ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中に喉の渇きを感じるのはなぜ?何を飲んでもいいの?

   

妊娠中に喉の渇きがおこるのは、多くの妊婦さんの中で共通する症状だということをご存知でしょうか。これは、妊娠にまつわる様々な要因によるものです。また、その原因は妊娠周期によって異なるとも言われています。

とはいえ、喉が渇いた時に何を飲んでもよいというものではありません。ママと赤ちゃんの健康を守るためには、水分補給の方法にも配慮が必要です。

そこで今回は、妊娠によって喉が渇きやすくなる理由や、水分補給する時に何を飲んだらいいのかについて、お話しします。

妊娠超初期から妊娠初期、妊娠後期は特に喉が渇く

妊娠すると喉が渇きやすくなる原因は、二つに大別できます。

プロゲステロンの分泌の増加

まず妊娠によって、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が増加します。すると体内では水分をより多く蓄えようとする変化がおこり、体温も上昇します。これは妊娠を維持するための働きです。

新陳代謝がアップ

妊娠中は新陳代謝が活発になります。ママの身体は赤ちゃんのために栄養や脂肪を蓄えようとしますが、一方で脂肪を燃やす働きも活発化されるのです。

そのほか妊娠超初期から妊娠初期にかけては、つわりになるママが多く、吐き気や嘔吐でうまく水分補給ができないことも喉の渇きに拍車をかけます。また妊娠後期も大きくなった子宮が膀胱を圧迫し、頻尿から水分不足におちいりがちです。

妊娠中期も喉が渇いたら水分補給が鉄則!

妊娠中期に入ると、お腹の赤ちゃんの成長に合わせて、酸素や栄養を運ぶための血流量がさらに増えます。すると血液のろ過を行う腎臓の負担が大きくなってしまうのです。

腎臓の働きを正常に保つためには、充分な水分摂取が必要です。そのため、喉の渇きを感じやすくなるのです。つまり妊娠時期すべてに、水分不足の要因があることになります。

喉の渇きを感じる前に、習慣的な水分補給を意識していきたいですね。まずは一日に1.5~2リットルの水を飲むように心がけましょう。

水分補給を行う際の注意点

ただし飲み方にも注意点があります。喉の渇きを感じたとき、つい一気に水をがぶ飲みしたくなるものですが、それはおすすめできません。少しずつこまめに何度も水分補給するのが、健康のためにも理想的です。

また飲み物を口に含み、少しためてから飲むようにすると口腔内がうるおい、喉の渇きも抑えやすくなります。

妊娠中の水分補給におすすめの飲み物は?

妊娠中の水分補給は、何を飲むのかもとても重要です。そこで、おすすめの飲み物について以下でご紹介していきましょう。

常温の水

カロリーがなく、手軽に飲むことができます。冷水よりも身体を冷やしにくいという利点もあります。

塩分を含んだ飲み物

たくさん汗をかいたときには塩分も不足してしまいます。手軽に水分と一緒に摂取できれば安心ですね。糖分が少なめのスポーツドリンクなどを、水で薄めて飲むのもよいでしょう。

麦茶

ノンカフェインであると同時に、ミネラルが豊富です。ほんの少量の塩を追加すれば塩分補給もできます。妊婦さんや赤ちゃんにおすすめの飲み物ではありますが、身体を冷やす効果があるので摂りすぎには注意しましょう。

妊婦さん向けのハーブティー

妊娠時期に合わせて不快な症状を緩和してくれるものをチョイスすると、水分補給以外の効果も期待できますね。たとえばルイボスティーやローズヒップティーは美容効果でも注目されていますし、栄養補給の面でも頼もしい飲み物です。

ただし妊娠時期によっては避けたほうがいいものや、妊婦さんには禁忌とされるものもあるので、飲む前に調べたりお医者様に相談してみてくださいね。

また最近では、母体への安全性のたしかな妊婦さん向けハーブティーも、たくさん開発されています。

ノンカフェインのハーブティーなら、妊婦は何を飲んでもいいの?

コーヒーや紅茶などカフェインが入った飲み物や、糖分が多い清涼飲料水、タンニンが豊富な緑茶やウーロン茶は避けるようにしましょう。また、ハトムギ茶など子宮収縮作用のあるものも飲まないようにしましょう。

喉の渇きが妊娠糖尿病の症状のこともある!

これまでに紹介したように、妊娠中は生理的な理由により喉が渇きやすくなります。ほかにも身体のむくみやすさなども困りものですよね。そうした変化がある妊婦さんには、水分補給は普段以上に大切になります。

ここで注意してほしいのが、喉の渇きは「妊娠糖尿病」の症状としてあらわれる場合もあるという点です。この病気は自覚症状に乏しく、気づかずに放置すると妊娠高血圧症候群や羊水過多症につながり、早産のリスクを抱えることになります。

妊娠糖尿病とは?赤ちゃんに与える影響や治療法も確認

この妊娠糖尿病を予防するには「葉酸」の摂取が大切です。葉酸不足になると糖代謝がうまく機能せず、妊娠糖尿病のリスクが上がってしまいます。その不安を取りのぞくためにも、妊娠超初期から葉酸の必要量を意識していきましょう。

妊娠中は1日400㎍の葉酸が必要とされていますが、食事で充分な量を摂るのはなかなか難しいですよね。そこで不足しがちな栄養を補うのに「葉酸サプリ」が活躍します。手軽に一定の量を摂取しつづけられるので、葉酸不足を予防できるはずでしょう。

水分補給と葉酸補給、このふたつを忘れずにご自身と赤ちゃんの健康を保ちましょう。


>>妊娠糖尿病のリスクを葉酸サプリて手軽に予防しよう!

  関連記事

たくさん食べて大丈夫!?食べられないけどどうしたの?妊娠超初期の食欲の変化って?

「おなかがすいて急にどうしたのかな?」「食欲が全然ないみたい」など、急に食欲が出 …

もしかして妊娠!?妊娠超初期におきる寒気は何が原因?対策は?

寒気があると心配になってしまうもの…。しっかり対策を取れば安心です 妊娠すると体 …

妊娠中におりものが変化するって本当?注意すべきことはあるの?

女性は初潮を迎える前から、おりものが分泌されているものです。 そしておりものは妊 …

体がだるくなってしまうこともある妊娠1週目とは?

受精卵ができるまでの準備期間!妊娠1週目についてご紹介します。 妊娠1週になると …

妊娠に気づかずにレントゲンを撮ってしまった!赤ちゃんへの影響は?

以前全国紙で、妊娠に気づかずに腹部X線CT検査を受けた女性が、放射能の影響を考慮 …

妊娠超初期から注意が必要!副流煙の影響を理解しておこう

禁煙の風潮が高まってから、日本でも副流煙の影響を考慮して、分煙化が進んでいます。 …

妊娠検査薬はいつから反応する?フライング使用をせずに正確な判定を出す方法

「妊娠したかも?」と思った時、まずは妊娠検査薬を試してみようと思う方は多いですよ …

【医師監修】妊娠超初期症状はいつから兆候が出る?体に現れる19個の症状とこの時期の注意点

ママが妊娠に気づく前の段階から、体にはさまざまな変化がおきはじめています。 普段 …

妊娠検査薬で陽性反応が出た!病院に行くタイミングはいつがいいの?

妊娠検査薬で陽性になったらなるべく早く病院へ行こう! 妊娠するのを待ち望んでいる …

妊娠中の栄養不足をサプリメントで補いたい!飲んではいけないサプリがあったら教えて

妊活を始めるにあたり、いろいろなサプリメントを飲み始めるご夫婦も多いのではないで …