ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

カフェインは赤ちゃんの脳に蓄積される?プレママがカフェインを避けるべき理由とは?

   

妊娠中にカフェイン摂取を控えるべき理由、また摂取する際の上限とは?

“妊娠中は、カフェインを控えるべき”という知識は、おそらくほとんどの妊婦さんがお持ちなのではないでしょうか。ところが、「なぜ妊婦さんがカフェインを飲んではいけないの?」と聞かれると、その理由を説明できない方も多いはずです。

まずは、ママと赤ちゃん、それぞれに懸念される影響をおさらいしておきましょう。

なぜ妊娠中はカフェインを控えるべきなの?

カフェイン摂取によるママへの影響

尿として体の外にカルシウムを排出させやすくしてしまう!

カルシウム、といえば、ヨウ酸や鉄分と並んで妊婦さんが積極的に摂取したい栄養素の一つです。カフェインは、ママが体に取り込んだカルシウムを尿に排出しやすく作用してしまいます

鉄分の吸収もブロックされてしまう!?

上記にも書きましたが、鉄分もまた、妊婦さんが積極的に取るべき栄養素だといえます。カフェインは、そんな鉄分の吸収を妨げてしまうと言われています

カフェインの利尿作用で、ママの体が冷える!

コーヒーを飲むと、トイレが近くなります。これはカフェインが持つ利尿作用によるものです。尿として体温が体外に逃げてしまうため、ママの体を冷やしてしまう恐れがあります

カフェイン摂取による赤ちゃんへの影響

赤ちゃんは、カフェインを代謝できない!

ママが口にしたカフェインは、胎盤を通って赤ちゃんにも送られていきます。大人であれば問題なく代謝できるカフェインですが、赤ちゃんにはまだその力がありません。そのため、赤ちゃんはカフェインの代謝を全てママに頼っている状態。赤ちゃんに到着したカフェイン代謝物質は、なんと赤ちゃんの脳に溜まっていくそうです!

母体の酸素不足栄養不足は赤ちゃんにも影響が!

上記でカフェイン摂取によるママの体への影響を紹介しました。当然これらの影響は、ママの胎内にいる赤ちゃんにも及ぼされます。酸素や栄養が十分に行き届かない状態は、赤ちゃんの発達障害や死亡を引きおこす恐れも

カフェインを含む飲み物には、どんなものがあるの?

一般的に、「カフェインを含む飲み物は?」と聞かれると、多くの方がコーヒーをイメージするはずです。また、お茶や紅茶にもカフェインが含まれている事も、ほとんどの方がご存じなのではないでしょうか?

最近では、妊婦用のノンカフェインコーヒーも販売されていますし、お茶の中にもカフェインを含まない種類のもの(ルイボスティーや麦茶など)も存在しています。妊娠前からコーヒーやお茶を好んで飲んでいるのであれば、代用できる商品を探して楽しむのもオススメです。

また、カフェインを含んでいる事をあまり知られていないものもあります。

コーヒー・お茶以外の、カフェインを含んでいるもの

  • ココア
  • チョコレート
  • コーラ
  • エナジードリンク、栄養ドリンク など

上記の食品・飲み物にも、カフェインは含まれています。さらには、コーヒー味のアイスクリームにも含まれている事があるので、知らず知らずのうちにウッカリと口にしてしまっているプレママがいても不思議ではありません。

完全に断ち切る事なんて無理!妊婦さんによるカフェイン摂取の上限ってあるの?

ここまでのお話しを読んで、「妊娠に気づいていない頃、コーヒーをごくごく飲んでた!どうしよう!」「コーヒーや紅茶は我慢してたけど、代用していた飲み物にもカフェインが…意味なかったのかな。」などと、不安を抱いてしまう女性もいらっしゃるかもしれません。

安心してください。そこまで神経質になる必要はありません。ここまででお話ししたカフェインのリスクは、あくまでも過剰に摂取しすぎた場合。適量を守れば、懸念するほどの危険はありません。

たとえばイギリスでは、『妊娠中の女性のカフェイン摂取量は、1日200mgまで』と推奨されています。これはドリップコーヒーであれば約2杯(1杯あたり150ccとした場合)程度の量にあたります。

1滴も飲んではいけないわけではありませんので、あまりギチギチに制限しすぎる必要もないでしょう。「飲みたい…でも飲めない!」とストレスを溜めてしまうくらいなら、日に1~2杯ほどのコーヒーで一息入れる方がいいのではないでしょうか。

とはいえ、理想としては、やはりノンカフェインに切り替えてしまうことをオススメします。上記に紹介した通り、意外な食品や飲み物にも含まれているカフェインですので、200mgの猶予はその部分に回しておいた方が安心なのではないでしょうか

妊娠生活には、カフェイン以外にも様々な制限が存在します。「アレもダメ、これもダメ…」では、マタニティライフを楽しむことも難しくなってしまうかもしれません。もちろん、ママと赤ちゃんの体のために、守るべき制限は守って欲しいものですが、その制限の抜け道や代用品を探して、楽しみながら妊娠生活を過ごせることが一番です。

そのためにコーヒーが必要なのであれば、摂取量を抑えたり、ノンカフェインコーヒーで代用したり。ママ自身にマッチした無理のない解決方法を見つけてみましょう。

  関連記事

妊娠超初期にカンジダにかかってしまった!治療しても大丈夫?

妊娠超初期は、ママにも自覚症状がない時期です。そして、妊娠によって女性ホルモンの …

おりものの変化で妊娠に気づける!?生理前と妊娠超初期のおりものの違いとは

妊活に励んでいる女性の多くは、生理予定日が近づくとドキドキするのではないでしょう …

妊娠超初期から注意が必要!副流煙の影響を理解しておこう

禁煙の風潮が高まってから、日本でも副流煙の影響を考慮して、分煙化が進んでいます。 …

体がだるくなってしまうこともある妊娠1週目とは?

受精卵ができるまでの準備期間!妊娠1週目についてご紹介します。 妊娠1週になると …

【プレパパ必見!】パパにしかできないんです!妊娠中のママがしてほしいサポートって?

奥さんが待望の妊娠!とても嬉しいけど、自分の体に変化があるわけじゃないし、何かで …

たくさん食べて大丈夫!?食べられないけどどうしたの?妊娠超初期の食欲の変化って?

「おなかがすいて急にどうしたのかな?」「食欲が全然ないみたい」など、急に食欲が出 …

妊娠検査薬で陽性反応が出た!病院に行くタイミングはいつがいいの?

妊娠検査薬で陽性になったらなるべく早く病院へ行こう! 妊娠するのを待ち望んでいる …

妊娠したはずなのに出血…生理が来た!?そんなときに考えられる3つの可能性

妊活中など赤ちゃんを望んでいる場合、生理予定日まで高温期が続いたり、胸やお腹の張 …

妊娠中に喉の渇きを感じるのはなぜ?何を飲んでもいいの?

妊娠中に喉の渇きがおこるのは、多くの妊婦さんの中で共通する症状だということをご存 …

体調の変化にとまどってしまうかもしれない妊娠3週目…

ママは出血などが発生しておどろいてしまうことがあるかもしれません。 妊娠3週目と …