ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

この腹痛はもしかして妊娠!?妊娠超初期の腹痛と生理痛の違いは?

   

妊娠超初期の腹痛と生理痛はどうして似てるの?見分ける方法は?

妊活中だとちょっとした体調の変化も「妊娠のサインかも!」と思って期待したくなりますよね。妊娠超初期症状には色々なものがありますが、生理予定日の前に腹痛が現れるケースもあります。

今回は妊娠超初期におこる腹痛がどんなものなのか?生理前の腹痛との違いなどと合わせて詳しくご紹介します。

妊娠超初期症状の腹痛はどんな痛み?

妊娠超初期におこる腹痛は着床痛とも呼ばれており、以下のような痛みを感じます。

  • 恥骨あたりが痛む
  • 特に下腹部あたりがキュっと引っ張られるような痛み
  • 下腹部にチクチク刺されるような痛み
  • 子宮のあたりがムズムズする
  • 腰や股関節の痛み
  • 生理痛とよく似た痛み

人により感じる痛みはさまざまですが、主にこれらのような症状が見られます。生理前の腹痛と似ているため妊娠超初期症状かどうか見分けがつかないことが多いです。いつもと痛み方が違うなと感じたり生理前にお腹が痛くならないのに腹痛を感じる場合は妊娠をしている可能性があるかもしれませんね。

また、着床後にみられる「着床出血」がみられる場合や「高温期が2週間以上」続いていたり、「おりものの状態や量がいつもと違う」場合はさらに妊娠をしている可能性が高いといえます。生理予定日の1週間ほど前から下腹部の痛みや腰痛を感じる方が多いようです。

多くの方は妊娠1ヵ月に入る頃には自然と腹痛が無くなっていくそうですが、痛みが引く時期は個人差が大きく1ヵ月以上続く方もいます。

妊娠超初期の腹痛と生理前の腹痛は原因が違う

妊娠超初期の腹痛と生理前の腹痛は、それぞれ痛みを感じる原因が違います。

妊娠超初期の腹痛の原因

妊娠超初期に腹痛がおこる原因には以下のようなものが考えられています。

ホルモンバランスの変化

妊娠超初期は赤ちゃんを育てるためにホルモンバランスが大きく変化し、生理痛に似た痛みが引きおこされます。また、ホルモンバランスの変化が自律神経の乱れを引きおこして便秘や下痢になるケースもあります

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)・エストロゲン・プロゲステロンなどが多く分泌されることでホルモンバランスが崩れ腸の働きが悪くなり便秘や下痢などの腹痛を引きおこすことがあります。

子宮が大きくなっている

妊娠直後から、赤ちゃんを育てるために子宮が少しずつ大きくなっていっています。子宮が大きくなると、隣り合う臓器・骨盤・血流が圧迫され、子宮のあたりや下腹部に痛みを感じるようになります。

受精卵が子宮に着床した際、胎芽を育てるために子宮が収縮を繰り返すことにより腹痛がおこります。

生理前の腹痛の原因

知り前の腹痛は以下のようなものが原因となります。

プロスタグランジンによる作用

プロスタグランジンは子宮を収縮させる物質で、生理前になると大量に分泌されます。子宮が収縮することで経血を体の外に出すので必要な物質なのですが、痛みを感じさせる働きや血管を収縮させる働きもあるため、下腹部に痛みやだるさを感じるのです。

PMSの症状の一つ

生理の1週間ほど前からPMSと呼ばれる生理前特有の体調不良です。PMSの症状は多岐にわたり、下腹部の痛みや張り、腰痛、倦怠感、吐き気あなどが現れます

妊娠超初期の腹痛と生理前の腹痛を見分ける方法は?

どちらにしても痛みのタイプや度合いは個人差があり、妊娠しているかどうかを見分けることは難しいです。

ただ、妊娠超初期の腹痛は、普段の生理前の痛みや生理痛とは違った痛み方をしたり痛みが強い・弱いといった変化があるようです。普段の生理前の痛みとは違うようなら、妊娠の可能性があるかもしれません。

なお、腹痛だけでなく「着床出血がある」「高温期が2週間以上続いている」など、他にも妊娠超初期症状があればより妊娠の可能性が高まります

妊娠超初期症状の腹痛の対処法

生理的な現象なので基本的には対処する必要はありません。しかし、痛みがひどい方もいることでしょう。そんな方は症状を少しでも和らげるために「体を温める生活」を心がけてみましょう。

お腹を冷やさないように腹巻をしたり温かい飲み物や食事をとる、ストレスをためないのも血行促進につながり痛みも緩和されます。腹痛があるとつい薬を飲んでしまう方も多くいますが、万が一妊娠していたら…と考えると薬は飲まない方が安心ですよね。

どうしても飲みたい方は薬の「使用上の注意」をよく読み妊娠中でも飲めるかどうか確認してから服用してくださいね。また、長時間同じ姿勢や重い荷物を持つなどの行動は症状をさらに悪化させてしまうので、できるだけ控えましょう。

妊娠超初期症状の腹痛は子宮外妊娠の可能性も!?

子宮外妊娠」という言葉は聞いたことがありますか?卵子が子宮内膜にたどり着く前に卵管に着床してしまうもので症状としては、妊娠超初期症状と同じ腹痛や少量の出血、ときにはピンクのおりものが出る場合があります。妊娠検査薬では陽性であっても残念ながら妊娠を継続することができません。

注意したいのは、卵管に着床をしたあと受精卵は大きく成長していくためひどい腹痛を感じることがあることです。悪化してしまうと卵管が破裂してしまうこともあります。妊娠検査薬で陽性反応が出てなおかつ腹痛が長引く場合は早めに産婦人科を受診しましょうね。

  関連記事

妊娠したはずなのに出血…生理が来た!?そんなときに考えられる3つの可能性

妊活中など赤ちゃんを望んでいる場合、生理予定日まで高温期が続いたり、胸やお腹の張 …

カフェインは赤ちゃんの脳に蓄積される?プレママがカフェインを避けるべき理由とは?

妊娠中にカフェイン摂取を控えるべき理由、また摂取する際の上限とは? “妊娠中は、 …

妊娠超初期は体重が変動しやすい?その対処法はどうする?

妊娠超初期には、体重に変化がみられることがあります。生理前になると体重が増加する …

妊娠中にコーヒーを飲むのはいけないことなの?

妊娠がわかると、コーヒーなどカフェインの入った飲み物を控えるようにといわれます。 …

妊娠超初期は眠りが浅い!その睡眠不足の原因と対処法は?

みなさんは妊娠超初期の現象の一つとして「眠りが浅くなり睡眠不足になる」ことをご存 …

月経様出血は妊娠のサイン!どんな出血があるの?受診するメリットはある?

月経様出血は着床出血とも呼ばれ、妊娠超初期症状のひとつです。その名前の通り、生理 …

妊娠中に脱毛はできるの?お腹の赤ちゃんに影響しない?

妊娠前から脱毛サロンに通っていたママの中には、そのまま施術を継続しても大丈夫なの …

妊娠性鼻炎はいつまで続く?原因と症状、対処法を教えて!

妊娠が判明した後、何となく鼻がムズムズする、鼻水が止まらないなど、アレルギーのよ …

おりものの変化で妊娠に気づける!?生理前と妊娠超初期のおりものの違いとは

妊活に励んでいる女性の多くは、生理予定日が近づくとドキドキするのではないでしょう …

生理の出血と妊娠超初期におこる着床出血の違いは何?着床出血はみんなにあるもの?

着床出血は誰にでもあるの?どんな色でどれくらいの量なの? 妊娠を待ち望んでいる時 …