ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠超初期にホットヨガをするのは危険?妊娠中は継続できるの?

   

c7dccd2effbf6905b025098a68964e97_s

近年、妊娠超初期のママたちにホットヨガが人気なのをご存知でしょうか。また妊活中の女性の中にもホットヨガに通っている人は多いようです。

というのも赤ちゃんが授かりにくい原因の一つに身体が冷えていることがあります。そこでホットヨガが注目されている理由に、身体を温める効果があるので、冷えを改善してくれます。

以上のような理由から、不妊治療を並行してホットヨガに通う女性も少なくないといいます。

しかし妊娠超初期のママがホットヨガを行う際には、妊娠中に激しい運動を避けるようにいわれるので、ホットヨガを行うと赤ちゃんに危険があるのでは?と考える人もいそうです。

そこで今回は、妊娠中のホットヨガについて、お話しします。

そもそもホットヨガとは?

まずホットヨガの定義について、説明しておきましょう。ホットヨガとは室温が39度前後、湿度が60%前後に保たれた環境で行うヨガのことといいます。常温の部屋でヨガを行うより身体が柔軟になりやすく、多湿な環境が発汗を促す効果もあるといいます。

空調がきいた環境で過ごすことが多い現代は自然の気温上昇に適応しづらく、体温を上手にコントロールできない人が増えています

そのためホットヨガを行うことにより、多湿な環境で有酸素運動ができるので、ゆっくりとした動きでも体温が上昇しやすく、健康効果が高い運動の一つとされいています。

とはいえ十分に水分補給をしなければ脱水症状が起こりやすいので、専属のインストラクターの指導の下で行うのが基本です。正しくホットヨガを行えば新陳代謝や筋力の向上脂肪燃焼につながりますよ。

妊娠超初期にホットヨガをすると赤ちゃんに影響する?

妊活中のママの中は低体温の改善や基礎代謝のアップを目的に、ホットヨガに通う人が少なくありません。

そのためママ自身が妊娠の自覚症状がない、妊娠0~3週にあたる妊娠超初期にホットヨガを行っていることもあります。

妊娠超初期で妊娠が成立するのは妊娠3週ですので、それまでホットヨガを続けていたからといってお腹の赤ちゃんに影響が及ぶことはないと考えてよいでしょう。

ですが妊娠初期に入る妊娠4週以降は子宮内膜に着床した受精卵が胎盤をつくりはじめると共に、最も細胞分裂が活発な時期に入ります。

つわりを感じるママも多くなり心身共に不安定な時期なので、ホットヨガに限らず、運動は控えた方が無難です。

特に、ホットヨガの場合は運動量に加えて脱水症状を起こす危険が高いので避けた方がよいでしょう。

安定期に入ったらホットヨガを再開しても大丈夫?

では妊婦さんが運動を再開できるのは、いつごろなのでしょうか。原則的に医者のほうから運動の許可が出るのは妊娠15週以降、安定期に入ってからです。

とはいえ安定期に入ったからといって、妊娠前と同じように運動できるわけではありません。もし安定期に入ったらホットヨガを再開したいと考えているママがいれば、事前に医師と相談を行いながらしっかりと思案することをおすすめします。

しかしホットヨガスタジオなどでは、妊娠中でも継続して行うように促すこともあるようです。ヨガ自体は筋力アップやストレス解消に良いものです。

ですがホットヨガは高温多湿の環境で行われるので、脱水症状を起こしやすいので通常のヨガよりはリスクが高くなります

妊娠中は常温で行うマタニティヨガのクラスの方が、出産に必要な筋肉を効果的に鍛えられるのでおすすめです。

マタニティヨガはいつからいつまでできるの? | ハグー!
妊婦さんにはとってもメリットの多いマタニティヨガ!いつからいつまで楽しめるの? 妊娠中の健康維持やストレス解消としてと…

出産までは身体に負担の少ない運動を心がけよう

c4e1d5eda4f8b83f718305692e0f92a7_s

ホットヨガは妊娠4週以前の妊娠超初期に行う分には、何の問題もありません。しかし流産のリスクが高い妊娠初期以降は、ホットヨガをお休みした方が安全性が高そうです。

安定期に入ってヨガを再開したいなら、身体に負担のかからないマタニティヨガを選びましょう。またホットヨガを再開する際は、出産後に体調が安定してからはじめることをおすすめします。

また妊娠しやすい身体をつくるためには正常な体温を保ち、新陳代謝をアップすることも大事です。その手段のひとつとして妊活中にホットヨガを行うのはおすすめでしょう。

より効果的な妊活・出産に向けてホットヨガと一緒に葉酸も取り入れよう

上記でご紹介したホットヨガと一緒に葉酸を取り入れることで、より効果的に妊活を進めてみてはいかがでしょうか。

葉酸は妊活から妊娠中、産後にも必要な栄養素です。また厚生労働省は妊娠初期に必要な葉酸として1日400㎍推奨しています。

しかし普段の食事で1日400㎍の葉酸を摂取することは非常に難しいので、葉酸サプリを併用することにより不足しがちな栄養を手軽に摂取することができますよ。

元気な赤ちゃんを授かりたいママや、出産に向けて健康を考えたママに向けて、葉酸サプリで健康を目指していきましょう。

hugoo_ranking_yousan
>> 妊活や出産に向けて未来の健康を望むためにも葉酸サプリを試してみよう

  関連記事

妊娠中の栄養不足をサプリメントで補いたい!飲んではいけないサプリがあったら教えて

妊活を始めるにあたり、いろいろなサプリメントを飲み始めるご夫婦も多いのではないで …

妊娠超初期は体重が変動しやすい?その対処法はどうする?

妊娠超初期には、体重に変化がみられることがあります。生理前になると体重が増加する …

アメリカでは広く知られるいるらしい「インプランテーションディップ」って何?

妊活中の女性の中で、「インプランテーションディップ」という言葉を知っているのは、 …

妊娠に気づかずに睡眠薬を飲み続けていた!赤ちゃんは大丈夫なの?

睡眠障害やうつ病などで通院していると、睡眠薬が処方されます。そして、睡眠薬を常用 …

妊娠超初期から注意が必要!副流煙の影響を理解しておこう

禁煙の風潮が高まってから、日本でも副流煙の影響を考慮して、分煙化が進んでいます。 …

妊娠中に喉の渇きを感じるのはなぜ?何を飲んでもいいの?

妊娠中は、喉の渇きを感じることが多くなります。これは、妊娠したことでホルモンバラ …

妊娠超初期は眠りが浅い!その睡眠不足の原因と対処法は?

みなさんは妊娠超初期の現象の一つとして「眠りが浅くなり睡眠不足になる」ことをご存 …

妊娠中におりものが変化するって本当?注意すべきことはあるの?

女性は初潮を迎える前から、おりものが分泌されているものです。 そしておりものは妊 …

妊娠0週とは?葉酸もしっかり摂取しよう!

妊娠0週はまだまだ赤ちゃんと呼べる存在ができていません! 妊娠0週といえば、妊娠 …

妊娠2週は妊娠の兆候を感じられる方も出てくる時期!化学流産に注意しよう

少しずつ妊娠に向けての準備が進む大切な時期。過ごし方にも注意が必要です! 受精卵 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss