポケットの作り方

幼稚園や保育園に通い始めた子供がいるママたちから、たまに耳にする移動ポケットとい …

赤ちゃんのおでこの凹み…「大泉門」っていったい何?いつになったら閉じるの?

新生児の頃からある、赤ちゃんのおでこから頭のあたりにあるへこみ、「大泉門」。触る …

2歳児の特徴と喜んでくれるプレゼントの選び方とは?

子どもも2歳児になると自我が芽生え、これまでのように与えられたものだけでは満足し …

子どもの「試し行動」には理由がある!試し行動の理由と対応を徹底解説!

子どもが親の顔色を伺いながら逃げる、噛み付くといった様子を見たことはありませんか …

子どもを虫歯から守るために。口内環境を整える食べ物とは?

歯の健康は、みなさんが考えている以上に、全身にさまざまな影響を与えます。食事をき …

お絵かきグッズでついた汚れを落とす方法とは?

子どもは、お絵かきが大好きです。夢中になってお絵かきしているうちに、つい洋服を汚 …

子どもは風邪をひくと目やにが増えるって本当?鼻水や高熱があるのは別の病気なの?

風邪をひいた大人が、目やにに悩まされることはありません。ですが、子どもが風邪をひ …

子供が発熱!その時布団はかける?かけない?

子供は些細なことで熱を出してしまいやすいものですが、中には子供特有の感染症による …